通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

2021.10.3


パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビジネス ニーズに応じて修正と改善を含むパッチを定期的にリリースしています。特定のバージョンに関するドキュメントは、そのバージョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチとパッチの間での製品の変更については、リリース ノートで確認できます。
たとえば、2021 年 10 月の時点で StudioX v2021.4 のドキュメントに記載されているのは、StudioX の最新パッチ、つまり v2021.4.5 のパッチの内容です。



Release date: 27 October 2021

新機能と改良点

Excel の自動化

新しいアクティビティ

  • Excel Process Scope - Opens or reuses Excel processes, loads the Excel project settings and applies them to the associated Excel file. This activity supports working with multiple Excel processes and determines the behavior of the processes in certain situations.
  • Unprotect Sheet - Enables unprotecting a protected sheet in Excel in order to make changes to it.
  • Protect Sheet - Enables protecting a specified sheet in Excel so that no additional changes can be made to it.
  • Read Range - Reads the value of an Excel range as a DataTable.
  • Remove Duplicates - Deletes duplicate rows in a specified range.

改良点

  • The Find First/Last Data Row activity has been updated with a new option that lets you select how the last row should be configured:
    • 入力されている最後の行 – 最後に入力されている行を返します。
    • 最初の空の行 - 最初の空の行を返します。
  • The Write Range activity has received a few updates:
    • 名称を [データ テーブルを Excel に書き込み] に変更しました。
    • [書き込む内容] フィールドのツールチップを更新し、このアクティビティの使用目的をより正確に説明するようにしました。
  • You can now add UIAutomation activities inside a Use Excel File activity to quickly automate the interface of Excel.
  • The Delete Rows activity has been updated to not work inside a For Each Excel Row activity when both activities target the same range of rows in order to avoid issues where unintended rows in the iteration would get deleted. A new warning message has been added to the activity for this.

メールの自動化

改良点

  • The For Each Email activity has been updated with a new option:
    • サブフォルダーを含む - このオプションを選択すると、選択したメール フォルダーのすべてのサブフォルダーが反復処理の対象に含まれます。既定では、このオプションは選択されていません。

PowerPoint の自動化

改良点

  • You can now configure the location of an inserted item when using the Add Image or Video to Slide activity by using the Item height, Item width, Left and Top properties in the Properties panel.
  • You can now add UIAutomation activities inside a Use PowerPoint File activity to quickly automate the interface of PowerPoint.

Word の自動化

改良点

  • You can now specify the position relative to a text or bookmark in the document when adding an image in a Word document with the Add Picture activity.
  • A ReadOnly option has been added in the Properties Panel for the Use Word File activity that opens a document in read-only mode so it can be used with locked Word documents or to avoid making changes when simply reading data.

OneDrive と SharePoint の自動化

OneDrive と SharePoint アクティビティを使用して、OneDrive や SharePoint のワークスペース内にファイルを作成したり、ワークスペース内のファイルを編集、アップロード、ダウンロードおよび共有できるようになりました。これらのアクティビティを使用するには、まず [パッケージを管理] ウィンドウから UiPath.MicrosoftOffice365.Activities パッケージの最新バージョンをインストールする必要があります。

SharePoint と OneDrive からファイルまたはフォルダーを指定する必要があるアクティビティを設定する際に、アクティビティ内で利用可能なファイル ブラウザーを使用してファイルまたはフォルダーをすばやく指定できます。

StudioX では以下のアクティビティが利用可能です。

  • Use OneDrive & SharePoint - Selects an account to use for OneDrive and SharePoint automation. After you add this activity, add the activities that work with files from OneDrive and SharePoint in Use OneDrive & SharePoint.
  • Create Folder - Creates a new folder in a specified location.
  • Delete File/Folder - Deletes a specified file or folder in your OneDrive or SharePoint site.
  • Copy File/Folder - Creates a copy of a file or folder and adds it to the same or a new parent folder.
  • Move File/Folder - Moves a specified file or folder to a new parent folder with the option to change its name.
  • Download File - Downloads a specified file from your OneDrive or SharePoint site to a local location.
  • Share File/Folder - Shares a OneDrive or SharePoint file or folder with the specified recipients.
  • Upload File - Uploads a local file to your OneDrive or SharePoint account.
  • Export File as PDF - Converts a OneDrive or SharePoint file to a PDF file and saves it to a local location.
  • Get File/Folder - Retrieves the metadata of a specified file or folder and saves it to later use in other activities.
  • For Each File/Folder - Executes an activity or a series of activities for each file or folder in specified location.

Google Workspace (G Suite) の自動化

改良点

  • G Suite アクティビティのリモート ファイル ブラウザーに最初の 200 件のエントリが読み込まれるようになりました。リストの一番下までスクロールすると、次の 200 件のエントリが読み込まれ、リストに追加されます。
  • The Add Gmail Account dialog has been renamed to Add Google Account in the following activities: Use Google Document, Use Google Drive, and Use Google Spreadsheet.

共通アクティビティ

新しいアクティビティ

改良点

  • The Get Orchestrator Asset activity has been updated with a new functionality through the Plus plus buttonplus button button dropdown. Using the Orchestrator capability, you can navigate through available assets from Orchestrator and select one for the activity.
  • New options for the Separator field have been added to the Text to Left/Right activity: new line, tab, space, comma, colon, semicolon, equals sign and custom.

Git を使用したソース管理のサポート

  • You can now manage your StudioX projects with source control using GIT. To enable the GIT plugin, go to Home (StudioX Backstage View) > Settings > Team. You can add repositories directly in StudioX by going to the Team tab. For more information, see Managing projects with GIT in the StudioX guide.

