Process Mining
2023.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2024年2月28日

プロセス グラフの新しいレイアウト用にアプリを移行する

はじめに

新しいプロセス アプリでは、プロセス グラフに TRACY と呼ばれる新しいレイアウト技術が使用されます。TRACY を使用することでメインのプロセス フローが自動的に識別され、残りのアクティビティも実行シーケンスに基づいて並べ替えられるため、プロセス グラフを理解しやすくなります。

重要:

TRACY を導入しました。新しいプロセス アプリはすべて、プロセス グラフのレイアウトに TRACY を使用します。以前のプロセス グラフのレイアウトで作成したプロセス アプリは、Process Mining 2023.10 では機能しなくなります。今後もプロセス アプリにアクセスできるよう、Process Mining v2023.10 をインストールする前にプロセス アプリを再作成または移行するようにしてください。

注:

現在のバージョンが Process Mining 2022.10 である場合は、Process Mining 2023.10 に移行する前に、まず Process Mining 2023.4 をインストールし、Process Mining 2023.4 を使用してプロセス アプリを移行してください。

カスタマイズ済みのプロセス アプリ

TemplateOnePurchase-to-PayOrder-to-Cash のアプリ テンプレートを基にして作成した既存のプロセス アプリで変換をカスタマイズしている場合は、これらのプロセス アプリで TRACY レイアウトが使用されるように移行できます。以下では、お使いのプロセス アプリを移行する場合に実行する必要のある手順について説明します。

移行の大まかな手順

  1. 現在のプロセス アプリと同じアプリ テンプレートに基づいて、新しいプロセス アプリを作成します (サンプル データを使用)。

  2. 現在のプロセス アプリから変換をエクスポートし、現在のカスタマイズされたアプリ変換をダウンロードします。

  3. 以下に示すように変換を編集します。

  4. 手順 1 で作成した新しいプロセス アプリ変換をインポートし、更新した変換を新しいプロセス アプリにアップロードします。

ヒント:

新しいプロセス アプリから変換をエクスポートし、プロセス アプリの新しい既定の変換を確認します。

プロセス アプリを移行する

一般的には、「ローカル環境でデータ変換を編集する」に記載された手順に従います。新しいバージョンに移行する際は専用の設定が必要であるため、以下に示す手順をよくお読みください。

4. 変換を編集する
注:

必ず、現在のプロセス アプリからエクスポートした変換を編集してください。完了したら、現在のプロセス アプリと同じアプリ テンプレートに基づく新しいプロセス アプリに変換をインポートします。

以下に示すように変換を変更します。

イベント ログ テーブル

変換の既定の場所は以下のとおりです。
  • Purchase-to-Pay: Purchase_order_item_end_to_end_events.sql
  • Order-to-Cash: Sales_order_item_end_to_end_events.sql
  • その他のアプリ テンプレート: Event_log.sql

変換の手順:
1. Event_throughput_time フィールドを削除します。
  • 必要に応じて、Event_throughput_time を使用する他のロジックを変更します。
  • 対応するテストを business_logic.yml ファイルから削除します。
2. Manual_event_costsManual_event_IDManual_event_processing_time フィールドを削除します。
3. Event_orderActivity_order フィールドに置換します。
  • Event_order は新しいバージョンで上書きされるため、 Event_order フィールドは完全に削除するか、変換内のロジックに現在の Event_order フィールドをそのまま使用してください。
  • Activity_order フィールドを追加します。
  • Event_order テストを business_logic.yml ファイルから削除します。

ケース テーブル

変換の既定の場所は以下のとおりです。

  • Purchase-to-Pay: Purchase_order_items.sql
  • Order-to-Cash: Sales_order_items.sql
  • その他のアプリ テンプレート: Cases_log.sql

変換の手順:

1. ケースのスループット時間とケース開始のフィールドを削除します。

  • 次のフィールドを削除します。

アプリ テンプレート

フィールド

Purchase-to-Pay

Throughput_time_end_to_end

Order-to-Cash

Throughput_time_end_to_end

その他のアプリ テンプレート

Throughput_time

Case_start

  • 対応するテストを business_logic.yml から削除します。

2. Variant フィールドを削除します。

  • 対応するテストを business_logic.yml ファイルから削除します。

エッジ テーブル

変換の既定の場所は以下のとおりです。

  • Purchase-to-Pay: Purchase_order_item_end_to_end_edges.sql
  • Order-to-Cash: Sales_order_item_end_to_end_edges.sql
  • その他のアプリ テンプレート: Edges.sql

変換の手順:

1. 対応するテストを business_logic.yml ファイルから削除します。

イベント テーブル

任意の手順として、イベント テーブル (非推奨) を削除できます。新しいプロセス アプリを使用するためにはこの手順は必須ではありませんが、新しいプロセス アプリのパフォーマンスが向上します。

変換の既定の場所は以下のとおりです。

  • Purchase-to-Pay: N/A.
  • Order-to-Cash: 該当なし
  • その他のアプリ テンプレート: Events.sql

変換の手順:

  • イベント テーブル (非推奨) を削除します (Purchase-to-Pay および Order-to-Cash のアプリ テンプレートには利用できません)。

その他のテーブル

プロセス アプリの以前のバージョン (Process Mining 2022.10 で作成されたプロセス アプリなど) を移行する場合、アプリ テンプレートの新しい形式を満たすために、変換にテーブルまたはフィールドを追加する必要がある場合があります。

たとえば、変換に期限日やタグのモデルを追加する必要がある場合があります。

移行して変換をテストする現在のプロセス アプリと同じアプリ テンプレートに基づいて、新しいプロセス アプリを作成します。

注:

テスト プロセス アプリを作成する際は、[データ ソース] ステップで [サンプル データを使用] オプションを選択します。

移行して変換をインポートする現在のプロセス アプリと同じアプリ テンプレートに基づいて、新しいプロセス アプリを作成します。

注:

新しいプロセス アプリを作成する際は、[データ ソース] ステップで [サンプル データを使用] オプションを選択します。

移行後の手順

プロセス アプリの移行に成功したら、元のプロセス アプリを削除します。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.