Document Understanding
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
モダン エクスペリエンスの Document Understanding ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation SuiteStandalone
Last updated 2024年7月15日

Certificate of Origin (原産地証明書) - ML パッケージ

概要

Certificate of Origin (原産地証明書) は、国際貿易取引に使用される文書です。その目的は、製品が特定の国で生産されていて特定の輸入基準を満たしていることを証明することです。

この ML パッケージは、キー情報を検出して抽出できます。

詳細

このモデルは、以下のようなデータを自動的に検出します。

  • Producer (生産者)/Importer (輸入業者)/Exporter (輸出業者): Name (名前)、Address (住所)。
  • Country of Origin (原産地)、Shipping Date (発送日)、Carrier (運送業者)。
  • Means of Transport (輸送手段)、Transport Number (輸送番号)。
  • Invoice Number (請求書番号)、Invoice Date (請求日)、Bill of Lading Number (船荷証券番号)。
注: 抽出されるフィールドの完全なリストについては、Out-of-the-Box Models Details ファイルをご覧ください。

サンプル

docs image
docs image
  • 概要
  • 詳細
  • サンプル

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.