通知を受け取る

UiPath Document Understanding

UiPath Document Understanding

Document Understanding Process: Studio のテンプレート

Document Understanding プロセスは、ドキュメント処理フローチャートに基づいた非常に機能的な UiPath Studio プロジェクト テンプレートです。簡単なデモまたは大規模な実装を開始する開発者向けに、使いやすく実行しやすい Document Understanding ツールを提供することを目的としています。

このプロセスでは、ログ、例外処理、リトライのメカニズムのほか、Document Understanding ワークフローですぐに使えるあらゆるメソッドを提供します。

Document Understanding プロセスは、タクソノミーの一連の基本的な種類のドキュメント、これらのクラスを区別するように設定された分類器、およびフレームワークのデータ抽出機能の使用方法を示す抽出器で事前設定されています。各コンポーネントの設定方法を示しながら、ユーザーのニーズに応えることのできるベスト プラクティスの例として使用することを意図しています。

901901

ワークフローには、接続された他のオートメーションとは切り離されたアーキテクチャがあります。

  • 処理するファイルがどこから取得されようと、何が実行をトリガーしようと関係ありありません。それは、アップストリーム プロセスで行われることです。
  • 抽出された情報がどこで使用されようと関係ありません。それは、ダウンストリーム プロセスで行われることです。

アーキテクチャは、Document Understanding を実行し、Action Center を使用して人間参加型の検証を行う、Attended ロボットと Unattended ロボットの両方に共通です。

アイテムは一括処理されるわけではありません。入力ファイルごとに 1 つのジョブがあります。毎回ディスパッチャーが必要になりますが、この柔軟なアプローチにより Document Understanding プロセスを容易に開始、開発、デバッグ、拡大縮小することができます。

このプロセスでは、Visual Basic のプロジェクトをサポートしています。

The default dependencies in a Document Understanding Process are: UiPath.DocumentUnderstanding.ML.Activities, UiPath.Excel.Activities, UiPath.IntelligentOCR.Activities, UiPath.PDF.Activities, UiPath.System.Activities, and UiPath.UIAutomation.Activities.

プロセスにアクセスする方法

📘

注:

Document Understanding プロセスは、バージョン 21.4.4 以降の Studio に対応しています。以前のバージョンの Studio では、NuGet パッケージをこちらからダウンロードできます。

Document Understanding Process テンプレートは、オフィシャル テンプレート フィードにあります。[テンプレート] タブに移動し、[Document Understanding Process] カードをクリックします。

25602560

[テンプレートを使用] をクリックします。

750750

プロセスの [名前] を入力し、PC の [場所] を選択します。[作成] をクリックして、プロセスを開きます。

563563

ユーザー ガイド

The process comes with detailed documentation included in the project folder. We recommend you to read the enclosed User Guide even if you are familiar with the Document Understanding solution.

プロジェクトに貢献する

You can contribute directly to the project by making a pull request or by opening an issue in our repository here. If you want to create a new branch, please be aware of the naming conventions in the README.md file.

2 か月前に更新


Document Understanding Process: Studio のテンプレート


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。