Apps (アプリ)
2023.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

ファイル アップローダー

全般

  • 最大ファイル サイズ - ユーザーがアップロードできるファイルの最大サイズです。推奨される最大ファイル サイズは 10 MB です。
  • 許可されるファイルの種類 - ユーザーがアップロードできるファイルの種類です。ファイルの拡張子を区切るには「,」を使用します。たとえば、「.jpg, .png, .svg」と記述すると、これらの種類のファイルだけがアップロード可能となります。ファイルの種類のリストを取得する場合、. 記号は必須ではありません。
  • ヘルパー テキスト - 実行時に表示されるヘルプ テキストです。
  • ツールチップ - アプリ ユーザーがコントロール上でホバーしたときに表示されるテキストです。コントロール上で追加情報を提供するには、このツールチップを使用します。
  • ラベル - コントロールの表示テキストです。
  • 必須 - true の場合、アプリ ユーザーはコントロール内のデータを指定する必要があります。実行時にコントロールが必須であることを示すため、ラベル テキストの後にアスタリスク * が追加されます。
  • カスタム エラー メッセージ - [必須] プロパティが true に設定され、コントロールが空のままの場合に表示するテキストです。
  • 非表示 - true の場合、実行時にコントロールが非表示になります。
  • 無効化 - true の場合、実行時にコントロールを無効化します。
注: [ファイル アップローダー] コントロールで一度にアップロードできるファイルは 1 つだけです。

イベント

  • ファイルの追加時 - ファイルが追加された際の挙動を設定します。
  • ファイルの削除時 - ファイルが削除された際の挙動を設定します。

スタイル

  • コントロールの配置 - 既定では、親の配置を継承します。親とは異なる配置を設定することもできます。既定の親の配置に戻すには、現在優先されているオプションの選択を解除します。

    注: 配置は、親に対して選択したレイアウト ([縦方向]/[横方向]) によって異なります。
  • ラベル配置 - 既定では、ラベルはコントロールの左上に表示されるよう設定されています。ラベルは、コントロールの左横に配置することもできます。[ラベル幅] プロパティはラベルの幅を設定し、[間隔] プロパティはラベルとコントロールの間の距離を設定します。
  • フォント - ラベルと入力テキストの両方のフォント属性です (フォント ファミリ、サイズ、色、スタイル (太字、斜体、下線) など)。既定では、このコントロールの直接の親コンテナーのフォント ファミリが継承されます。その場合、フォントに「Inherited」と表示されます。

  • マージン - コントロールのマージンです。既定では 4px のマージンが設定されています。[上/下] および [左/右] のプロパティがそれぞれ組み合わされています。これらのプロパティの組み合わせは、[マージン] セクションの右側にある [リンク] ボタンをクリックして解除できます。
  • サイズ - コントロールの幅と高さです。既定では、サイズは [auto] に設定されています。最小値または最大値を設定するには、3 点リーダー メニューのアイコン (...) をクリックします。

[ファイル アップローダー] を使用する

この例では、[ファイル アップローダー] でストレージ バケットとエンティティのファイル フィールドを使用する方法について説明します。

  1. アプリでストレージ バケットと、ファイル フィールドを持つ Data Service エンティティを追加します。
  2. [ファイル アップローダー][ボタン] コントロールを追加します。
  3. AppsFile 型の変数を作成し、「SB_file_var」という名前を付けます。この変数を使用して、ストレージ バケットからダウンロードしたファイルを格納します。
  4. [ストレージ バケットへファイルをアップロード] ルールを、[ボタン] コントロールの [クリック時] イベントに追加します。
    1. [アップロードするファイル] フィールドで、[ファイル アップローダー] コントロールでアップロードされるファイルを次のように参照します。
      MainPage.FileUploader.ValueMainPage.FileUploader.Value
    2. [ストレージ バケット] フィールドで、アプリに追加されている Orchestrator のストレージ バケットを参照します。
    3. 必要に応じて、[完了時] フィールドに [メッセージを表示] ルールを追加して、アップロードが正常に完了したことが通知されるようにできます。
  5. [ストレージ バケットからファイルをダウンロード] ルールを、[ボタン] コントロールの [クリック時] イベントに追加します。
    1. [ストレージ バケット] フィールドで、アプリに追加されている Orchestrator のストレージ バケットを参照します。
    2. [ファイルの名前 (拡張子を含む)] フィールドに、ユーザーがダウンロードするファイルの名前を入力します。
    3. [アプリの変数にファイルを割り当てる] で、作成済みの変数「SB_file_var」を参照します。
    4. 必要に応じて、[完了時] フィールドに [メッセージを表示] ルールを追加して、ダウンロードが正常に完了したことが通知されるようにできます。
  6. [ラベル] コントロールをアプリに追加します。
    1. コントロールの [テキスト] フィールドで、ダウンロードされるファイルの名前を次のように参照します。
      SB_file_var.NameSB_file_var.Name

      - "SB_file_var" は、ダウンロードしたファイルに関するデータの格納に使用する変数です。

  7. アプリを実行し、[ファイル アップローダー] コントロールを使用してファイルをアップロードします。ボタンをクリックします。

アップロード/ダウンロードが正常に完了したことを示すメッセージが画面の上部に表示されます。Orchestrator のストレージ バケットを確認します。[ファイル アップローダー] コントロールを使用してアップロードしたファイルが表示されます。

同時に、[ストレージ バケットからファイルをダウンロード] ルールで指定したファイルをローカル デバイスにダウンロードしてそのファイルのデータを変数に保存したときに使用したボタンをクリックします。[ラベル] コントロールに、ダウンロードしたファイルの名前が表示されます。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.