アクティビティ
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
UI Automation のアクティビティ
Last updated 2024年7月16日

UI Automation アクティビティ パッケージについて

UI Automation アクティビティ パッケージには、オートメーション プロジェクトの作成に使用する基本的なアクティビティがすべて収められています。

これらのアクティビティにより、ロボットで次の処理ができます。

  • 基本的な UI オートメーションのために、マウスとキーボードのコマンドの実行や、テキストの入力と抽出などのヒューマンインタラクションをシミュレートします。
  • OCR や画像認識などの技術を使用して、画像およびテキストのオートメーションを実行します。
  • UI の動作に基づいてトリガーを作成し、PC で特定のイベントが発生したときに特定のアクションを実行できるようにします。
  • ブラウザーの操作とウィンドウの操作を実行します。

オートメーションを作成するには、以下のエクスペリエンスのいずれかを選択します。

  • ローコード - ローコードのオートメーションをクラシックモダン、および Computer Vision アクティビティと組み合わせて使用します。ローコードのオートメーションは、アクティビティ パッケージのアクティビティをドラッグ アンド ドロップして使用できる視覚的なインターフェイスを使用するため、幅広い層のユーザーが使用できます。
  • コード化 - コード化されたオートメーションを UI Automation API と組み合わせて使用します。コード化されたオートメーションでは、UiPath のサービス (アクティビティ パッケージに相当) とそれに対応する API (アクティビティに相当) を使用するため、コードを使用してオートメーションを作成できます。さらに、コード化されたオートメーションでは、.NET の NuGet パッケージや UiPath Studio 内で構築したカスタムの C# クラスを使用できます。API は、v23.10.3 以降の UI Automation アクティビティ パッケージでサポートされています。
重要: UI Automation アクティビティを使用するオートメーション プロセスは、ロックされた画面では実行できません。
注:
  • v20.10.5 以降、UI Automation Next パッケージは非推奨となっており、UI Automation Next でこれまで利用可能だった最新の機能をすべて含めるよう、既存の UI Automation パッケージが拡張されています。統合版の UI Automation アクティビティ パッケージは、v2020.4.1 以前のバージョンの Studio でもインストールできます。インストールすると、[アクティビティ] パネルにはクラシック アクティビティとモダン アクティビティがすべて表示されます。詳細については、「モダン デザイン エクスペリエンス」をご覧ください。
  • UiPath.UIAutomation.Activities v19.11 以降、Abbyy 関連のアクティビティは、すべて別のパッケージに移されました。OCR、Cloud OCR、分類、データ抽出に Abbyy 関連のアクティビティを使用する場合は、UiPath.Abbyy.Activities パッケージをインストールしてください。
  • v18.3.6877.28298 より、UiPath.Core.Activities パッケージは UI Automation パッケージと System パッケージに分割されました。詳細については、「Core アクティビティ パッケージの分割」をご覧ください。

依存関係

UI Automation アクティビティ パッケージには、内部で開発された次の依存関係が含まれています。

  • UiPath.Vision - OCR と Computer Vision のエンジンの機能を有効化します。
  • UiPath - UI Automation アクティビティに不可欠なライブラリ。

UiPath.Vision 依存関係パッケージには、サードパーティのライブラリが収められています。これらの外部依存関係は、UiPath.UIAutomation.Activities パッケージの特定のアクティビティを実装できるようにする目的のみに使用されます。以下に例を示します。

  • AbbyyOnlineSdk.dll - Abbyy Cloud OCR アクティビティ専用で、その実行時に Abbyy オンライン サービスの呼び出しに対するラッパーとして使用されます。
  • Interop.FREngine.v11.dll - Abbyy OCR アクティビティ専用で、その実行時に Abby FineReader エンジンの呼び出しに対するラッパーとして使用されます。
  • Interop.MODI.dll - Microsoft OCR アクティビティ専用で、それを Windows 7 マシンまたは Windows Server マシンで実行するときに使用されます。

