Process Mining
2022.10
バナーの背景画像
Process Mining
最終更新日 2024年3月11日

Process Mining のトラブルシューティングとよくある質問

はじめに

この「トラブルシューティング」のページの目的は、UiPath Process Mining の使用時によく直面する問題や質問のナレッジ ベースを提供することです。起こり得る問題すべてを網羅したリストではなく、最も一般的な問題についてガイダンスを提供することを目的としています。このページに記載されていない問題が発生した場合は、UiPath テクニカル サポートまでお気軽にお問い合わせください。

メッセージ: 応答の HTTP ステータス コードが不適切です (500)

サンプル データを使用して新しいプロセス アプリを作成する際に、次のエラー メッセージが表示されることがあります。



考えられる原因

SQL Server のパスワードが変更されています。「Microsoft SQL Server を構成する」をご覧ください。

解決策

SQL Server の資格情報を変更した場合は、Automation Suite を更新します。

メッセージ: [エラー番号 2] このようなファイルまたはディレクトリはありません: '/dbt/json/workflows/execdbt//target/4212eba4-1edc-4b9c-9c04-1d59c2bfe0af/run_results.json'

docs image

考えられる原因

zip の操作を誤ったため、アップロードした変換パッケージの内容が間違っています。

解決策

変換を含む .zip ファイルの内容が正しいことを確認してください。

考えられる原因

Kerberos 設定が Automation Suite へのログインに使用されていて、SQL 認証には使用されていません。SQL 認証に SQL 統合認証の設定を使用するかどうかは、enableSqlIntegratedAuth 構成フラグで指定されています。enableSqlIntegratedAuth 構成フラグが true に設定されている場合、Kerberos 設定は認証に使用されません。この問題を解決するには、enableSqlIntegratedAuth 構成フラグを false に設定して SQL 統合認証を無効化し、Kerberos 設定が認証に使用されるようにする必要があります。

考えられる解決策

enableSqlIntegratedAuth フラグを false に設定するには、以下の手順に従います。
  1. ArgoCD の検索バーに「Airflow」と入力して、カードを開きます。

  2. [APP DETAILS] を選択して [Details] タブに移動します。

  3. [VALUES] を編集して、フラグ enableSqlIntegratedAuthfalse に設定します。[SAVE] を選択します。
    docs image
  4. [SYNC POLICY] セクションを探し、Airflow アプリに対して [AUTOMATED][DISABLE AUTO-SYNC] に設定し、構成フラグ enableSqlIntegratedAuthtrue に戻らないようにします。
    docs image

メッセージ: 次のエラーが原因でファイルのアップロードが失敗しました: ネットワーク エラー。

.csv または .tsv ファイルを使用してデータをアップロードすると、次のようなエラー メッセージが発生することがあります。
docs image

考えられる原因

HTTPS 証明書が正しくない、または見つかりません。

解決策

BLOB ストアで使用される HTTPS 証明書は、お使いのブラウザーで有効である必要があります。エラーを確認し、適切な証明書を取得するようにします。

1. Process Mining ポータルに移動して F12 キーを押し、開発者ツールを開きます。

[コンソール][ネットワーク] のタブで ERR: CERT_AUTHORITY_INVALID というエラーが発生していることを確認します。これは、HTTPS 証明書の信頼性に関するエラーです。以下の画像で例をご確認ください。
docs image
2. IT 部門に問い合わせて、エラーに記載されている機関の証明書チェーンをインストールし、このシステムを使用するすべてのユーザーに対して、証明書チェーンをオペレーティング システムの信頼された証明書ストアに追加するよう依頼します。例: pmcprddatawesa.blob.core.windows.net

Message: utf-8 codec can't decode byte <byte> in position <position>: Invalid start byte

取り込みログに以下のようなメッセージが表示されます。
docs image

考えられる原因

アップロードした 1 つ以上の入力ファイルに、予期しないエンコードが含まれています。

解決策

Set the encoding to UTF-8 and set CR/LF end of line characters (Windows style).

これらの設定はファイル エディターで変更できます。例: Notepad++。

1. Notepad++ でデータソース ファイルを開きます。

2. [Edit] > [EOL Conversion] に移動し、[Windows CR LF] を選択します。

3. [Encoding] に移動し、[Convert to UTF-8] を選択します。

4. ファイルを保存します。

接続エラー: The TCP/IP connection to the host <host>, port <port> has failed.

CData Sync で SQL Server の宛先接続を設定すると、次のメッセージが表示されます。
docs image

考えられる原因

CData Sync の SQL Server への接続で問題が発生しています。

解決策

  • SQL Server 構成マネージャーを開きます。

  • Check the TCP Port number.

  • ポートの TCP/IP[有効] に設定されているかどうか確認します。 以下の画像で例をご確認ください。
    docs image

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.