Apps (アプリ)
2021.10
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Apps User Guide for Automation Suite
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年4月19日

カスタム リスト

コントロールはデータを行と列として表示しますが、カスタム リスト (以前の「詳細リスト」) は、ユーザーが必要とする形式で柔軟にデータを表示させることができます。カスタム リストのコントロールでは、さまざまなコントロールを使用でき、テンプレートを用いてコントロールを任意の位置に設定できます。テンプレートはコンテナーの役割を果たし、コントロールや他のコンテナーを中に配置するために使用します。

カスタム リストには 2 種類のプロパティがあります。1 つはカスタム リスト用、もう 1 つはその中のテンプレート用です。

注: カスタム リストのプロパティとテンプレートのプロパティ間を移動するには、キャンバス内、または画面左側のツリー ビューからコントロールをクリックします。クリックするごとに、選択対象がキャンバス内の詳細リストとテンプレート間で切り替わります。

カスタム リストのプロパティ

全般

  • ツールチップ - カスタム リストに表示するツールチップです。このツールチップで、コントロールに表示する追加情報を提供します。
  • データ ソース - 表コントロールのソースです。有効なデータ型は、Data Table と Object Array です。
  • 選択した値のバインド - 実行時に表で選択した値を、RPA プロセスの引数またはアプリのフィールドとバインドします。
  • 非表示 - 選択すると、実行時にコントロールが非表示になります。
  • 無効化 - 選択すると、実行時にコントロールが無効化されます。

イベント

  • 値の変更時 - 値が変更された際の挙動を設定します。

スタイル

  • コントロールの配置 - 既定では、親の配置を継承します。親とは異なる配置を設定することもできます。既定で親の配置を適用する場合は、選択されている配置アイコンを切り替えて、特定の配置設定をオフにします。

    注: 配置は親のレイアウト (縦方向/横方向) によって異なります。
  • レイアウト - カスタム リスト内のテンプレートの配置を決定します。縦に並べて配置するか、横に並べて配置できます。
  • 間隔 - テンプレート間の間隔を決定します。
  • マージン - コントロールのマージンを設定します。既定では 4px のマージンが設定されています。[上/下] および [左/右] のプロパティがそれぞれ組み合わされています。これらのプロパティの組み合わせは、[マージン] セクションの見出しの右側にあるリンク解除のボタンをクリックして解除できます。
  • サイズ - このセクションではコントロールの幅と高さを設定できます。既定では、サイズは [auto] に設定されています。幅/高さの最小サイズと最大サイズは、[サイズ] セクションの (...) アイコンをクリックして設定できます。

テンプレートのプロパティ

全般

プロパティはありません。

イベント

  • クリック時 - テンプレートがクリックされた際の挙動を設定します。

スタイル

  • レイアウト - テンプレート内のコントロールの位置を決定します。

    • 方向 (横/縦) - コントロールを縦に並べて配置、または横に並べて配置します。
    • 配置 - テンプレート内のコントロールの配置です (左、中央、右、画面に合わせて垂直方向に伸縮、および上、中央、下、画面に合わせて水平方向に伸縮)。
    • 割り付け - 上、中央、下、高さを揃える、および左、中央、右、幅を揃える、のいずれかを設定できます。
    • 折り返しを許可 - 有効化すると、十分なスペースがない場合にコントロールがコンテナー内で折り返されます。

      注: [折り返しを許可] プロパティは、サイズ (幅または高さ) が [auto] ではなく定義済みの値に設定されている場合に適用されます。
  • 背景色 - テンプレートの背景色を設定します。
  • 枠線 - コントロールの枠線を設定します。枠線の太さ、色、および角の半径を設定できます。
  • パディング - テンプレートのパディングを設定します。既定では 8px のパディングが設定されています。[上/下] および [左/右] のプロパティがそれぞれ組み合わされています。上側、下側、右側、左側に別々のパディング値を設定する必要がある場合は、[パディング] セクションの見出しの右側にあるリンク解除のボタンをクリックして、プロパティの組み合わせを解除できます。
  • サイズ - このセクションではコントロールの幅と高さを設定できます。縦方向のレイアウトの場合、幅は親から継承され編集できません。同様に、横方向のレイアウトの場合、高さは親から継承され編集できません。幅/高さの最小サイズと最大サイズは、[サイズ] セクションの (...) アイコンをクリックして設定できます。

注:

カスタム リストは、仮想スクロールが有効な場合に、ピクセルの高さが固定されているときに、より最適化されます。

カスタム リストの行数が多い場合、仮想スクロールを使用するオプションが用意されており、ビューポート内の要素が瞬時に読み込まれ、スクロールすると次の要素が徐々に読み込まれます。仮想スクロールは、カスタム リストの高さをピクセル高さに設定した場合にのみ機能します。

仮想スクロールを使用しない場合、行数が多いカスタム リストの動作が遅くなる可能性があります。

仮想スクロールは、実行時にビューポートで関連する項目のみを読み込むことで、パフォーマンスを向上させます。これは、高さを設定し、[auto] に設定していない場合にのみ機能します。

[高さ] プロパティを [auto] に設定すると、実行時と設計時のコントロールのサイズが一致しない場合があります。これは、実行時にはコントロールの高さが返される行数に依存し、設計時にはコントロールが空であるために発生します。

表、リスト、カスタム リストなどの動的データを含むコントロールでは、パフォーマンスを向上させるために、高さを固定に設定することをお勧めします。

  • カスタム リストのプロパティ
  • 全般
  • イベント
  • スタイル
  • テンプレートのプロパティ
  • 全般
  • イベント
  • スタイル

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.