通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

App Studio を使用する

デザイナーのコア コンセプト

UiPath Apps is available on your UiPath Portal. You can access your Apps homepage by selecting 'Apps' from the left-hand navigation bar.

初めてホームページにアクセスする場合、実行できるアプリがまだ存在しない可能性があります。Apps の使用を開始すると、自分が作成したアプリ、他のユーザーからコラボレーションに招待されたアプリ、および実行可能なアプリが表示されます。

875875

:information-source: If you have feedback we'd love to hear it over on the UiPath Apps Forum.

新しいアプリを作成する

  1. App Studio のホームページで [新規作成] ボタンをクリックします。
  2. 新しいアプリに名前を付けます。
  3. [作成] ボタンをクリックします。
890890

You can select a template for the first page or blank page.

19171917

Adding controls

  1. Click the Add new control Add New Control iconAdd New Control icon icon from the top of the canvas.
  2. 「v」アイコンをクリックして各コントロール セクションを展開し、追加するコントロールを探します。
  3. コントロールをクリックし、キャンバス上の目的の場所までドラッグします。
18501850

Adding pages

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. [ページ] を選択します。
664664

このリストの先頭のページは、アプリを起動すると実行される最初のページです。それ以降のページの順序は実行時には影響しませんが、これらを並べ替えてアプリの構造を整理することができます。別のページを開始ページとして設定するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 右クリック > [開始ページとして設定]
  • または、ページをクリックしてドラッグすると順序を変更できます。

Styling your controls

App Studio では、アプリの開発を加速するために多くのコントロールに対してビジュアル プリセットが用意されていますが、特定のスタイル プロパティを細かく指定することでアプリのスタイルをいつでもカスタマイズできます。

コントロールのスタイルを変更する手順は次のとおりです。

  1. キャンバス上でコントロールを選択します。
  2. プロパティ パネルで [スタイル] タブを選択します。
  3. 個々のスタイル プロパティを変更し、アプリの見た目を変更します。

For more details about styling, see the Controls Overview

18521852

Adding a process

Orchestrator に既に存在するプロセスを追加する手順は次のとおりです。

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. [プロセス] を選択します。
665665
  1. お使いのアカウントでアクセス権を持つ Orchestrator テナントを選択します。
  2. プロセスをパブリッシュしたフォルダーを選択します。
  3. アプリに含めるプロセスを選択します。
  4. [追加] をクリックします。

For more details, see adding a process to your app.

Adding a storage bucket

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. Select Storage bucket.
665665
  1. お使いのアカウントでアクセス権を持つ Orchestrator テナントを選択します。
  2. Select the folder where the storage bucket is located in.
  3. Select the storage bucket(s) you want to include in your app.
  4. [追加] をクリックします。

For more details, see adding a storage bucket to your app.

Adding an entity

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. Select Entity.
664664
  1. お使いのアカウントでアクセス権を持つ Orchestrator テナントを選択します。
  2. Select the folder where the entity is located in.
  3. Select the entity(es) you want to include in your app.
  4. [追加] をクリックします。

For more details, see adding an entity to your app.

Adding a queue

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. Select Queue.
665665
  1. お使いのアカウントでアクセス権を持つ Orchestrator テナントを選択します。
  2. Select the folder where the entity is located in.
  3. Select the entity(es) you want to include in your app.
  4. [追加] をクリックします。

For more details, see adding a queue to your app.

Adding a connector

  1. Click the Add any Add Any iconAdd Any icon icon from the top of the canvas.
  2. Select Connection.
665665
  1. Choose the desired connection.
  2. Connect to the selected connector.
  3. [追加] をクリックします。

For more details, see adding a queue to your app.

Data binding

To bind your controls to process inputs or outputs, use their Value Binding field. For more details, see binding process inputs and outputs to controls on the canvas.

18501850

Events and logic

Events and Rules control the end-user experience inside of your app. The events available for a control are determined by that control's type. For example, Pages have a 'Loaded' event, while a textbox has a 'Value Changed' event.

アプリ内の対話をカスタマイズする手順は次のとおりです。

  1. イベントを追加するコントロールを選択します。
  2. プロパティ パネルの [イベント] タブをクリックします。
  3. カスタマイズするイベントを選択し、[ルールを作成] をクリックします。
  4. 入力を開始するか、利用可能なリストからルールを選択します。

For more, see Events and Rules.

18521852

Preview and publish

You can preview your app at any time during development by clicking the Preview button in the header. Check out the rest of the documentation to learn more about Preview and Publishing.

Updated 5 days ago


App Studio を使用する


デザイナーのコア コンセプト

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。