通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

チョイス セットを使用する

概要


Before starting this example, make sure that you have the proper permissions from Data Service. For more information, check the Data Service - Managing Access page.
この例では、以下のフィールドを持つ、Fauna というエンティティを使用します。

  • Animals - タイプ [チョイス セット]、複数選択は許可されていません
  • Continent - タイプ [チョイス セット]、複数選択が許可されています
  • Endangered - タイプ [チョイス セット]、複数選択は許可されていません

手順


  1. 既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。
  2. アプリに使用するエンティティを追加します。その方法について詳しくは、「[アプリ内でエンティティを参照する](https://docs.uipath.com/apps/lang-ja/lang-ja/docs/referencing-an-entity-in-your-app)」をご覧ください。
  3. [リスト] コントロールを追加し、次のように設定します。
    • この例では、[リストのソース] フィールドにあるエンティティの [Fauna.Animals] フィールドを参照します。
    • この例では、[選択した値のバインド] フィールドにあるエンティティの [Animals.SelectedValue] フィールドを参照します。
  4. [複数選択ドロップダウン] コントロールを追加し、次のように設定します。
    • この例では、コントロールの [リストのソース] フィールドにあるエンティティの [Fauna.Continent] フィールドを参照します。
    • この例では、コントロールの [選択した値のバインド] フィールドにあるエンティティの [Continent.SelectedValues] フィールドを参照します。
    • この例では、[ラベル] フィールドに [Continent:] を追加します。
  5. [ラジオ ボタン] コントロールを追加し、次のように設定します。
    • この例では、コントロールの [選択した値のバインド] フィールドにあるエンティティの [Endangered.SelectedValue] フィールドを参照します。
    • この例では、[ラベル] フィールドに [Endangered:] を追加します。

📘

ヒント:

SelectedValue として記述されているプロパティもあれば、SelectedValues として記述されているプロパティもあることに注意してください。
[複数選択を許可] プロパティがオンになっている [チョイス セット] フィールドは SelectedValues と表示され、このオプションがアクティブ化されていないものは SelectedValue と表示されます。

手順の結果


アプリをプレビューしながら、リストから複数の動物を選択し、ドロップダウンから大陸を選択することができます。
また、ラジオ ボタンを使用して絶滅の危機に瀕している動物をマークすることもできます。

10661066

5 か月前に更新

チョイス セットを使用する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。