Action Center
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年7月19日

2021 年 3 月

2021 年 3 月 23 日

機能

  • [アクションの概要] パネルを追加し、アクションのステータスを追跡できるようにしました。このパネルには、アクションのカードにこれまで表示されていた内容に加え、選択中のアクションの詳細情報が表示されます。たとえば、アクションの種類、Orchestrator でアクションを受け取るフォルダー、現在アクションが割り当てられているユーザーなどを確認できます。さらに、アクションを割り当て/割り当て解除したユーザー、アクションを転送したユーザーとその転送先のユーザー、特定のコメントを書き込んだユーザー、アクションを完了したユーザーとその時刻、およびその他の関連操作も確認できます。このため、アクションに対して行われた操作の透明性が確保されます。[アクションの概要] パネルへは、選択したアクションのページのヘッダーにある [その他のオプション] docs image をクリックして表示されるメニューからアクセスできます。
  • [その他のオプション] docs image をクリックして表示されるメニューには [コメント] パネルも追加しました。このパネルでは、保留中または未割り当てのアクションにコメントできます。

改良点

  • 保留中のアクションのリストをフィルター処理し、自分に転送されたアクションのみを表示できるようにしました。アクションの管理者ユーザーである場合は、他のユーザーに転送されたアクションも表示できます。

既知の問題

  • キュー アイテムを使用するプロセスを、キューが共有されているフォルダーから実行することができません。現在は、そのキューが最初に作成されたフォルダーからのみ実行できます。このため、キューを作成元のフォルダーから削除すると、共有先のフォルダーにキューが存在していてもプロセスが失敗します。また、プロセスのカードにはキューの作成元のフォルダー名が表示されます。

バグ修正

  • アクションのメタデータ (タイトル、カタログ、ユーザー名) に # 記号が含まれていると、このアクションのダウンロードがスキップされていました。現在は、ダウンロードした csv ファイルに選択したすべてのアクションが含まれるようになりました。なお、ダウンロードできるエントリは最大 1,000 件に制限されています。

2021 年 3 月 2 日

機能

  • アクションの作成時刻に加え、完了時刻も確認できるようになりました。完了したアクションのカード上で作成時刻のタイム スタンプをホバーすると、詳細情報が表示されます。
  • アクション削除権限があれば、アクションを個別に、もしくは一括で削除できるようになりました。この変更に伴い、固有の URL からアクセスしようとしたアクションが削除済みである場合、そのアクションの読み取り専用画面にリダイレクトされます。また、アクションは削除されており、変更できない旨を伝えるバナーが表示されます。
  • [更新] ボタンを追加し、保留中、未割り当て、完了したアクションのリストを更新できるようにしました。この変更に伴い、[複数のアクションを選択] ボタンを [その他のオプション] メニュー内に移動しました。

改良点

  • アクションを特定のカタログでフィルター処理できるようになりました。検索バーにカタログ名を入力するか、アクションのフィルター メニュー (フィルター アイコンをクリック > [アクション カタログ]) で並べ替え条件を選択します。

    重要: アクションをカタログ名でフィルター処理するには、アクション カタログに対するフォルダー レベルの表示権限が必要です。

既知の問題

  • Microsoft Edge レガシのブラウザーを使用すると、Action Center のページのヘッダーが正しく表示されない場合があります。

バグ修正

  • フィールドからファイルをアップロードしたアクションと、もう 1 つの別のアクションの間を高速で何度も切り替えると、ファイルがアップロードされたアクション側で例外がスローされていました。この問題は現在は修正されました。

2021 年 3 月 1 日

新着情報

Orchestrator のクラウド版サービスで、アクションの管理機能と UI を廃止しました。この機能は Automation Cloud の Action Center サービスにおける、[Actions] タブからのみ利用できます。



Action Center の以下の機能は、引き続き Orchestrator サービスで管理されます。

  • アクションの監査ログ
  • アクションアクション カタログアクションの割り当てに対するフォルダー レベルの権限
  • アクション カタログ

詳しくは、Action Center ガイドの「アクションを管理する」をご確認ください。

  • 機能
  • 改良点
  • 既知の問題
  • バグ修正
  • 機能
  • 改良点
  • 既知の問題
  • バグ修正
  • 新着情報

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.