通知を受け取る

概要

相互運用性マトリクス

スタンドアロン


以下のマトリクスには、Orchestrator と Robot、Studio、Test Manager、 AI CenterTM、Insights、Action Center 間の相互運用性に関する情報が、各製品のバージョンと Orchestrator のデリバリー モデルに応じて示されています。ここに具体的に示されていない限り、パッチはこのマトリクス内で暗黙的にサポートされています。

アップグレードを実行しない場合に使用できるのは、Robot または Orchestrator がインストールされた一番古いバージョンの機能のみです。

通常、最初に Orchestrator をアップグレードしてから、Robot をアップグレードすることをお勧めします。その場合は、更新後に Robot を Orchestrator に再接続する必要があります。
Some versions are no longer supported. Please refer to the product lifecycle for more information. An out of support version of a product is only compatible with another product having a supported version until the next patch release. For example, Orchestrator 2021.4, which is currently out of support, is only compatible with AI Center 2021.10 until the next patch release after the out of support date of Orchestrator.
Note: Out of support versions are removed from the Compatibility matrix table six months after their support ends.

- Compatible   - Not compatible

                                            Product VersionOrchestrator 2022.10.xOrchestrator 2022.4.xOrchestrator 2021.10.xOrchestrator 2021.4.xOrchestrator 2020.10.xOrchestrator 2019.10.x
BuildStudio 1Studio 2022.10.x8, 98, 98, 9
Studio 2022.4.x8, 98, 98, 9
Studio 2021.10.x8, 98, 98, 9
Studio 2021.4.x
Studio 2020.10.x
Studio 2019.10.x2, 3, 42, 3, 42, 3, 42, 3, 42, 3, 4
RunRobot 1Robot 2022.10.x8, 98, 98, 9
Robot 2022.4.x8, 98, 98, 9
Robot 2021.10.x8, 98, 98, 9
Robot 2021.4.x
Robot 2020.10.x
Robot 2019.10.x2, 3, 42, 3, 42, 3, 42, 3, 42, 3, 4
ManageTest ManagerTest Manager 2022.10.x
Test Manager 2022.4.x
Test Manager 2021.10.x
Test Manager 2020.10.2+
AI   Center710AI Center 2022.10.x
AI Center 2022.4.x
AI Center 2021.10.x
AI Center 2020.10.x
InsightsInsights 2022.10.x
Insights 2022.4.x
Insights 2021.10.x
Insights 2020.10.x
EngageAction CenterAction Center 2022.10.xN/A
Action Center 2022.4.xN/A
Action Center 2021.10.xN/A
Action Center 2021.4.xN/A
Action Center 2020.10.xN/A

1 - Studio and Robot always need to have the same version when installed on the same machine. For example, if you have Studio 2022.4.x installed, Robot must be v2022.4.x as well. This also applies to Studio Pro. For more information on the compatibility between Robot and projects created in different versions of Studio, see the Automation Projects section.
2 - v2018.4.4 以降および v2020.4 以前の Robot では、Orchestrator との接続に使用できる方法はロング ポーリングのみです。
3 - TLS 1.1/TLS 1.2 を有効化する必要があります。
4 - v2019.10 以前の Robot は、モダン フォルダー内の無人プロセスを実行できません。
5 - v2019.4 以前の Robot はクラシック フォルダーでのみ機能します。
6 - Robot の SignalR 認証の設定は変更できません。これは、セキュリティで保護された通信を Orchestrator と Robot の間で確保するために既定で有効化されています。従って、v2018.4.4 以上の Robot のみを使用できます。
7 - Document Understanding は AI Center のインフラストラクチャを基盤として構築されているため、この相互運用性は UiPath Document Understanding にも適用されます。
8 - .NET 5 以降のフレームワークを使用するプロセスを実行するには、v2021.10 以降の Robot および Orchestrator が必要です。
9 - 資格情報を使用せずにバックグラウンド プロセスを実行するには、v2021.10 以降の Robot が必要です。
10 - この相互運用性は、AI Center が外部の Orchestrator に接続されている場合に適用されます。

