Apps (アプリ)
2023.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

アプリ内でエンティティを参照する

UiPath® Apps では、より優れた複雑なアプリを作成するために、UiPath® Data Service のエンティティに接続して、そのエンティティを操作することができます。

Data Service は、ロボティック プロセス オートメーション (RPA) プロジェクトにおいて、コードの要らないデータ モデリングやストレージを可能にする、強力で永続的なデータ ストレージ サービスです。

注: データが読み込まれた後は、ルールの実行時にのみデータが更新されます。プロセスまたはその他の手段による Data Service の更新は、自動的に検出されません。こうしたシナリオでは、データを明示的に更新してください。
注意:

現在のところ、エンティティの無限スクロールはありません。

Data Service のエンティティを参照する

Data Service 内にエンティティが作成されたら、アプリから参照できます。

注: Data Service のエンティティが変更された場合、その変更内容はアプリを更新した後または再度開いた後に自動的に同期されます。

以下の例は、既存のエンティティをアプリに追加する方法を示しています。

  1. App Studio の既存のアプリで、[コントロールを追加] ボタンの右側にあるドロップダウン メニューを展開します。
  2. [エンティティ] を選択します。



  3. 現在のアカウントのテナントのリストが表示されます。インポートする必要があるエンティティをホストするテナントを選択し、[次へ] をクリックします。



  4. [エンティティを追加] ウィザードが開き、選択したテナントのエンティティのリストが表示されます。
  5. 1 つ以上のエンティティを選択します。右側のパネルには、強調表示されたエンティティのフィールドのリストが表示されます。
    注:

    他のエンティティであるフィールドを持つエンティティを選択すると、依存するエンティティが自動的に選択されます。

    他のエンティティであるフィールドを持つエンティティの選択を解除しても、依存するエンティティは選択解除されません。



  6. アプリで使用するエンティティの横にあるチェックボックスをオンにして、[追加] をクリックします。

注: エンティティの権限は Data Service で管理されます。Data Service から追加するエンティティに対して適切な権限があることを確認してください。

エンティティをバインドする

エンティティは以下のコントロールにバインドできます。

  • ドロップダウン (シンプルおよび複数選択)

  • ラジオ ボタン

  • 編集グリッド

  • リスト

  • 表/テーブル

以下の例では、[表] コントロールで Country というエンティティを参照する方法を示します。

開始する前に

エンティティがアプリにインポートされていることを確認します。

手順

  1. アプリで [表] コントロールを追加します。
  2. 表を選択して [全般] タブに移動します。
  3. [データ ソース] プロパティで、エンティティを参照できます。

    • [クエリ ビルダー] を開き、参照するエンティティを選択し、エンティティ レコードをフィルター処理するために条件を必要に応じて適用してから、[保存] をクリックします。



列の見出しには、エンティティ フィールドの名前が自動的に入力されます。

これで、[Country] エンティティが表にリンクされました。

注:

エンティティを含む簡単なコントロール ([リスト][ドロップダウン] など) を使用するには、エンティティをアプリ変数に保存してから、変数を使用してエンティティのフィールドを表示します。

  • Data Service のエンティティを参照する
  • エンティティをバインドする
  • 開始する前に
  • 手順

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.