通知を受け取る

UiPath Automation Cloud™

UiPath Automation Cloud™ ガイド

Automation Cloud と UiPath のクラウド サービスの現在のステータスの詳細については、「 ステータス 」ページをご覧ください。

外部アプリケーションの認可について

外部アプリケーション、つまり UiPath プラットフォームの外部のアプリケーションの登録は、資格情報まで共有する必要なく UiPath リソースを共有するための手段です。代わりに OAuth フレームワークを使用することで、UiPath の認可を外部アプリケーションに委任できます。

サードパーティーのアプリケーションを登録し、それらが Cloud Portal を通じて認可を取得し、UiPath リソースへのアクセス権を得られるようにします。登録が完了すると、これらのアプリケーションは、登録スコープに含まれたリソースにアクセスするために、UiPath アプリケーションへの API 呼び出しを実行します。

サポートされるアプリケーションの種類とアクセス スコープ


以下のアプリケーションを登録できます。

  • 機密アプリケーション: 登録後に生成されるアプリケーション シークレットを安全に保存できるアプリケーションです (例: Web アプリケーション、サービス間 (S2S) アプリケーション)。
  • 非機密アプリケーション: 安全な保存を保証できないためにアプリケーション シークレットが作成されないアプリケーションです (例: デスクトップまたはネイティブのモバイル アプリケーション)。

The allowed authorization grant type is different depending on the type of the application. Because of this, you can register confidential applications with different scopes: user, application, or both. But non-confidential applications can only send requests for user scope, meaning that a user must log in to authorize the request for the application.

利用可能な UiPath リソース


登録された外部アプリケーションには、UiPath アプリケーションの API を通じて 1 つまたは複数の UiPath リソースにアクセスする権限が付与されます。

次の API を使用できます。

外部アプリケーション認可の 3 つの部分


There are three parts to set up so that an external application can access your UiPath resources over OAuth:

StepWhoWhatDetails
1Organization administratorRegister an external application in Automation CloudManaging External Applications
2Orchestrator administratorConfiguring fine-grained permissions in OrchestratorConfiguring Fine-Grained Permissions in Orchestrator
3DeveloperSet up the external application to use the appropriate grant type to access your UiPath resourcesAccessing UiPath Resources Using External Applications

23 日前に更新


外部アプリケーションの認可について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。