  • Governance policies now allow organizations to enforce the use of specific GIT repositories, allow users to add and edit repositories and prevent users from saving projects locally. When a list of allowed repositories is enforced, StudioX users will only be able to use remote GIT repositories from that list. In the file-based governance model, use the AllowEditRepositories and Repositories parameters to indicate whether users should use only allowed repositories and to define the list of allowed repositories. Use the AllowSaveLocal parameter to indicate whether users should be allowed to save their projects locally or only on a repository. For Automation Ops, see Settings for Studio policies in the Automation Ops guide.

Integration Service の接続のサポート

You can now quickly authenticate to Google, Outlook and Office365 by using connections from the new Integration service in UiPath Automation Cloud.

お使いのテナントで Integration Service が有効化されている場合は、コネクションを作成するか、サービスの既存のコネクションを選択することで認証をすばやく行えます。次のアクティビティで、Integration Service がサポートされています。

To enable the use of the Integration service for managing the connection, select the Use Connections option in the Properties panel of the activities. If you select the global setting Default to managed connections in the StudioX settings, the Use Connections option is selected by default in all the activities that support it. The global setting is selected by default if the Integration service is available in the Orchestrator tenant that StudioX is connected to.

オブジェクト リポジトリのサポート

You can now import UI libraries and use the UI elements in them across your automation projects. The Object Repository makes it easier to work with UIAutomation activities by providing a platform to consume existing UI Libraries. We recommend starting with an existing UI Library with shareable UI Elements containing the required descriptors.

AI によるアクティビティの提案

A new option titled Enable AI activity suggestions has been added to the Design settings in StudioX that lets you enable or disable AI activity suggestions in the Add activity search bar. If this option is enabled, when you open the activity search bar, StudioX sends information about the current context to a UiPath AI service that suggests activities you may want to add based on the location in the workflow from which the search bar was opened. You can opt out of this using the Enable AI activity suggestions option in the Design settings.

:information-source: Note: The service does not collect or record any information, it only analyzes the current context and returns a list of suggested activities.

タスクの引数のサポート

You can now create and manage Task Arguments to pass data between activities in a project and to integrate a workflow with other products such as UiPath Apps.

StudioX での引数を管理は、[データ マネージャー] パネル内の [タスクの引数] ウィンドウで行えます。

その他の改良点

  • The Activities Panel has been redesigned to be more aligned with the Studio profile and to facilitate the growing list of activities that are being introduced to StudioX. You can now access activities that are designed for the Studio profile by selecting the Show Developer filter in the Activities Panel. These activities may not work as expected in the StudioX profile.
  • [パッケージを管理] ウィンドウのフィルター オプションに、[StudioX のみ] というオプションを追加しました。
  • リモート ファイル (例: SharePoint) を使用している場合は、[データ マネージャー] パネルに [ファイルの場所を開く] オプションが表示されなくなりました。
  • [設定] > [デザイン] のメニューに[「スマート ファイル パス」を使用] オプションを追加しました。このオプションを使用すると、スマート ファイル パスの使用を有効化または無効化できます。オンにすると、ファイルを参照するときにファイルがあるユーザー フォルダーの相対パスが自動的に保存されるので、オートメーションを他のユーザーと共有してもパスが問題なく動作します。オフにすると、代わりにファイルの絶対パスが保存されます。
  • データ テーブルを後で使用するために保存した際に、オートメーション内で [行数] と [列数] プロパティが使用できるようになりました。
  • Governance policies can now prevent users from selecting the Show Developer filter in the Activities Panel as well as prevent specific activities from being displayed in StudioX. For more information, see Governance for the file-based model or Settings for Studio policies for Automation Ops.
  • StudioX の [ホーム] (Backstage ビュー) を更新し、[名前を付けて保存] オプションを追加しました。このオプションを使用すると、オートメーション プロジェクトを保存する際にコピーが作成され、別の場所に保存されます。また、リポジトリを保存場所として選択することでプロジェクトをソース管理に追加したり、プロジェクトをテンプレートに変換できたりします。
  • Governance policies can now prevent production runs from StudioX by enforcing a maximum allowed number of runs for projects that have no changes. After the limit is reached for a project, running it from StudioX is no longer allowed, the user is prompted to publish the project to Orchestrator, and optionally, an event is logged in an Orchestrator queue. For more information, see Governance for the file-based model or Settings for Studio policies for Automation Ops.

バグ修正

  • Email messages containing attachments that are sent from a shared mailbox using the Use Outlook 365 and Send Mail activities now appear in the Sent Items folder.
  • Fixed an issue that caused StudioX to close the current project when removing a disabled (commented out) activity or when removing a sequence within the Check App State activity.
  • Windows の地域の設定が「英語 (インド)」に設定されていると、メールの日付フィルターが正しく機能しない問題を修正しました。
  • 共有メールボックスを一部のメール アクティビティで使用すると、メッセージの移動、アーカイブ、削除ができない問題を修正しました。
  • StudioX プロファイルで Task Capture で作成したフローチャートを開く際に表示されるエラー メッセージの内容を更新し、必要な操作をより具体的に示すようにしました。

1 年前に更新


2021.10.3



パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビジネス ニーズに応じて修正と改善を含むパッチを定期的にリリースしています。特定のバージョンに関するドキュメントは、そのバージョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチとパッチの間での製品の変更については、リリース ノートで確認できます。
たとえば、2021 年 10 月の時点で StudioX v2021.4 のドキュメントに記載されているのは、StudioX の最新パッチ、つまり v2021.4.5 のパッチの内容です。



改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。