Apps (アプリ)
2022.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps User Guide for Automation Suite
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

[中間結果を送信] アクティビティ

UiPath Studio アクティビティを使用するには、以下の環境を設定する必要があります。

  • UiPath Studio v2022.4 以降、UiPath Robot v2020.10 以降を使用する
  • UiPath Studio の [パッケージを管理] メニューから UiPath.WorkflowEvents.Activities パッケージをインストール済み
    注: [中間結果を送信] アクティビティを使用すると、プロセスの出力引数の中間ステートを表示できます。プロセスの中間結果 (IPR) の出力にバインドするコントロールは、プロセスの実行中に複数回更新される可能性があります。このため、入力コントロールを使用した場合、バインドしたコントロール内のデータを変更しないことをお勧めします。UiPath Apps が次の IPR の結果を受け取った後、プロセスが終了すると、変更されたデータが失われるためです。

このアクティビティを使用して、ワークフローの実行中に特定の出力値を表示できます。

このアクティビティを使用するには、UiPath Studio を開き、[中間結果を送信] アクティビティを RPA ワークフローにドラッグ アンド ドロップして、[引数名] フィールドと [引数値] フィールドを入力します。

たとえば、「進行状況バー」ページを確認します。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.