通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

式について

はじめに

📘

ヒント:

式の動作について理解を深めるには、「使い方」セクションの「式を使用する」をご覧ください。

式はいくつかの演算子で構成されており、アプリ内のデータを変換、変更、計算してその出力結果を返すことができます。式は以下のような複数のシナリオで使用できます。

  • 変数、プロセス出力、およびその他のコントロール値にリソース パネルからバインドする。
  • & 記号を使用して文字列を連結する。
  • 比較演算を行う。
  • 比較演算子内に論理演算子を作成する。
  • 比較演算子に追加された If 関数を使用してコントロール値を設定する。
  • 式を利用して算術演算を行う。
  • "文字列"、true/false、123 などの静的データ、または文字列リストなどのプリミティブの静的リストを宣言する。
  • 非表示、無効、フォント/背景色のプロパティを制御する。
  • 別のコントロールから、選択したレコードまたはレコード上のフィールドを参照する。

式を設定する

以下の演算を使用して式を設定できます。

  • 関数
  • 名前付き演算子

関数

The following functions are made available for Apps:

FunctionDescription
And, Or, NotThe And function returns true if all arguments are true.
The Or function returns true if any of the arguments are true.
The Not function returns true if its arguments is false, and returns false if its argument is true.
ConcatCombines multiple strings into a single string
ContainsReturns true if a string contains a text fragment.
EndsWithReturns true if a string ends with a text fragment.
IfReturns one value if a condition is true and another value if not.
IsBlankChecks for a blank value.
LengthReturns the length of a text string.
StartsWithReturns true if a string starts with a text fragment.

演算子

Apps の式は、関数だけでなく、算術演算子と条件演算子もサポートしています。サポートされている演算子については、以下の表をご覧ください。

CategoryOperator
Additive expression+, -
Atomic expression(), Literal, Variable, Functions
Comparison expression<, <=, >, >=, in
Concatenation expression&
Equality expression==, !=
Exponentiation expression^
Logical expression&&, and, AND, | |, or, OR
Multiplicative expression*, /, %
Unary expression!, not, NOT, unary +, unary -

式を使用できる場所

式は以下に対して使用できます。

  • コントロール
  • ルール

コントロール

以下のコントロールとその表示値における、非表示のプロパティおよび無効化されたプロパティについて、式が有効化されます。

  • ボタン - テキスト (アイコンは未サポート)
  • チェックボックス - ラベル、チェック済み
  • 日付の選択 - ヒント テキスト
  • ドロップダウン - ヒント テキスト、既定値を選択済み
  • スイッチ - ラベル、オン
  • テキスト領域 - 既定のテキスト、ヒント テキスト
  • テキストボックス - 既定のテキスト、ヒント テキスト
  • ラベル - テキスト
  • ヘッダー - テキスト
  • 画像 - URL

📘

注:

コントロールのプロパティに式を使用する場合、式が依存するいずれかの値が変更されると、実行時に式が再度評価されます。

ルール

ルールは、条件ロジックを有効化するために使用します。以下のルールで式を使用できます。

  • If - 比較、グループ
  • URL を開く - URL
  • メッセージを表示 - タイトル、メッセージ
  • スピナーを表示/非表示 - メッセージ
  • プロセスを開始 - 入力の上書き
  • 値を設定 - 値

📘

注:

ルール内で式を使用すると、式が継続的に再評価されることはなく、ルールがトリガーされたときにのみ再評価されます。

11 か月前に更新


式について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。