Process Mining
2022.10
Setting up a SQL Server Account for Data Upload Using an Extractor - Automation Suite 2022.10
Banner background image
ロゴ
Process Mining
最終更新日 2023年12月19日

抽出器を使用してデータをアップロードするための SQL Server アカウントを設定する

はじめに

SQL Server データベースへの宛先の接続を設定して、オンプレミスの Process Mining (Automation Suite) にデータをアップロードするには、プロセス アプリに対する適切なアクセス権限を持つデータベース ユーザーが必要です。

認証方法

SQL Server を抽出ツールの宛先の接続として使用する場合、次の認証方法を使用できます。

認証方法

説明

SQL Server 認証

対象のデータベースの SQL Server ユーザー。

Windows 認証

SQL データベースにアクセスできる Windows ユーザー。

以下の画像でご確認ください。



認証方法について詳しくは、Microsoft の公式ドキュメントをご覧ください。

SQL Server 認証と Windows 認証はどちらも、抽出ツールを使用して Process Mining プロセス アプリにデータを読み込むための認証方法としてサポートされています。ただし、Windows 認証を使用するには追加の操作が必要です。以下の「Windows 認証」をご覧ください。

データベース ユーザー

データベース ユーザーには、SQL Server データベース内の対応する Process Mining プロセス アプリのアプリ スキーマに書き込むためのアクセス権限が必要です。アプリ スキーマは、新しい Process Mining プロセス アプリを作成する際に、「抽出器を使用してデータをアップロードする」の手順で提供されます。以下の画像に例を示します。



アクセスは、次の方法で設定できます。

  • すべてのプロセス アプリ スキーマにアクセスできる 1 人のユーザー
  • 特定のプロセス アプリ スキーマにアクセスできる 1 人以上のユーザー

すべてのプロセス アプリ スキーマにアクセスできる 1 人のユーザー

Process Mining SQL Server データベースにデータを読み込むために、1 人のデータベース ユーザーが設定されます。このデータベース ユーザーには、すべての Process Mining アプリ スキーマにアクセスするためのアクセス権限が付与されます。また、これらのアプリ スキーマ内のテーブルを追加または削除する権限が必要です。これにより、すべての Process Mining プロセス アプリにデータを読み込む際に、このユーザーを使用できます。Process Mining の新しいプロセス アプリを作成する際に、このデータベース ユーザーに追加のアクセス権限を設定する必要はありません。

以下に、データベース ユーザーが Process Mining AutomationSuite_ProcessMining_Warehouse データベースに対して必要とする権限の概要を示します。

アクセス許可

付与される権限

db_datareader

データベース内のすべてのテーブルに対する読み取りアクセス権。

db_datawriter

データベース内のすべてのテーブルに対する書き込みアクセス権。

db_ddladmin

データベース内のすべてのテーブルに対する更新アクセス権。

注: または、ユーザー権限を制限する場合は、ユーザーをすべてのアプリ スキーマに個別に追加することもできます。

特定のプロセス アプリ スキーマにアクセスできる 1 人以上のユーザー

Process Mining SQL Server データベースにデータを読み込むために、1 人または複数のデータベース ユーザーが設定されます。各データベース ユーザーには、1 つ以上の Process Mining プロセス アプリの特定のアプリ スキーマに書き込むアクセス権が付与されます。新しい Process Mining プロセス アプリを作成する際に、対応するアプリ スキーマにアクセスするためのデータベース ロールが SQL Server 内に自動的に生成されます。新しいプロセス アプリへのデータのアップロードが許可されたデータベース ユーザーに、プロセス アプリの正しいアプリ スキーマに書き込むためのアプリ固有のロールを割り当てる必要があります。

CData Sync の Windows 認証

Windows 認証を使用する場合、CData Sync は、CData Sync インスタンスを開始した Windows ユーザーをデータベース ユーザーとして使用します。つまり、CData Sync インスタンスが使用できる Windows ユーザー アカウントは 1 つだけです。複数の Windows ユーザーが必要な場合は、Windows ユーザーごとに異なる専用の CData インストールを用意し、CData Sync を異なる Windows ユーザーで実行できるようにする必要があります。

Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.