概要
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
概要
Last updated 2024年7月22日

クラシック フォルダーの削除

タイムライン

UiPath では、以下のステップに沿ってクラシック フォルダーおよび関連するすべてのオブジェクトを削除しました。

2021 年 10 月 - クラシック フォルダーの非推奨化を発表しました。

2022 年 4 月 - クラシック フォルダーの削除を発表しました。

2022 年 10 月 - 既存の構造と階層を維持しながら、クラシック フォルダー オブジェクトのモダン フォルダーへの移行を支援するウィザードの提供を開始しました。

2023 年 4 月 - クラシック フォルダーでの実行を無効化しました。

2023 年 10 月 - クラシック フォルダーを完全に削除しました。詳しくは、「Orchestrator バージョン 2023.10 以降」のセクションをご覧ください。

Orchestrator バージョン 2023.10 以降

クラシック フォルダーとそれに関連するすべてのオブジェクトが削除されています。

Orchestrator v2023.10 をインストールする

新規インストールでは、自動的にクラシック オブジェクトは含まれません。

Orchestrator v2023.10 にアップグレードする

このバージョンへのアップグレードを計画しており、データベースにクラシック オブジェクトが含まれている場合、セットアップ プロセスは停止し、「This Orchestrator version does not support Classic Folders and Classic Robots. Please migrate your installation to Modern Folders, delete your existing Classic Folders before upgrading.」というエラー メッセージが表示されます。

そのため、次の操作を行う必要があります。

  • 既存のクラシック フォルダーから必要なものをすべてダウンロードしてください。
  • クラシック フォルダーをモダン フォルダーに移行してください。
  • アップグレードを開始する前に、既存のクラシック フォルダーをすべて削除してください。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.