Apps (アプリ)
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
LEGACY
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年7月22日

Orchestrator からストレージ バケットを参照する

シームレスな連携を実現するために、ファイル ピッカー コントロールまたは [ストレージ バケットへファイルをアップロード] ルールを使用してアップロードされるファイルはすべて、Orchestrator 内のストレージ バケットに格納されます。

ストレージ バケットについて詳しくは、「ストレージ バケットについて」および「ストレージ バケットを管理する」をご覧ください。

Orchestrator からストレージ バケットを参照する

Orchestrator 内にストレージ バケットが作成されると、アプリから参照できます。

以下の例では、既存のストレージ バケットをアプリ内で参照する方法について説明します。

  1. 既存のアプリを App Studio で開き、キャンバスの上部から [任意に追加] docs image アイコンをクリックします。
  2. [ストレージ バケット] を選択して、ストレージ バケット参照ダイアログを開きます。



  3. 現在のアカウントのテナントのリストが表示されます。必要なストレージ バケットをホストするテナントを選択し、[次へ] をクリックします。



  4. 現在選択しているテナントのストレージ バケットのリストが、フォルダーごとに整理されて表示されます。フォルダーの横の > アイコンをクリックすると、そのフォルダー内のストレージ バケットの一覧が表示されます。



  5. アプリで使用するストレージ バケットの横にあるチェックボックスをクリックし、[追加] ボタンをクリックします。これで、ストレージ バケットがアプリに追加され、使用できるようになります。

注: ストレージ バケットに対する権限は Orchestrator で管理されます。App Studio にストレージ バケットが表示されない場合は、そのストレージ バケットに対する適切な権限が付与されていることを Orchestrator から確認してください。
  • Orchestrator からストレージ バケットを参照する

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.