AI Center
最新
バナーの背景画像
AI Center
最終更新日 2024年4月15日

2022 年

このセクションでは、UiPath AI Center のクラウド インスタンスの 2022 年のリリース ノートを掲載しています。

更新が利用可能になるタイミング

Automation Cloud™ および Automation Cloud 内でサービスとして利用可能な製品の場合、リリース ノートで公開する更新内容は組織やテナントのリージョンに応じて段階的に利用可能になります。

そのため、更新内容が利用できるタイミングはユーザーによって異なります。

リリース ノートで変更が最初に告知される日付は、その機能が最初に利用可能になる日付です。ご自身の環境で変更がまだ確認できなくても、すぐに確認できるようになります。

最初のリリース: 更新内容は、リリース ノートの公開と同時にまずシンガポール リージョンで利用可能になります。

Enterprise リリース: Enterprise または Enterprise 無料トライアル ユーザーの場合は、公開日の翌日以降に更新内容が利用可能になります。各ユーザーのホスティング リージョンで変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なります。

Enterprise リリースの公開や、他のリージョンでの公開のタイミングであらためて告知を行うことはありません。

:

リリース ノートの日付

シンガポール リージョンでの公開日

その他のリージョンの公開日

2022 年 7 月 14 日

2022 年 7 月 14 日

2022 年 7 月 15 日以降

遅延更新組織

この機能は、Advanced Tier ライセンスを持つ企業ユーザーが利用できます。

詳細については、UiPath のセールス チームにお問い合わせください。

ユーザーの組織が遅延更新リージョンでホストされている場合、Automation Cloud とそのサービスが、上記ルールの対象となる他のエンタープライズ組織にデプロイされた少なくとも 2 週間後に、ユーザーのリージョンでも利用可能になります。

各ユーザーのホスティング リージョンの遅延更新組織で変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なり、14 日よりわずかに長くかかる可能性があります。

通常のエンタープライズ組織を実稼働前環境として更新のテストに使用し、遅延更新組織を運用環境として使用できます。エンタープライズ組織で更新内容が利用可能になってから約 2 週間後に遅延更新組織にも変更が反映されます。

Automation Cloud のステータス

AI Center サービスを含む、すべての Automation Cloud サービスの稼働時間、定期メンテナンス期間、またはインシデントの最新情報については、ステータス ページをご覧ください。

  • 更新が利用可能になるタイミング
  • 遅延更新組織
  • Automation Cloud のステータス

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.