Process Mining
2023.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2024年4月19日

抽出スクリプトを実行する

Process Mining で使用するためにデータを読み込んでアップロードするには、extract_theobald.ps1 ファイルを実行する必要があります。

このタスクにかかる時間は、読み込まれるデータの量によって大きく異なります。

ファイルを手動で開始する

データ実行を開始するには以下の手順に従います。

  1. extract_theobald.ps1 ファイルを実行し、データ実行を開始します。
データ実行ではログ ファイルも作成されます。これは、予期しない結果が発生した場合や、データ アップローダーでのデータのアップロードが失敗した場合に役立ちます。extraction.log ファイルには、前回のデータ実行のログが含まれています。失敗した各抽出に対して、リターン コードが表示されます。詳しくは、Theobald Software の公式ドキュメント「Call via Commandline」をご覧ください。セットアップに何らかの誤りがあると、それがエラー メッセージに表示されます。

データ実行のタスクのスケジュールを設定する

ファイルを手動で実行する代わりに Windows のタスク スケジューラを使用すれば、バッチ スクリプトを実行するタスクをスケジュールでき、データの更新を自動化できます。

注: Windows のタスク スケジューラでタスクを作成する場合は、[タスクの作成] ウィンドウでタスクの実行者にローカルの SYSTEM ユーザー アカウントを選択し、[最上位の特権で実行する] オプションを選択することをお勧めします。
重要: 利用できるデータがない間隔を追加すると、ダッシュボードにエラー メッセージが表示されます。

抽出に成功した場合、欠陥のあるデータが抽出されたため、データの取り込みに失敗することがあります。Theobald Xtract Universal で WHERE 句を使用すると、このようなデータをフィルター処理して除外できます。WHERE 句について詳しくは、Theobald の公式ドキュメントをご覧ください。

注:

変数 (例: 抽出日) を使用する WHERE 句がある場合、UI でフィルター処理できません。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.