通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

UiPath Assistant について

概要

UiPath Assistant は、ユーザーがデスクトップからロボットを操作し、ロボットとの対話を簡単かつ楽しく行えるようにするために開発された専用のツールです。オートメーションへのアクセス、管理、および実行を、わずか数回のクリックで簡単に行うことができます。ロボットのアバターや名前を選択したり、カスタム フォルダー内のプロセスをスタートパッド上で整理したり、別のテーマを選択したりするなど、ユーザーの好みに合わせてインターフェイスをカスタマイズすることができます。UiPath Assistant が人間とロボットとの橋渡しをするうえでこうしたすべてのことが役立っています。

Robot のクライアントである UiPath Assistant は、ユーザーの入力に基づいてジョブの開始や停止、設定の変更などを行うコマンドを送信できます。

UiPath Assistant は、有人プロセスの使用に特化して設計されていますが、開始できるプロセスの種類に関しては何の制限もありません。したがって、Orchestrator に簡単に接続し、ジョブを開始できます。

During installation, you are able to choose to deploy the Robot in User Mode or Service Mode to better suit your environment. For more details, see the According to Deployment document.

UiPath Assistant をインストールして実行すると、Robot_iconRobot_icon アイコンがシステム トレイに表示されます。このアイコンをクリックすると UiPath Assistant にフォーカスが移動します。右クリックするとメニューが表示され、[設定] や [Orchestrator の設定] を選択できるほか、UiPath Assistant にフォーカスを移動したり、UiPath Assistant を終了したりすることもできます。

UiPath Assistant とプロセス実行のアイコン

トレイ

  • connectedconnected - 接続が確立されている場合。
  • disconnecteddisconnected - 未接続の場合。
  • connection_errorconnection_error - エラーが発生した場合 (例: UiPath Robot サービスが停止したなど)。
  • warningwarning - 新着または未読の通知がある場合。

タスクバー

  • searchsearch - Simple Assistant
  • searchsearch - Running Process
  • searchsearch - Running Process in PIP
  • searchsearch - Running process from Assistant
  • searchsearch - Running Process in PIP from Assistant

Orchestrator との接続ステータスは、トレイのアイコン上でホバーするか、UiPath Assistant のステータス バーからも確認できます。表示は以下のとおりです。

  • 接続済み、ライセンス済み - ロボットが存在し、ライセンスが付与されている場合。
  • 接続済み、ライセンスなし - ロボットが存在していても、ライセンスされていません。ホバーすると、「サーバー上に使用可能なライセンスがありません。」というツールチップ メッセージが表示されます。
  • 接続済み、ライセンスなし - 次のような場合にホバーすると、次のいずれかのツールチップ メッセージとともにステータスが表示されます。
    • "An Orchestrator Robot definition must exist for this user." - ロボットをホストするマシンが Orchestrator で定義されていません。たとえば、先に Orchestrator でロボットを定義せずに、ConnectionString を使用してそのロボットをデプロイした場合が該当します。
    • “Robot does not exist.” - 定義されているロボットがありません。
    • “Robot already connected to machine ‘Machine_Name’.” - フローティング ロボットが既に別のマシンで使用されています。
    • "The machine key is linked to another machine!" - Orchestrator との接続に使用したキーが、Orchestrator で別のマシンに属しています。

詳しくは「UiPath Assistant のフィールドの説明」をご覧ください。

インターフェイス

UiPath Assistant のインターフェイスは 2 列構成のデザインになっています。

左側の列には、利用可能なプロセスが 2 つのセクションに分かれて表示されます。

  • 最近
    • ユーザーが最近実行したプロセス 3 つ
  • プロセス
    • ユーザーが利用できるその他すべてのプロセス

The right side, also named "The Launchpad" is where you can pin your favorite processes to have easier access to them. You can drag and drop them to arrange them and create sections as shown below. This side also displays the Process Details when used.

