Studio
2021.10
バナーの背景画像
Studio ガイド
最終更新日 2024年5月13日

Webdriver プロトコルについて

WebDriver は、ブラウザーの自動化に使用される一般的なプロトコルです。ブラウザー自体とは別の実行可能ファイルで REST API を公開します。このプロトコルは、ブラウザーの起動 (ヘッドレスかどうかにかかわらず)、要素のクリック、文字を入力フィールド、タブを開く、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) の探索、Javascript の挿入などの操作で広く使用されています。

In the UiPath® Platform, the WebDriver protocol introduces support for headless browser automations. This means that browser automations don't necessarily have to rely on visual elements on screen, such as window frames. Automations are executed in the background, without you having to keep up the browser window. Nonetheless, the WebDriver protocol is not strictly meant for headless browser automations, and can also be used to operate browsers visually.

WebDriver プロトコルを使用したオートメーション プロジェクトは、次のブラウザーを対象に作成できます。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Edge ブラウザー

WebDriver プロトコルによるオートメーションでは、対応するブラウザー拡張機能をインストールする必要はありませんが、対応するブラウザーの WebDriver 実行可能ファイルをインストールする必要があります。

WebDriver プロトコルは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に使用できますが、UiPath ブラウザー拡張機能に代わるものではなく、最適なオプションを自由に使用できます。

WebDriver プロトコルによって生成されるセレクターは、UiPath ブラウザー拡張機能によって生成されるものと同じです。これは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に適用されますが、ウィンドウ フレームには適用されません。

WebDriver は毎回新しいブラウザー セッション (プロセス) を開きます。これは他のブラウザー セッションとは無関係です。ブラウザーを閉じると、対応するすべてのブラウザー セッションとともに、対応する WebDriver アプリケーション (ChromeDriver.exegeckodriver.exe、または msedgedriver.exe) も終了します。

WebDriver プロトコルで作成されるオートメーションは、Open Browser コンテナーの内側と外側でブラウザー系のアクティビティを実行できます。これは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に当てはまります。さらに、ビジュアル ブラウザーのオートメーションに対する完全な対話型の選択がサポートされた、ネイティブ セレクターが生成されます。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.