通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

デプロイの種類別

ActionService Mode RobotUser Mode Robot
Attended ExecutionImageImage
Unattended ExecutionImageno_right 1
Concurrent Job ExecutionImageImage
Automatic Session ManagementImageno_right
High-Density DeploymentImageImage
Stop Service on Tray Quitno_rightImage
Single Machine - Multi-User DeploymentImageImage

1 ユーザー モードの Robot による無人実行は、ユーザーがログインしている間のロックされた画面でのみ可能です。

サービス モードの Robot

サービス モードの Robot は、無人オートメーションのシナリオや大規模なプラットフォームのデプロイに最適です。プロセスが実行されると、Robot Executor が実行されます。この時、Robot Executor はそれが登録されているユーザーと同じ権限を持ちます。

Robot サービスは、ローカル システムの Windows サービス コントロール マネージャーによって起動されます。対話型の Windows セッションを開くことができ、マシン管理者のすべての権限を持ちます。そのため、無人ジョブの自動セッション管理 (ログオンやログオフなど) を行うことができます。大規模なプラットフォームのデプロイには、サービス モードの Robot を使用することをお勧めします。

Installing the Robot using UiPathStudio.msi and selecting the Unattended Robot option deploys the Service Mode Robot by default. It can also be installed from the Command Prompt.

サービス モードの Robot は、簡単に更新したり、ユーザー モードの Robot に変換したりできます。

この種類のデプロイでは、Robot は services.msc の Windows サービスの下に表示されます。

ユーザーがログインしているかどうかに関係なく、Orchestrator からジョブを開始できます。

サービス モードの Robot は、そのマシン上のすべてのユーザーにインストールされます。サービス モードの Robot が Windows Server にインストールされている場合は、自動セッション管理を使用して複数の無人ジョブを同時に実行できます。つまり、シームレスな無人オートメーションのシナリオが可能になります。Windows Server 上のユーザー モードの Robot でもジョブを同時実行できますが、自動セッション管理はできません。Robot 向けに Windows Server をセットアップする方法については、こちらのページをご覧ください。

UiPath.settings ファイルは %ProgramData%\UiPath フォルダーにインストールされます。

パッケージは、既定で %userprofile%\.nuget\packages フォルダーにダウンロードされます。コマンド プロンプトから Studio をインストールする場合は、カスタムのダウンロード先を指定できます。Orchestrator に接続していない場合、Studio からパブリッシュするパッケージは %ProgramData%\UiPath\Packages フォルダーに保存され、ロボット トレイに表示されます。詳細については「パッケージを管理する」をご覧ください。

ユーザー モードの Robot

ユーザー モードの Robot は、有人オートメーションのシナリオに最適です。このプロセスを開始するユーザーの下で実行され、そのユーザーとまったく同じ権限を持ちます。

Installing the Robot using UiPathStudioSetup.exe deploys the User Mode Robot. When installing with UiPathStudio.msi, selecting the Assistant option deploys the User Mode Robot by default. It can also be deployed when installing from the Command Prompt.

ユーザー モードの Robot は、簡単に更新したり、サービス モードの Robot に変換したりできます。

この種類のデプロイでは、Robot は Windows サービスの下に表示されません。

Orchestrator からジョブを開始するには、ユーザーがログインしている必要があります。

UiPath.settings ファイルは %LocalAppData%\UiPath フォルダーにインストールされます。

サービス モードの Robot のデプロイでは、.xaml ファイルを実行するユーザーのみがこれらのファイルを読み取ることができます。

パッケージは、既定で %userprofile%\.nuget\packages フォルダーにダウンロードされます。コマンド プロンプトから Studio をインストールする場合は、任意のダウンロード先を指定できます。Orchestrator に接続していない場合、Studio からパブリッシュするパッケージは %ProgramData%\UiPath\Packages フォルダーに保存され、ロボット トレイに表示されます。詳細については「パッケージを管理する」をご覧ください。

サービス モードの Robot によってダウンロードされたパッケージは、ユーザー モードの Robot では実行できません。詳細については、こちらをご覧ください。

2 か月前に更新


デプロイの種類別


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。