UiPath Process Mining and Task Capture work as standalone products and do not require a compatibility matrix. Even so, for the best experience, the following requirements must be met:

  • Process MiningAutomation Hub との連携のためには、Automation CloudTM で使用されている両製品のバージョンが 2021.4 以上である必要があります。
  • Automation CloudTMAutomation Hub から Task Capture を実行するには、Task Capture のバージョンが 2020.10.4 以上である必要があります。
  • Test Manager から Task Capture を実行するには、v2020.4 以降の Task Capture が必要です。
  • Task Mining から Task Capture を実行するには、v2021.10 以降の Task Capture が必要です。
  • UiPath Assistant から Task Capture を実行するには、Task CaptureUiPath Assistant の両方のバージョンが v2021.10 以降である必要があります。

Automation Suite


Products in Automation Suite are delivered as part of a single bundle and always have their versions in sync. See Automation Suite components in the Automation Suite guide for details on the products that are part of the suite.

Automation Suite では、以下のバージョンの Robot/Studio がサポートされています。

- Compatible   - Not compatible

Robot and Studio 2022.10.xRobot and Studio 2022.4.xRobot and Studio 2021.10.xRobot and Studio 2021.4.xRobot and Studio 2020.10.xRobot and Studio 2019.10.x
Automation Suite 2022.101, 21, 21, 2
Automation Suite 2022.41, 21, 21, 2
Automation Suite 2021.101, 21, 21, 23, 4

1 - .NET 5 以降のフレームワークを使用するプロセスを実行するには、v2021.10 以降の Robot が必要です。
2 - 資格情報を使用せずにバックグラウンド プロセスを実行するには、v2021.10 以降の Robot が必要です。
3 - v2018.4.4 以降および v2020.4 以前の Robot では、Orchestrator との接続に使用できる方法はロング ポーリングのみです。
4 - TLS 1.1/TLS 1.2 を有効化する必要があります。
5 - v2019.10 以前の Robot は、モダン フォルダー内の無人プロセスを実行できません。
6 - v2019.4 以前の Robot はクラシック フォルダーでのみ機能します。

📘

UiPath は、UiPath オンプレミス製品 (スタンドアロンと Automation Suite) の 1 つ前のリリースまで、過去のバージョンとの相互運用性を保証します。重大な変更がある場合は相互運用性マトリクスに反映されます。現 LTS と 1 つ前の LTS との後方互換性が保証できない場合は、 UiPath はお客様のバージョン移行プロセスを支援する場合があります。

Automation CloudTM


Automation CloudTM 内の Orchestrator サービスは、直近 3 バージョンのエンタープライズ リリースの Robot および Studio との対応性が確保されています。

Cloud Orchestrator Service
Latest Robot and Studio version
Mainstream Support
Second-latest Robot and Studio version
Mainstream Support
Third-latest Robot and Studio version
Extended Support

If you are currently using the third-latest Robot version, you should make arrangements to upgrade the Robot before we release the next Robot version to avoid compatibility issues.

Some versions are no longer supported. Please refer to the product lifecycle for more information. We don't support interoperability between two products if one of them is out of support.

アクティビティ パッケージ


アクティビティ パッケージのバージョンは、Studio、Robot、または Orchestrator のバージョンに依存しません。ただし、Orchestrator 関連のアクティビティは例外です。たとえば、2018.1 から導入された [ジョブを開始] アクティビティは、2018.1 以降の Robot でのみ機能します。

オートメーション プロジェクト


アルファ バージョンまたはベータ バージョンの Studio で作成したプロジェクトは、新しいビルドの Studio では対応できない可能性があり、新しいバージョンの Robot で実行できないこともあります。
We support backward compatibility, except for breaking changes announced in the official release notes, and following the product lifecycle.
新しいバージョンの Robot は、古いバージョンの Studio で作成されたプロジェクトを実行できます。たとえば、2018.4 の Studio で作成したプロジェクトは 2019.10 以降の Robot でも動作します。
We do not support forward compatibility. Projects created with newer versions of Studio might not work with older Robots. For example, a project created in Studio 2019.10 might not work with a 2018.4 Robot.

15 日前に更新


相互運用性マトリクス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。