Apps (アプリ)
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
LEGACY
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年7月22日

ルール: プロセスを開始

[プロセスを開始] ルールをルール ビルダーに追加したら、まずは実行するプロセスを指定する必要があります。プロセスを選択すると、既定の設定によって、アプリを実行するマシンでプロセスが有人モードで実行されます。



プロセスの実行方法を管理する

[Unattended] のラジオ ボタンをクリックすると、プロセスが無人モードで実行されるようになります。

既定では、プロセスは同期的に実行されます。つまり、この後に定義されているルールは、このプロセスが完了するまでは実行されません。ルールを並列で実行する場合は、[非同期に実行] をオンにしてください。

値を上書きする

プロセスの入力がコントロールにバインドされている場合、値はプロセスの開始時に自動的に渡されます。

ルールの [入力の上書き] セクションを展開し、プロセスの入力パラメーターとそれに渡す値を指定して、入力値を手動で設定できます。



プロセスの開始/完了イベントを処理する

[プロセスを開始] ルールは、プロセスが開始または完了するたびに実行されるルールを定義できます。

以下の例では、プロセスの開始時に、スピナーのオーバーレイおよびトランザクションが実行されたことを示すメッセージをアプリに表示させ、プロセスが完了するとスピナーを非表示にする設定を示しています。



プロセス ステータスの更新情報を表示する

[ステータスを報告] アクティビティを使用すると、プロセスの実行中に Assistant またはアプリにメッセージを送信できます。

注: プロセス ステータスは有人オートメーションの場合にのみ機能します。

以下の例では、ステータス ラベルの値をオートメーションから渡されるメッセージに設定する方法を示しています。



エラーを処理する

ベスト プラクティスは、プロセスが失敗した場合にエラー メッセージを表示することです。これを行うには、[エラー] セクションを展開し、[メッセージを表示] ルールを追加します。追加したルールには、以下の例のように [タイトル]、[メッセージ]、および [種類] を指定できます。



このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.