通知を受け取る

UiPath Insights

The UiPath Insights Guide

2022 年

リリース ノート


今年の Cloud Insights の新機能については、毎月のリリース ノートをご覧ください。

変更が発生した際には更新が公開されます。つまり、毎月のリリース ノートには、その時点での変更内容に関するお知らせが複数の日付の下、記載されている可能性があります。

Insights のステータス


Check server uptime for Insights and other Automation Cloud™ services, planned maintenance periods, or incidents, in the Status page.

更新が利用可能になるタイミング


For Automation Cloud™ and the products that are available as services in Automation Cloud, the updates that we announce in the release notes become available progressively, depending on your organization and tenant region.

そのため、更新内容が利用できるタイミングはユーザーによって異なります。

リリース ノートで変更が最初に告知される日付は、その機能が最初に利用可能になる日付です。ご自身の環境で変更がまだ確認できなくても、すぐに確認できるようになります。

最初のリリース: 更新内容は、リリース ノートの公開と同時にまずシンガポールおよび日本リージョンで利用可能になります。

Enterprise リリース: Enterprise または Enterprise 無料トライアル ユーザーの場合は、公開日の翌日以降に更新内容が利用可能になります。各ユーザーのホスティング リージョンで変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なります。
Enterprise リリースの公開や、他のリージョンでの公開のタイミングであらためて告知を行うことはありません。

:

Release notes dateSingapore and Japan region release dateOther regions release date
26 July 202226 July 2022Starting with 27 July 2022

 

更新遅延組織

This feature is available for enterprise customers with an Advanced Tier license.
Please contact the UiPath Sales team for more information on how to become an Advance Tier customer.

ユーザーの組織が更新遅延リージョンでホストされている場合、Automation Cloud とそのサービスが、上記ルールの対象となる他のエンタープライズ組織にデプロイされた少なくとも 2 週間後に、ユーザーのリージョンでも利用可能になります。
各ユーザーのホスティング リージョンの更新遅延組織で変更が利用可能になるまでの正確な日数は、全リージョンへの変更のデプロイが完了するタイミングに応じて異なり、14 日よりわずかに長くかかる可能性があります。

You can use a typical enterprise organization as your pre-production environment to test updates, and use your Delayed Update organization as your production environment. After the updates are available in your enterprise organization, you can expect the changes to appear in your Delayed Update organization roughly two weeks later.

 

Automation Cloud のステータス


To stay up to date with uptime for all Automation Cloud services, including the Apps service, planned maintenance periods, or incidents, see the Status page.

9 日前に更新


2022 年


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。