通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

テスト結果を分析する

概要


To view test executions, open Test Results in Test Manager. The execution of each test is listed as a test execution entry. To understand how the test executions work behind the scenes, see Test Results.

955

テスト実行を分析することで、以下の操作を行えます。

  • Orchestrator で手動または自動で実行したテストの結果を検索する。
  • テスト実行の進行状況を確認する。
  • 実行されたテスト セットを開きます。
  • ログと添付ファイルを調べる。
  • Create defects in your defect management system directly from Test Manager, if you have an Application Lifecycle Management tool integration. For more information, see ALM Tool Integration.

既定では、テスト実行は実行が終了した日付に基づいて並べ替えられます。現在実行中および保留中のテスト実行は、先頭に表示されます。

各テスト実行のステータスは、ステータスごとに割り当てられた次の色によって識別できます。

  • : 成功したテスト ケース
  • : 失敗したテスト ケース
  • : 最終的な結果のないテスト ケース (まだ実行されてはいないが、現在実行中のテスト セットの一部であるものなど)

自動化されたテストの結果


自動化されたテスト実行の結果は、Orchestrator から自動的にインポートされます。自動化されたテストを Test Manager にインポートするには、以下の条件を満たす必要があります。

📘

Orchestrator からのテスト実行に、Test Manager の複数のプロジェクトからのテスト ケースの結果が保持されている場合、Test Manager 内ではテスト実行が分割されます。結果は、テスト ケースが存在していたプロジェクトごとに表示されます。

ナビゲーションと検索


テスト結果をすばやく見つけるには、検索機能とフィルターを使用します。ページ内の移動には、ページネーション機能を設定・使用します。または、階層リンクを使用してページ間を移動することもできます。

  1. フィルター - フィルターで検索対象を絞り込むことができます。たとえば、テスト結果を実行の種類、実行が完了した日時、またはステータスで検索できます。適用したフィルターは自動的に保存され、クリアされるまでアクティブな状態に保たれます。
  2. 検索 - テスト結果をキー、実行の種類、またはステータス (検索用語は完全に一致する必要があります) で検索するには、検索バーを使用します。ページ上部の検索バーを使用してテスト結果を検索できます。

テスト実行結果を使用する


テスト実行の詳細な結果を確認するには [テスト結果] に移動し、エントリをクリックして詳細ビューを開きます。一般的なテスト実行の詳細ビューには、実行開始日時と期間に関する情報および実行ログが表示されます。

[報告日] フィルターを使用して、テスト実行のすべての結果に 1 つの日付を設定できます。この機能は、一部のテスト ケースが夜 12 時前後に実行されるような夜間のテスト実行を行う場合に便利です。この機能を使用しないと、レポート内で結果が複数の異なる日付に分かれて表示されます。

[結果] セクションでは、テスト セット内で実行されたすべてのテスト ケースを確認できます。個々のテスト ケースに応じた操作を実行できます。詳しくは、「実行ログ」をご覧ください。

また、[テスト セット] ページのエントリを右クリックして [テスト セットを開く] を選択するか、テスト実行内から直接、実行されたテスト セットを開くこともできます。

947

実行ログ


テスト レポートの一部として、実行の詳細 (データ バリエーションやスクリーンショットなど)、失敗したアサーションと成功したアサーション、実行イベントの詳細ログなどの情報が実行ログに保持されます。

テスト ケース ログを開くには [テスト結果] に移動し、テスト実行を開いてテスト ケースのキーをクリックします。

947

以下の表に、テスト ケースの実行時に収集される情報を示します。

Test execution reportingDescription
AssertionsView failed or passed assertions (e.g.,Verify expression activity), and associated screenshots if any were taken during test case execution.

To make sure that Orchestrator takes screenshots during executions, check for Test Case Execution Artifacts permissions.
LogsView INFO level logs as part of the RobotLogs, with information about processes, execution robot, and event logs.
Execution detailsView argument details such as input and output values, as well as execution and robot details (e.g., project, machine, robot).
Affected requirementsView the requirements that are assigned to the test case that has been executed. You can use this tab to go directly to the affected requirement.

結果から不具合を作成する


お使いの外部の不具合管理システムを Test Manager と連携している場合、実行ログを含む不具合レポートを外部の不具合管理システムに作成できます。詳しくは、「ALM ツールとの連携」をご覧ください。

実行ログから不具合を作成するには、テスト ケース ログを開き [タスク] をクリックして [不具合を作成] を選択します。不具合が作成されたら、実行ログのリンクを使用して連携されている外部ツールにアクセスできます。

関連記事


24 日前に更新



テスト結果を分析する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。