Apps (アプリ)
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
LEGACY
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年7月8日

最初のアプリを構築する

はじめに

このアプリでは、以下を使用します。

  • アプリ テンプレート
  • サンプル ワークフロー
  • エンティティ

このチュートリアルで使用する機能に習熟するには、以下のページをご覧ください。

このチュートリアルを開始する前に、必ず「前提条件」セクションを確認してください。

前提条件

開始する前に、以下を確認してください。

このチュートリアルは、プロセス内のステップおよび使用する必要のある製品に応じて、いくつかの異なるセクションに分かれています。

Data Service

最初に、 スキーマを UiPath® Data Service にインポートします。 次の手順で行います。

  1. Data Service に移動します。
  2. [インポート/エクスポート] をクリックして [スキーマをインポート] を選択します。



  3. AppsTutorial_TradeLogger.zip から DataService_Trades_Schema.json スキーマを選択します。

期待される結果

これで Trades スキーマが Data Service にインポートされます。



Studio

次に、 UiPath® Studio を使用してワークフローをパブリッシュします。 次の手順で行います。

1. UiPath® Studio を使用して、AppsTutorial_TradeLogger_Workflow フォルダーの project.json ファイルを開きます。

2. [エンティティを管理] をクリックします。

3. [更新][保存] の順にクリックします。



4. 次のいずれかの方法を使用して UiPath® Orchestrator にパブリッシュします。

  • 個人用ワークスペースにパブリッシュします。
  • テナント/フォルダー フィードにパブリッシュします。

(任意) Orchestrator

注: この手順は任意です。ワークフローをテナント/フォルダー フィードにパブリッシュした場合にのみ必要です。

UiPath® Orchestrator を使用して新たにパブリッシュしたプロセスをパブリッシュし、Attended ロボットで利用可能であることを確認します。

プロジェクトのパブリッシュについて詳しくは、「オートメーション プロジェクトをパブリッシュする」をご覧ください。

Apps (アプリ)

最後に、アプリを UiPath® Apps にインポートします。 次の手順で行います。

  1. [構築] タブで、[新しいアプリを作成] ボタンをクリックします。
  2. [ファイルからインポート] をクリックして、Trade Logger App Template.uiapp ファイルを選択します。
  3. [作成] をクリックします。


  4. アプリを開きます。
    注:
    アプリを初めて開くと、アプリにいくつかのエラーが発生します。これらのエラーを削除するには、依存関係を設定する必要があります。次の手順に従ってこれを実行します。
    docs image
  5. 赤いエラー アイコンをクリックし、プロセスとエンティティを見つけて、置換します。

チュートリアル

すべての設定が完了したので、以下のビデオでチュートリアルを確認してください。 このアプリの内容、使い方、 UiPath® Apps を最大限に活用する方法について理解を深めるには、こちらをご覧ください。

  • はじめに
  • 前提条件
  • Data Service
  • Studio
  • (任意) Orchestrator
  • Apps (アプリ)
  • チュートリアル
  • 詳細情報

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.