Process Mining
2023.10
トラブルシューティング - Automation Suite 2023.10
Banner background image
ロゴ
Process Mining
最終更新日 2023年12月19日

トラブルシューティング

データ実行ではログ ファイルも作成されます。これは、予期しない結果が発生した場合や、データ アップローダーでのデータのアップロードが失敗した場合に役立ちます。extraction.log ファイルには、前回のデータ実行のログが含まれています。失敗した各抽出に対して、リターン コードが表示されます。詳しくは、Theobald Software の公式ドキュメント「Call via Commandline」をご覧ください。セットアップに何らかの誤りがあると、それがエラー メッセージに表示されます。

HANA 以外のシステム向けの CDPOS の抽出の問題

HANA 以外の一部の古いシステムでは、CDPOS はクラスター テーブルであり、以下のような「join with pool table」のエラーが発生する可能性があります。



CDPOS テーブルの抽出には、既定で CDHDR テーブルとの結合が含まれており、抽出する必要のあるレコードの数が制限されます。このエラーを解決するには、以下の手順に従います。
  1. Xtract Universal Designer で CDPOS 抽出を編集して、テーブルから CDHDR を削除します。
  2. CDHDR~UDATE between @extraction_start_date and @extraction_end_date を次の値で置き換えます。

    CHANGENR between @CHANGENR_min and @CHANGENR_max

  3. extract_theobald.ps1 で、&"$xu_location\xu.exe" -s "$xu_server" -p "$xu_port" -n "CDPOS" -o "extraction_start_date=$extraction_start_date" -o "extraction_end_date=$extraction_end_date" を以下に示すコードに置き換えます。
&"$xu_location\xu.exe" -s "$xu_server" -p "$xu_port" -n "CDHDR_CSV" -o "extraction_start_date=$extraction_start_date" -o "extraction_end_date=$extraction_end_date"
CheckExtractionError('CDHDR_CSV')
$CDHDR = Import-Csv -Path "$xu_location\<app_template_specific>output\CDHDR_CSV.csv" -Delimiter "`t"
$CDHDR_sorted = $CDHDR | Sort-Object -Property CHANGENR 
$CHANGENR_min=$CDHDR_sorted.GetValue(0).CHANGENR
$CHANGENR_max=$CDHDR_sorted.GetValue($CDHDR_sorted.Count-1).CHANGENR
&"$xu_location\xu.exe" -s "$xu_server" -p "$xu_port" -n "CDPOS" -o "CHANGENR_min=$CHANGENR_min" -o "CHANGENR_max=$CHANGENR_max"&"$xu_location\xu.exe" -s "$xu_server" -p "$xu_port" -n "CDHDR_CSV" -o "extraction_start_date=$extraction_start_date" -o "extraction_end_date=$extraction_end_date"
CheckExtractionError('CDHDR_CSV')
$CDHDR = Import-Csv -Path "$xu_location\<app_template_specific>output\CDHDR_CSV.csv" -Delimiter "`t"
$CDHDR_sorted = $CDHDR | Sort-Object -Property CHANGENR 
$CHANGENR_min=$CDHDR_sorted.GetValue(0).CHANGENR
$CHANGENR_max=$CDHDR_sorted.GetValue($CDHDR_sorted.Count-1).CHANGENR
&"$xu_location\xu.exe" -s "$xu_server" -p "$xu_port" -n "CDPOS" -o "CHANGENR_min=$CHANGENR_min" -o "CHANGENR_max=$CHANGENR_max"
注: これは一般的な例であり、お使いのアプリ テンプレートではテーブル名が異なる場合があります。
注: 出力フォルダー <app_template_specific> は、extract_theobald.ps1 でアプリ テンプレートに対して指定した出力フォルダーに置き換えてください。

抽出のその他の問題

キーを複製する

Theobald Xtract Universal を使用してデータをアップロードする際に、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
docs image
考えられる原因

テーブルの主キーに使用されているフィールドが、抽出で取得されていません。

解決策

この問題を解決するには、テーブルの主キーに使用されているすべてのフィールドが抽出で取得されていることを確認する必要があります。

以下に、EKKN テーブルの例を示します。このテーブルでは、フィールド ZEKKN が取得されていないため、主キーは完全ではありません。この問題は、このフィールドが抽出でも使用されるようにすることで修正できます。
ヒント:

SAP テーブルの主キーは、フィールド名の前に表示されるキー記号によって認識できます。

docs image
  • HANA 以外のシステム向けの CDPOS の抽出の問題
  • 抽出のその他の問題
  • キーを複製する
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.