通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

IFrame

IFrame コントロールを使用すると、他のアプリケーションを UiPath Apps に組み込むことができます。すべての機能を Apps 内で再ビルドする必要がなくなり、特定の機能の再利用性が向上します。

全般

  • ソース - IFrame コントロールのソースです。
  • Hidden - If selected, hides the control in the runtime.
  • 無効化 - 選択すると、実行時にコントロールが無効化されます。

イベント (Events)

イベントはありません。

スタイル

  • コントロールの配置 - 既定では、親の配置を継承します。親とは異なる配置を設定することもできます。既定で親の配置を適用する場合は、選択されている配置アイコンを切り替えて、特定の配置設定をオフにします。注: 配置は親のレイアウト (縦方向/横方向) によって異なります。
  • 枠線 - コントロールの枠線を設定します。枠線の太さ、色、および角の半径を設定できます。
  • マージン - コントロールのマージンを設定します。既定では 4px のマージンが設定されています。[上/下] および [左/右] のプロパティがそれぞれ組み合わされています。これらのプロパティの組み合わせは、[マージン] セクションの見出しの右側にあるリンク解除のアイコンをクリックして解除できます。
  • サイズ - このセクションではボタンの幅と高さを設定できます。既定では、サイズは [auto] に設定されています。幅/高さの最小サイズと最大サイズは、[サイズ] セクションの (...) アイコンをクリックして設定できます。

11 か月前に更新

IFrame


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。