UiPath Assistant の下部にはロボット ID と検索バーがあり、プロセスを見つけやすくなります。

863863

UiPath Assistant は以下のウィジェットに分割されます。

実行中のプロセス ウィジェット

実行中のプロセス ウィジェットを使用すると次の操作が可能です。

  • 現在フォアグラウンドとバックグラウンドで実行されているすべてのプロセスを表示します。
  • プロセスを一時停止、再開、または停止する。[Studio プロセス設定] ウィンドウで、プロセスの [一時停止] ボタンを無効化できます。プロセスを開始すると、その実行ステータスが表示されます。[ステータスを報告] アクティビティを使用して、プロセスの実行中にカスタムのステータス メッセージが表示されるように指定できます。
858858

既定のプロセス ウィジェット

既定のリスト ウィジェットでは、次の操作が可能です。

  • すべての利用可能なオートメーション プロセスを表示します。
    • UiPath Assistant が Orchestrator に接続されている場合、ロボットが属するロボット グループとフォルダーにあるプロセスが表示されます。プロセス上でホバーすると、そのプロセスの名前、バージョン、フォルダーが表示されます。
    • UiPath Assistant が Orchestrator に接続されていない場合は、%ProgramData%\UiPath\Packages フォルダーにあるプロセスが表示されます。Packages フォルダーは、こちらのページの説明に従って指定できます。
  • 新しいバージョンが用意されているプロセスやダウンロードしてローカルで解凍する必要があるプロセスをダウンロードして、インストールの状況を確認します。
  • スタート パッドへのプロセスの追加と削除を行います。コンテキスト メニューをクリックして [スタート パッドにピン留め] を選択します。

アラーム ウィジェット

アラーム ウィジェットを使用すると、プロセスを開始するための通知を受信する時刻や期間を指定できます。プロセス リスト ウィジェットに表示されるプロセスであれば、アラームを設定できます。頻度は 1 回、毎日、毎週、または毎月から選択でき、それぞれ独自の日にちを設定できます。1 つのアラームに含めることができるプロセスは 1 つのみです。[スケジュールを編集] ボタンをクリックすると、アラームの変更や削除ができます。

404404

アラームが設定されているプロセスが [アラーム] タブに表示され、プロセスが開始される直前にアラームが表示されます。プロセスは、ユーザーの同意がないと開始されないのでご注意ください。[アラーム] ウィンドウでは、通知のスヌーズ (10 分後に再度アラームを表示)、プロセスの開始、およびウィンドウを閉じる操作が行えます。

684684

個人用ワークスペース

この場所から、Orchestrator の個人用ワークスペース フィードでパブリッシュされたプロセスを管理できます。プロセスを表示、設定、実行できるだけでなく、UiPath Assistant から直接プロセスを削除することもできます。コンテキスト メニューの [個人のプロセスを削除] をクリックすると、UiPath Assistant と Orchestrator の個人用ワークスペース フィードの両方からプロセスが削除されます。

The contextual menu searchsearch provides you multiple options of managing processes, which has an option to set a keyboard shortcut for a specific process.

851851

📘

注:

個人フォルダーからプロセスを削除すると、Orchestrator からプロセスが削除され、パッケージはそのまま残ります。

プロセスの詳細

[プロセスの詳細] サブメニューには、以下の項目があります。

  • プロセスの名前と説明 - これらは、プロセスが作成されたときに Studio に表示される詳細に基づいています。
  • Input Arguments used to configure processes that make use of input arguments.
  • The Start in PiP toggle is inherited from the project settings in Studio. If a process is set to Start in PiP in Studio, the toggle is enabled. Changing it from the UiPath Assistant overwrites the setting from Studio.
862862

あなたのロボット

ロボットをさらに人間らしくするために、写真と名前を選択してアイデンティティを与えることができます。この操作は、UiPath Assistant を初めて開くときに実行します。ただし、検索バーの横にあるロボットのアイコンをクリックすれば、いつでも変更できます。また、アイコン上でホバーするとロボットの名前が表示されます。

428428

22 日前に更新


UiPath Assistant について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。