Apps (アプリ)
2023.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

チョイス セットを使用する

チョイス セットは Data Service フィールドのタイプのひとつで、選択可能な項目が列挙されたリストを保存するために使用されます。

Choice Set は、経費の種類、フォーラムの投稿カテゴリ、または定期的なイベントの特定の回の選択などに使用できます。

Choice set は以下のコントロールにバインドできます。

  • ドロップダウン
  • 複数選択ドロップダウン
  • リスト (List)
  • ラジオ ボタン

注:

チョイス セットをリスト ソースにバインドすると、そのチョイス セットのオプションが返されます。

チョイス セットを選択した項目にバインドすると、その選択した項目のフィールド値がバインドされます。

選択した項目にバインドすると、フィールド値がその選択した項目にバインドされます。

開始する前に

以下の点を確認してください。

  • チョイス セットを含むエンティティがアプリにインポートされている。

  • Data Service に対する適切な権限がある。

手順

この例では、以下のフィールドを持つ Fauna というエンティティを使用します。

  • Animals - タイプ [チョイス セット]、複数選択は許可されていません
  • Continent - タイプ [チョイス セット]、複数選択が許可されています
  • Endangered - タイプ [チョイス セット]、複数選択は許可されていません
  1. アプリで、Fauna というエンティティを追加します。
    GetChoiceSet() 関数を使用するには、少なくとも 1 つのエンティティを含める必要があります。
  2. [ドロップダウン] コントロールを追加し、次のように設定します。
    1. [リストのソース] フィールドでチョイス セット「Animals」を参照します。
      GetChoiceSet("Animals")GetChoiceSet("Animals")
    2. [列] フィールドに「DisplayName」と書き込みます。これにより、チョイス セットの表示名がコントロールのオプションとして表示されます。
  3. [複数選択ドロップダウン] コントロールを追加し、次のように設定します。
    1. [リストのソース] フィールドでチョイス セット「Continent」を参照します。
      GetChoiceSet("Continent")GetChoiceSet("Continent")
    2. [列] フィールドに「DisplayName」と書き込みます。これにより、チョイス セットの表示名がコントロールのオプションとして表示されます。
  4. [ラジオ ボタン] コントロールを追加し、次のように設定します。

    1. [リストのソース] フィールドでチョイス セット「Endangered」を参照します。
      GetChoiceSet("Endangered")GetChoiceSet("Endangered")
    2. [列] フィールドに「DisplayName」と書き込みます。これにより、チョイス セットの表示名がコントロールのオプションとして表示されます。
  • 開始する前に
  • 手順

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.