通知を受け取る

概要

プロダクト ライフサイクル サポート条項

The Product Lifecycle describes the support periods for UiPath on-premise products. You can use this information to track how long a particular version of a product is supported, to schedule your software installation or upgrades, and benefit from continuous support.

This Policy is a part of, and must be read together with, the Support and SLA Policy available here. For an easier read, we avoid using too many capitalized terms in our technical documentation, so if this Policy refers to software, products, customer, or documentation, the definitions in the Support and SLA Policy or in your licensing agreement with UiPath apply. If you do see capitalized items, refer back to the said Support and SLA Policy or licensing agreement. Also, you are the customer, as defined by our legal documents.

お客様にご理解いただきたい点を以下に記載します。

  • 製品サポートを受けるには、サポートされているメジャー バージョンのうち、公開済みの最新バージョンをインストールし使用する必要があります。
  • サポートされているメジャー バージョンの更新は累積的なものであり、各更新は、それ以前のすべての更新を含みます。
  • UiPath は、UiPath のドキュメントに記載されている場合を除き、製品の前方互換性を保証しません。
  • UiPath は、UiPath オンプレミス製品の 1 つ前のリリースまで、過去のバージョンとの後方互換性を保証します。重大な変更がある場合は、UiPath のドキュメントで公開される相互運用性マトリクスに反映されます。現 LTS と 1 つ前の LTS との後方互換性が保証できない場合は、 UiPath はお客様のバージョン移行プロセスを支援する場合があります。
  • UiPath はすべての更新がどの端末においても動作することを保証していません。例えば、国、地域、ネットワークの接続性、又はハードウェアの性能などの条件によって、更新を利用できない場合や適用できない場合があります。
  • メジャー バージョンのローカライズ版、マイナー更新ならびに接続ソフトウェア (例: SDK、コネクタ) のサポートは、メジャー バージョンのサポートの終了と同時に終了します。
  • データベース変更を含む修正については、リリースされた最新バージョンに対してのみ実施されます。

UiPath のサポート期間

For detailed information on supported version for each product, see Product lifecycle.

一般提供版 (General Availability) のサポート

UiPath は、UiPath オンプレミス製品についてファスト トラック サポート (FTS)ロング ターム サポート (LTS) の 2 種類のサポートを提供しています。

Support typeMainstream supportExtended support
FTS6 months from the release date6 months from the end of Mainstream support
LTS24 months from the release date12 months from the end of Mainstream support

FTS バージョンおよび LTS バージョンはそれぞれ、上の表に基づきメインストリーム サポートおよび延長サポートを受けることができます。
v2022.4 以降のリリースでは、すべてのバージョンが LTS サポートの対象となります。オンプレミス版のすべてのエンタープライズ リリースに対して 2 年間のメインストリーム サポートと 1 年間の延長サポートが適用されます。

メインストリーム サポート

製品が完全にサポートされます。UiPath はお客様に対してインシデント サポート、バグの修正/回避策、セキュリティ更新、サービス リクエストへの応答を提供します。お客様が継続的に完全なサポートを受けるには、お客様はメインストリーム サポート期間が終了する時点で、メインストリーム サポートが有効なバージョンに更新する必要があります。

延長サポート

製品は部分的にのみサポートされます。UiPath はお客様に対して商業的に合理的な範囲で、インシデント サポートや重要なセキュリティ修正を実施します。テクニカル サポートのトラブルシューティングでは、メインストリーム サポートが有効なバージョンへの更新を推奨する場合があります。お客様が継続的に完全なサポートを受けるには、お客様は延長サポート期間が終了する時点で、メインストリーム サポートまたは延長サポートが有効なバージョンに更新する必要があります。

サポート対象外

UiPath はいかなる種類のサポートも提供しません。サポートを受けるには、お客様はメインストリーム サポートまたは延長サポートが有効なバージョンにアップグレードする必要があります。
To check the list of out of support versions, see the Out of support versions page.

UiPath Activities のサポート期間

For detailed information on supported version for each Activity, see Activities lifecycle .
すべてのアクティビティ パッケージはセマンティック バージョニング形式 (メジャー.マイナー.パッチ) を採用しています。

利用可能状況

オフィシャルな UiPath NuGet フィードに公開されるすべてのバージョンは、削除を必要とするような特別な事情 (例: セキュリティ上の問題) がある場合を除き利用可能な状態が継続します。

サポートされる種類

オンプレミス製品の一部としてリリースされるバージョン (例: 2020.4 FTS の Studio または Orchestrator のインストーラーにバンドルされているパッケージ) は、そのリリースのサポート サイクルに従います。一般提供版のリリースにアクティビティの新しいバージョンが含まれない場合は、リリース済みの最新のバージョンが一般提供版の最新のリリースのサポート期間を継承します。
オンプレミス版リリースの間のタイミングに新しくリリースされてオフィシャル フィードに公開されるバージョンもサポート対象となり、直近の未来に公開されるリリースのサポート モデルを継承します。ただし、パッチは例外であり、対応するバージョンのサポート モデルに継続して従います。

Note: Any published bug fix will ship as a new patch release (increment of the Patch version) atop the latest Minor version codebase. E.g. let's say that 3 minor versions of the Excel activity package are currently supported (time of this writing): 2.5 (2019.4 FTS), 2.7 (2019.10 LTS), and 2.8 (2020.4 FTS). Current patch versions are 2.5.4, 2.7.2, and 2.8.5. If a defect is found in 2.5 and deemed critical enough to require a bug fix release, then a 2.5.5 package will be created by applying the fix to the 2.5.4 codebase. Even if the defect affects 2.5.1, there will be no in-between release such as 2.5.1b, and customers will need to upgrade to 2.5.5 to benefit from the fix.

アクティビティのサポート対象外のバージョンについて

UiPath Studio および Robot の依存関係管理のメカニズムにより、 v2018.3 以降のバージョンでは、サポート期間外の特定のパッケージ バージョンにワークフローが依存し続ける場合があります。通常、運用環境にある既存のオートメーションに関しては、そのプロジェクトが名目上は動作しており、変更の必要がないのであればサポート外のパッケージ バージョンを引き続き使用します。バグ修正や改良機能は既存のオートメーションの挙動に影響を及ぼす可能性があるため、新しいバージョンへのアップグレードが推奨されるのは明示的な目的がある場合に限られます。たとえば、バグ修正の適用、対象のアプリケーションアップグレードのサポート、その他の技術的な意図がある場合などが該当します。

10 か月前に更新


プロダクト ライフサイクル サポート条項


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。