Apps (アプリ)
2023.10
true
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
LEGACY
Automation Suite のレガシ Apps ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年1月18日

アプリ内でエンティティを参照する

UiPath Apps では、より優れた複雑なアプリを作成するために、UiPath Data Service のエンティティに接続して、そのエンティティを操作することができます。Data Service は、ロボティック プロセス オートメーション (RPA) プロジェクトにおいて、コードの要らないデータ モデリングやストレージを可能にする、強力で永続的なデータ ストレージ サービスです。Data Service の詳細については、『Data Service ガイド』をご覧ください。

注: データが読み込まれると、ルールの実行時にのみエンティティのデータが更新されます。プロセスまたはその他の手段による Data Service の更新は、自動的に検出されません。こうしたシナリオでは、データを明示的に更新してください。
注意:

現在のところ、エンティティの無限スクロールはありません。

Data Service のエンティティを参照する

Data Service 内にエンティティが作成されたら、アプリから参照できます。

Data Service でのエンティティの作成方法について詳しくは、「エンティティを作成する」をご覧ください。

注意: Data Service のスキーマが変更された場合、その変更内容はアプリを更新した後または再度開いた後に自動的に同期されます。

以下の例では、既存のエンティティをアプリ内で参照する方法について説明します。

  1. 既存のアプリを App Studio で開き、アプリのタイトルの横にある docs image アイコンをクリックします。
  2. [エンティティ] をクリックして、エンティティの参照ダイアログを開きます。



  3. 現在のアカウントのテナントのリストが表示されます。必要なエンティティをホストするテナントを選択し、[次へ] をクリックします。



  4. 現在選択しているテナントのプロセスのリストが、フォルダーごとに整理されて表示されます。プロセスを強調表示すると、エンティティの内容が表示されます。
  5. アプリで使用するエンティティの横にあるチェックボックスをオンにし、[追加] をクリックします。



これで、エンティティがアプリに追加されました。

注: エンティティの権限は Data Service で管理されます。Data Service から参照するエンティティに対して適切な権限があることを確認してください。

エンティティをバインドする

エンティティは以下のコントロールにバインドできます。

  • ドロップダウン
  • リスト (List)
  • 表/テーブル
  • カスタム リスト

以下の例では、Customer というエンティティを表にバインドします。

開始する前に

エンティティを App Studio のコントロールにバインドする前に、そのエンティティがアプリ内で参照されていることを確認してください。

手順

  1. 既存のアプリ内に新しい表を作成します。
  2. 表を選択し、[データ ソース] プロパティに移動します。
  3. Customer エンティティを [データ ソース] プロパティに追加します。



これで、Customer エンティティが表にバインドされました。

  • Data Service のエンティティを参照する
  • エンティティをバインドする
  • 開始する前に
  • 手順

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.