Apps (アプリ)
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps User Guide for Automation Suite
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

式を使用する

式と演算子の組み合わせによるさらに複雑な動作の指定について理解を深めるには、以下の例を参照してください。

このテーマについて詳しくは、「式について」と「関数について」をご覧ください。

電卓

シンプルな電卓を作成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。

2

中間にラベルのあるテキストボックスを 2 つ追加します。

以下のように、コントロールの名前を変更します。

  • 1 つ目のテキストボックス: FirstNumber
  • ラベル: +
  • 2 つ目のテキストボックス: SecondNumber

3

2 つ目のテキストボックスの後に別のラベルを追加します。

名前を Sum に変更します。

4

以下の式を Sum ラベルに追加します。
= FirstNumber + SecondNumber

上記の手順を実行すると、アプリが下の画像のようになります。



入力検証

シンプルな入力検証を作成するには、以下の手順に従います。

手順

操作

1

既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。

2

Number というアプリ変数を作成します。

3

Number 変数に値をバインドしたテキストボックスを作成します。
既定のテキスト 0 を追加します。

4

This value is greater than or equal to 5! というテキストを含むラベルを追加します。
docs image

5

以下の式を追加します。

=Number<5

挿入された数が 5 より小さい場合、検証ラベルは非表示になります。上記の手順を実行すると、ランタイムは以下のように表示されます。



列の合計

Orchestrator 出力にバインドされている表の指定した列の合計が返されるようにするには、以下の手順に従います。

この例では、Age という列の合計を取得します。この列には、表に示されているすべてのユーザーの年齢が含まれています。

手順

操作

1

既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。

2

Age という列のある表を作成します。

3

[データ ソース] プロパティで表の列を選択して、Orchestrator 出力にバインドします。この例では、Out.out_datatable というソースを選択します。
docs image

4

ラベルを作成し、[テキスト] プロパティに SUM(AGE): を書き込みます。

5

1 つ目のラベルのすぐ横に 2 つ目のラベルを作成し、[テキスト] プロパティで [リソース] リストから、Sum 関数と out.datable.Age を選択します (=Sum(out_datatable.Age))。
docs image

6

アプリを保存し、プレビューします。

  • 電卓
  • 入力検証
  • 列の合計

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.