通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ST-NMG-004 - 表示名の重複

ルール ID: ST-NMG-004

スコープ: ワークフロー

説明

このルールは、アクティビティの表示名を分析し、アクティビティが反復的か汎用的かを判断します。

アクティビティの表示名は、ワークフローでのアクティビティの使用法を明確に示す必要があります。これにより、プロジェクトが意味のあるものになり、使用法に関する混乱が回避されます。

推奨

アクティビティの既定名がより意味のある名前に変更され、ワークフロー全体で繰り返されないようにしてください。

よりわかりやすい表示名を追加すると、アクティビティの実行内容を理解しやすくなる場合があります。たとえば、ワークフローでアプリケーションの [保存] ボタンをクリックするためにクリックアクティビティを使用している場合、アクティビティに保存ボタンをクリックと名前を付けて、一意でわかりやすい名前にすることができます。

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[ワークフロー アナライザー] タブを選択します。以下の画像のように、ルールを見つけて選択します。

875

[しきい値] の既定値は 1 です。これは、ワークフロー アナライザーが同じ表示名のアクティビティを少なくとも 2 つ見つけると、メッセージが [エラー リスト] のログに記録されることを意味します。

5 にしきい値を変更すると、ルールは同じ表示名を持つアクティビティの数がしきい値 (この場合は 5) を超えた場合のみ、エラー メッセージをログに記録します。

既定値にリセット

ST-NMG-004 の既定のしきい値は 1 です。

これらの値を既定値に戻すには、[プロジェクト設定] ウィンドウのルールを右クリックして、[既定値にリセット] をクリックします。

987

2 年前に更新


ST-NMG-004 - 表示名の重複


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。