通知を受け取る

概要

有人オートメーションと無人オートメーション

オートメーションの作成を計画する際に行われる最初の決定は、ソリューションが Attended または Unattended のコンテキストのどちらで実行されるかです。以前にフロントオフィス オートメーションとバックオフィス オートメーションと呼ばれていたこの概念を聞いたことがあるかもしれません。

どちらの種類も、ユーザーがコンピューターで手動で実行するタスクを自動化することを目的としていますが、特定のユースケースはそれらの間で異なります。

有人オートメーション


有人オートメーションは人間の監督下で実行されるオートメーションです。このため、比較的小さく断片化されたタスクでの使用に最適です。たとえば、経費レポートの提出は、有人オートメーションに向いているタスクです。このオートメーションでは、ユーザーが資格情報を入力してシステムにログインすると、オートメーションがユーザーに代わって必要な情報を入力し、必要な項目を添付して、レポートを提出します。

有人オートメーションでは常に人間のユーザーが存在します。このため、ユーザー自身が実行できないタスクを実行するための有人オートメーションを作成したり、そういったタスクの実行権限をオートメーションに付与したりしないでください。有人プロセスの実行中に必要な資格情報は、常にオートメーションをトリガーするユーザーが認識して提供する資格情報である必要があります。

これは、実行中のオートメーションとマシン ユーザーの間でセキュリティを分離する方法がないためです。オートメーション自体が、ユーザーがアクセスできないアクションを実行する場合、それにより、他の方法では許可されないユーザー アクセスが許可されます。上記の経費レポートの例では、そのオートメーションに経費レポートを承認するプロセスもバンドルされている場合、ユーザーは承認システムにログインした後、オートメーションを一時停止または停止し、任意の金額のレポートを承認できます。これは自分の資格情報では実行できなかったアクションです。

無人オートメーション


無人オートメーションは、比較的複雑で繰り返しが多く、基本的にバッチで実行する必要があり、事前定義されたルールに基づいて処理方法を決定できるタスクを対象としたオートメーションです。さらに、無人オートメーションは管理者レベルのの権限や資格情報が必要な操作を実行するプロセスに適しています。

上記の例にあてはまるタスクとして、経費レポートの承認があります。このオートメーションでは、人間のユーザーがいない状態で必要なシステムにログインすると、提出された経費レポートを処理し、定義されたルール (特定の金額を下回る場合など) にあてはまる場合はレポートを自動的に承認します。

この例では、経費レポートを承認するためのアクセス権が無人プロセスに対して提供されています。このアクセス権は、管理者が設定した資格情報アセットを通じてプロセスに提供されます。このためオートメーション開発者が参照できるのはプロセスに提供される資格情報のみとなり、セキュリティ分離が実現します。さらに、オートメーションで使用される資格情報を取得・管理するユーザーの記録が常に記録されるため、明確かつ厳密な監査が保証されます。

5 か月前に更新


有人オートメーションと無人オートメーション


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。