Action Center
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Action Center
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年7月19日

タスクを割り当て

UiPath.Persistence.Activities.Tasks.AssignTasks

説明

現在のワークフローで作成された 1 つ以上のタスクを Orchestrator のユーザーに割り当てます。Orchestrator に登録したメール アドレスまたはユーザー名を指定する必要があります。

プロジェクトの対応 OS

Windows - レガシ | Windows | クロスプラットフォーム

前提条件

タスクを正しく割り当てるには、Orchestrator で必要なフォルダーのアクセス許可が設定されていることを確認する必要があります。Orchestrator の Robot ロールの [フォルダー アクセス許可] で、[作成] アクションが有効化されている必要があります。

Windows および Windows - レガシでの設定

デザイナー パネル (単一のタスクの割り当て用)
  • タスク ID ー タスクの ID です。
  • ユーザー名またはメール アドレス - このタスクを割り当てるユーザーのユーザー名またはメール アドレスです。
  • タスク割り当ての種類 - 実行する割り当て操作の種類です。既定では [割り当て] 操作に設定されていますが、同じアクションを別のユーザーに割り当てる必要がある場合は、[再割り当て] に変更できます。
  • タスクとユーザーの割り当て - List<TaskUserAssignment> オブジェクトに格納されている、タスク識別子と、アクションを割り当てる/再割り当てするユーザー情報のリストです。このフィールドは List<TaskUserAssignment> オブジェクトのみをサポートします。このオブジェクトには、タスク識別子と、Orchestrator に登録されているメール アドレスやユーザー名などの、対応するユーザー情報が含まれている必要があります。
  • 失敗したタスク割り当て - ユーザー割り当て要求のいずれかが失敗した場合、タスク識別子、エラー メッセージ、エラー コード、および Orchestrator に登録されているメール アドレスまたはユーザー名を含むリストが、List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのこのプロパティ フィールドに作成されます。このフィールドは List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのみをサポートします。

デザイナー パネル (複数タスクの割り当て用)

[複数割り当てを有効化] を選択します。デザイナー パネルに次のプロパティが表示されます。

  • タスクとユーザーの割り当て (入力) - List<TaskUserAssignment> オブジェクトに格納されている、タスク識別子と、アクションを割り当てる/再割り当てするユーザー情報のリストです。このフィールドは List<TaskUserAssignment> オブジェクトのみをサポートします。このオブジェクトには、タスク識別子と、Orchestrator に登録されているメール アドレスやユーザー名などの、対応するユーザー情報が含まれている必要があります。
  • タスク割り当ての種類 - 実行する割り当て操作の種類です。既定では [割り当て] 操作に設定されていますが、同じアクションを別のユーザーに割り当てる必要がある場合は、[再割り当て] に変更できます。
  • 失敗したタスク割り当て - ユーザー割り当て要求のいずれかが失敗した場合、タスク識別子、エラー メッセージ、エラー コード、および Orchestrator に登録されているメール アドレスまたはユーザー名を含むリストが、List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのこのプロパティ フィールドに作成されます。このフィールドは List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのみをサポートします。
プロパティ パネル

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • 表示名 - アクティビティの表示名です。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • 複数割り当てを有効化 - 複数のタスクを割り当てるオプションを有効化します。
  • フォルダー パス - このアクティビティで使用する Orchestrator フォルダーのパスです。何も指定しない場合は、現在の Orchestrator フォルダーが使用されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。
  • タスク割り当ての種類 - 実行する割り当て操作の種類です。既定では [割り当て] 操作に設定されていますが、同じアクションを別のユーザーに割り当てる必要がある場合は、[再割り当て] に変更できます。
  • タスク ID ー タスクの ID です。
  • タスクとユーザーの割り当て - List<TaskUserAssignment> オブジェクトに格納されている、タスク識別子と、アクションを割り当てる/再割り当てするユーザー情報のリストです。このフィールドは List<TaskUserAssignment> オブジェクトのみをサポートします。このオブジェクトには、タスク識別子と、Orchestrator に登録されているメール アドレスやユーザー名などの、対応するユーザー情報が含まれている必要があります。
  • ユーザー名またはメール アドレス - このタスクを割り当てるユーザーのユーザー名またはメール アドレスです。

その他

  • プライベート - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。

出力

  • 失敗したタスク割り当て - ユーザー割り当て要求のいずれかが失敗した場合、タスク識別子、エラー メッセージ、エラー コード、および Orchestrator に登録されているメール アドレスまたはユーザー名を含むリストが、List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのこのプロパティ フィールドに作成されます。このフィールドは List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのみをサポートします。

クロスプラットフォームでの設定

  • 複数割り当てを有効化 - 複数のタスクを割り当てるオプションを有効化します。
  • タスク ID ー タスクの ID です。
  • ユーザー名またはメール アドレス - このタスクを割り当てるユーザーのユーザー名またはメール アドレスです。
  • タスク割り当ての種類 - 実行する割り当て操作の種類です。既定では [割り当て] 操作に設定されていますが、同じアクションを別のユーザーに割り当てる必要がある場合は、[再割り当て] に変更できます。
  • 失敗したタスク割り当て - ユーザー割り当て要求のいずれかが失敗した場合、タスク識別子、エラー メッセージ、エラー コード、および Orchestrator に登録されているメール アドレスまたはユーザー名を含むリストが、List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのこのプロパティ フィールドに作成されます。このフィールドは List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのみをサポートします。
詳細オプション

共通

  • エラー発生時に実行を継続 - アクティビティが例外をスローした場合でも、ワークフローを継続するかどうかを指定します。このフィールドでは Boolean 値 (True、False) のみサポートされています。既定値は False です。その結果、フィールドが空白で例外がスローされると、プロジェクトの実行が停止します。値を True に設定すると、プロジェクトの実行はエラーに関係なく継続されます。
注: このアクティビティが [トライ キャッチ] に含まれていて、[エラー発生時に実行を継続] プロパティの値が True の場合、プロジェクトが実行されたときにエラーは発生しません。
  • タイムアウト (ミリ秒) - エラーがスローされる前にアクティビティが実行されるまで待機する時間 (ミリ秒単位) を指定します。既定値は 30000 ミリ秒 (30 秒) です。

入力

  • フォルダー パス - このアクティビティで使用する Orchestrator フォルダーのパスです。何も指定しない場合は、現在の Orchestrator フォルダーが使用されます。このフィールドは、文字列と String 型変数のみをサポートします。

出力

  • 失敗したタスク割り当て - ユーザー割り当て要求のいずれかが失敗した場合、タスク識別子、エラー メッセージ、エラー コード、および Orchestrator に登録されているメール アドレスまたはユーザー名を含むリストが、List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのこのプロパティ フィールドに作成されます。このフィールドは List<TaskAssignmentResponse> オブジェクトのみをサポートします。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.