通知を受け取る

UiPath Test Suite

UiPath Test Suite

Azure DevOps

概要


Azure DevOps を Test Manager と連携させることで、テスト管理作業、アジャイル計画、不具合追跡に対応できるようになります。この連携により、作業項目を Test Manager に同期できます。

Test Manager インスタンスを Azure DevOps プロジェクトに接続するには、以下の手順を実行します。
Step 1: Create a Project in Azure DevOps
Step 2: Configure an Azure DevOps Connection

前提条件


Azure DevOps にプロジェクトを作成する


  1. Azure DevOps にログインします。
  2. [Create new project] をクリックして、プロジェクトの設定を構成します。
    • Project name: プロジェクトの名前を入力します。
    • Description: 各プロジェクトの用途を簡単に把握できるように説明を入力します。
    • Version control: バージョン管理を選択します。
    • Work item process: ドロップダウンから既定のプロセスとして、開発やテスト アクティビティなどのアジャイル計画法をサポートする、[Agile] を選択します。
  3. [Create] をクリックします。
    プロジェクトがコレクションに追加されます。
1005

Azure DevOps 接続を設定する


  1. Test Manager に管理者としてログインします。
  2. プロジェクトを開きます。
  3. [プロジェクト設定] > [連携] に移動します。
  4. [新しい接続] をクリックして、ドロップダウンから [Azure DevOps] を選択します。
  5. 次の接続設定を構成します。
    • 名前: Azure DevOps 接続の名前を入力します。
    • 説明 (任意): 参考になる説明を入力します。
    • サーバー URL: Azure DevOps サーバーの URL を入力します。例: https://company-name-serverRegion.cloudapp.azure.com
    • 個人用アクセス トークン: Test Manager によるアクションの実行を許可するために、個人用アクセス トークン (PAT) を作成してこのフィールドに貼り付けます。詳細については、「個人用アクセス トークンを使用する」をご覧ください。
    • 不具合の種類: Azure DevOps でバグの報告に使用するオブジェクトの種類を入力します。不具合の連携を使用しない場合は、空欄のままにします。
      不具合の種類は、新規作成した Azure DevOps プロジェクト用に選択したオブジェクトの種類に基づいて入力します。例: Bug または Issue
    • プロジェクト名: Azure DevOps のプロジェクト名を入力します。
564
  1. 接続をクリックしてパネルを展開し、後で必要になる [API キー] をコピーします。
  2. Azure DevOps でプロジェクトを開き、[Project settings] に移動します。
  3. [Extensions][UiPath Test Manager] に移動します。
  4. 以下の拡張設定を構成します。
    • Requirement Types: テストを割り当てるオブジェクトの種類を選択します。これらは、Test Manager に要件として表示されます。詳細については、「要件」をご覧ください。
    • Server URL: Test Manager の URL を入力します。
    • API: API キーを貼り付けます。
    • Manage Tests with Azure DevOps: テストを Azure DevOps で管理する場合は、このオプションを選択します。それ以外の場合は、このオプションをオフのままにして、テストを Test Manager で管理します。
  5. [保存] をクリックします。
629

Azure DevOps と連携して作業する


連携の動作については、以下の方法で試してみてください。

作業項目を同期する

Azure DevOps で作業項目 (エピックなど) を作成し、それらを Test Manager と同期できます。作業項目は [要件] ページに表示されます。

  1. Azure DevOps にログインしてプロジェクトを開きます。
  2. プラス アイコン (add) をクリックして、ドロップダウンから [New work item] を選択します。
  3. 作業項目を設定した後、[Save & Close] をクリックします。詳細については、「作業項目の追加と更新」をご覧ください。
  4. Test Manager にログインして [要件] に移動すると、同期された作業項目が表示されます。ページを更新するには、階層リンク要素 [要件] をクリックします。

📘

連携前に作成された作業項目を同期するには、個々の項目を開き、[Actions] ボタン add をクリックして、ドロップダウンから [Push to Test Manager] を選択します。

Azure DevOps でテストを管理する

You can use UiPath Test Suite for test automation and Azure DevOps for test management. To use both solutions together, first you need to select Manage Tests with Azure DevOps in the integration configuration. For more information, see Configure an Azure DevOps Connection.

Now, you can manage the tests by pushing test cases from Azure DevOps to Test Manager. In other words, any Azure work item of type Test Case is going to be pushed to Test Manager. Make sure to add test cases to your Azure test plans, as this is where the results are going to be pushed to. For more information, see Create test plans and test suites.

Following this synchronization, you can automate the test cases through Studio. Subsequently, if you execute your test cases using Orchestrator, the results are pushed to your Azure the test plans.

Azure DevOps 接続を管理する


以下に、Azure DevOps 接続を管理するために実行できるアクションのリストを示します。

ActionDescriptionProcedure
EditEdit your connection settings.1. Log in to the Test Manager as an administrator.
2. Open your project.
3. Click the Settings button to open Project Settings.
4. In the Integration list, click an Azure DevOps connection to expand the panel.
5. Click Edit to configure the connection.
6. Click Save to confirm.
DeleteDelete the selected connection and its associated requirements.1. Log in to the Test Manager as an administrator.
2. Open your project.
3. Click the Settings button to open Project Settings.
4. In the Integration list, click an Azure DevOps connection to expand the panel.
5. Click Delete to remove the connection.
6. Click Ok to confirm.

関連記事


不具合の同期

約 1 か月前に更新


Azure DevOps


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。