通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

はじめに

概要

SAP Solution Manager 7.2 SP08 以降のバージョンが UiPath のツールセットとの連携に対応しています。この連携により、自動化されたテスト ケースを、SAP および SAP 以外のアプリケーションを含めて、全社規模で作成できます。SAP のユーザーは、テスト ケースの実行や複雑なテスト データの交換が可能であり、オートメーション プロジェクト用の TBOM 記録機能を備えた業務プロセス変更アナライザーの機能を確実に使用できます。さらに、統合ビューで正確なレポートにアクセスすることもできます。

プロセス フロー チャート

次のフロー チャートは、UiPath と SAP Solution Manager との連携を示したものです。

プロセス フロー チャートには、次のコンポーネントが含まれます。

  • Test Manager Hub: UiPath と SAP の全コンポーネントを結びつけるハブとして機能します。
  • Test Manager: テストの実行、ログの収集、SAP Solution Manager へのテスト データの転送を保証します。
  • Orchestrator: テスト ケースの実行を管理します。
  • ロボット: テストを実行します。ロボットは SAP WinGUI に接続し、SUT (例: SAP S/4HANA) を自動化します。

フローは次のような手順で実行されます。

  1. SAP Solution Manager から UiPath Studio へのテスト ケースの作成
  2. Orchestrator へのテスト ケースのパブリッシュ
  3. Test Manager によるテスト ケースの実行
  4. 実行されたテストが Orchestrator により管理され、ロボットにより実行
  5. Orchestrator から Test Manager さらに SAP Solution Manager への結果の転送
  6. オートメーション プロジェクト用の TBOM 記録機能を備えた業務プロセス変更アナライザー

9 か月前に更新



はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。