通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

ルール: キューに追加

[キューに追加] ルールを使用して、Orchestrator に新しいキュー アイテムを追加します。

438

使用するキュー

A list of available queues is displayed and you can pick the one you need. For more information on adding a queue to your app, see Referencing a Queue in your App.
アプリに追加されたキューがない場合、リストは空になり、ドロップダウン リストに通知が表示されます。

378

[使用するキュー] フィールドでキューを選択すると、次のプロパティが使用できるようになります。

  • 入力の上書き
  • アイテムがキューに正常に追加された場合
  • キュー アイテムの追加に失敗した場合
  • その他のプロパティ

入力の上書き

キューの入力がコントロールにバインドされている場合、値はキューの開始時に自動的に渡されます。
You can manually set input values by expanding the Input Override section of the rule and specifying the queue input and value you want to pass in. You can even add an expression in the Enter Value field. For more information on expressions, check the About Expressions section.

アイテムがキューに正常に追加された場合

[アイテムがキューに正常に追加された場合] プロパティでは、プロセスが正常に完了するたびに実行されるルールを定義できます。

キュー アイテムの追加に失敗した場合

[キュー アイテムの追加に失敗した場合] プロパティでは、キュー アイテムの追加が失敗するたびに実行されるルールを定義できます。

その他のプロパティ

キュー アイテムを追加する際に、その他の 3 つのプロパティを指定できます。

優先度

ドロップダウン リストから優先度を選択できます。既定では、優先度は [標準] に設定されています。

延期する日付時刻または時間数

ルールの実行後に新しいアイテムの処理を開始するタイミングを設定できます。DatePicker 値またはプロセス出力パラメーターをバインドして日付を指定したり、時間数を指定したりできます。小数点以下もサポートされます。たとえば、時間単位で次のように待機時間を設定できます。

  • 15 分: 15/60 または 0.25
  • 30 分: 30/60 または 0.5
  • 1 時間 30 分: 1 + 30/60 または 1.5
  • 1 時間: 1
    このプロパティには式テキストボックスが設定されているため、必ず値の前に = を追加してください。

処理期限

ルールの実行後に新しいアイテムの処理を完了するタイミングを設定できます。DatePicker 値またはプロセス出力パラメーターをバインドして日付を指定したり、時間数を指定したりできます。小数点以下もサポートされます。たとえば、時間単位で次のように処理期限を設定できます。

  • 15 分: 15/60 または 0.25
  • 30 分: 30/60 または 0.5
  • 1 時間 30 分: 1 + 30/60 または 1.5
  • 1 時間: 1
    このプロパティには式テキストボックスが設定されているため、必ず値の前に = を追加してください。
    アイテムがキューに追加されるとすぐにカウンターが開始します。

参照

The Reference field is used if you have the Enforce unique references set for a queue.

9 か月前に更新

ルール: キューに追加


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。