特定のシナリオでは、厳密な UI Automation 依存関係バージョンの管理が必要になる場合があります。たとえば、Tesseract OCR エンジンの言語は UiPath.Vision のバージョンごとに手動でインストールする必要があります。つまり、その言語を使用するプロセスでは、対応する UI Automation アクティビティ パッケージを使用する必要があります。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

下の表では、パッケージの各バージョンに付属する依存関係のリストを示します。

UiPath.UIAutomation.Activities

UiPath.Vision

UiPath

23.10.113.11.123.10.81.50671
23.10.93.11.123.10.71.64399
23.10.83.11.123.10.71.64399
23.10.73.11.123.10.71.64399
23.10.63.11.123.10.71.64399
23.10.33.11.123.10.69.1489
23.4.113.10.123.4.81.50665
23.4.103.10.123.4.67.58671
23.4.93.10.122.4.62.58438
23.4.83.10.123.4.62.63011
23.4.73.10.123.4.60.36194
23.4.63.10.123.4.59.15687
23.4.53.10.123.4.57.3408
23.4.43.10.123.4.57.3408
22.10.103.6.022.10.67.59238
22.10.93.6.022.10.67.59238
22.10.83.6.022.10.60.25726
22.10.73.6.023.4.60.24910
22.10.63.6.022.10.59.14500
22.10.53.6.022.10.52.8892
22.10.43.6.022.10.49.23
22.10.33.6.022.10.46.47635
22.10.23.6.022.10.46.47635
22.4.113.3.022.4.67.58669
22.4.103.3.022.4.62.58438
22.4.93.3.022.4.60.25939
22.4.83.3.022.4.52.11405
22.4.73.3.022.4.42.61951
22.4.63.3.022.4.38.42025
22.4.53.3.022.4.38.42025
22.4.43.3.022.4.38.42025
21.10.103.1.421.10.67.58666
21.10.93.1.421.10.60.24919
21.10.83.1.421.10.49.13436
21.10.73.1.421.10.42.64905
21.10.63.1.421.10.40.21933
21.10.53.1.421.10.34.30369
21.10.43.1.421.10.32.57908
21.10.33.1.421.10.30.58966
21.4.43.0.121.4.25.3292
21.4.33.0.121.4.23.31065
20.10.152.2.020.10.8676.29744
20.10.142.2.020.10.8558.20688
20.10.132.2.020.10.8363.32849
20.10.122.2.020.10.8242.23238
20.10.112.2.020.10.7992.24819
20.10.102.2.020.10.7810.17763
20.10.92.2.020.10.7641.24102
20.10.82.2.020.10.7641.24102
20.10.72.2.020.10.7641.24102
20.10.62.2.020.10.7585.27318
20.10.52.2.020.10.7585.27318
20.4.32.0.320.4.7537.15740
20.4.22.0.320.4.7472.17184
20.4.12.0.320.4.7422.14731
19.11.52.0.119.10.7601.15369
19.11.42.0.119.10.7601.15369
19.11.32.0.119.10.7452.28108
19.11.22.0.119.10.7312.25504
19.11.12.0.019.10.7312.25504
19.11.02.0.019.10.7275.19994
19.10.11.8.119.10.7243.31457
19.7.01.6.119.7.7128.27029
19.6.01.6.019.6.7108.25473
19.5.01.6.019.5.7079.28746
19.4.21.5.019.4.7068.19937
19.4.11.5.019.4.7054.14370
19.3.01.4.010.0.7004.31775
19.2.01.3.010.0.6957.21531
19.1.01.2.010.0.6957.21531
18.4.81.2.110.0.7772.19184
18.4.71.2.110.0.7445.17204
18.4.61.2.010.0.7194.26789
18.4.51.2.010.0.7020.22745
18.4.41.2.010.0.6992.20526
18.4.31.2.010.0.6929.25268
18.4.21.2.010.0.6913.22031
18.3.6962.289671.1.09.0.6962.24417
18.3.6897.225431.1.09.0.6893.27943
18.3.6877.282981.1.09.0.6877.24355
  • 依存関係

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.