通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

ピクチャ イン ピクチャ

概要

ピクチャ イン ピクチャを使用すると、マシン上で現在行っている作業を中断することなく有人オートメーションを実行できます。

ピクチャ イン ピクチャを利用してコンピューターを使用しながらメディアを表示するのと同じように、作業を分割して同時に実行できます。

ロボットが PiP セッションで動作する間、ユーザーはマシンを使用してファイルへのアクセス、ドキュメントの変更、メールの送信、電話対応など、自分にしかできない作業を行うことができます。

ピクチャ イン ピクチャには 2 つのバージョンがあります。いずれの場合も、オートメーションとユーザーが行う作業は分けて行われ、以下のテクノロジーに基づいています。

  • Child Session - Processes run in a separate Windows session on the machine.
  • Virtual Desktop - Processes run in the same Windows session but on a virtual desktop.

PiP プロセスは、Studio の [デバッグ] タブ、StudioX、または UiPath Assistant から開始されます。

920920

PiP の種類を設定する

オートメーションで使用される PiP テクノロジーは、Studio の [プロジェクト設定] 内の [PiP の種類] で設定します。既定では、[新しいセッション] に設定されています。

次のオプションを使用できます。

  • PiP の種類:
    • 新しいセッション - オートメーションを PiP で実行すると、子セッション テクノロジーが使用されます。
    • 新しいデスクトップ - オートメーションを PiP で実行すると、仮想デスクトップ テクノロジーが使用されます。
945945

プロセスを PiP 対応済みにする

If a process has been tested and can be safely run in PiP, you can mark it it as such from the Project Settings in Studio.

同じメニューから、プロセスを既定でピクチャ イン ピクチャで開始するよう設定し、使用する PiP テクノロジーを選択することもできます。

  • PiP のオプション:
    • PiP の使用をテスト済み、PiP で開始 - オートメーションの PiP モードでの実行が承認されています。実行時は、既定で PiP で開始されます。
    • PiP の使用をテスト済み、既定では PiP で開始しない - オートメーションの PiP モードでの実行が承認されています。実行時は、既定でメイン セッションで開始されます。
    • PiP の使用のテスト未実施 - オートメーションの PiP モードでの実行が承認されていません。実行時は、既定でメイン セッションで開始されます。
945945

「呼び出し」系アクティビティに PiP を使用する

When using Invoke Activities such as Invoke Process, Invoke Workflow File, and Run Parallel Process, you can choose the session in which they run.

Studio で、アクティビティの [ターゲット セッション] プロパティに以下のいずれかの値を設定します。

  • 現在 - 子プロセスは、ユーザーが使用しているセッションまたはデスクトップで開きます。
  • Process Default - 子プロセスは、[プロジェクト設定] で定義された設定を使用します。
  • Main - 子プロセスは、親プロセスの実行場所に関係なくユーザー セッション内で開始されます。
  • ピクチャン イン ピクチャ - 子プロセスは、親プロセスの実行場所に関係なくピクチャ イン ピクチャで開始されます。
706706

📘

注:

[ターゲット セッション] プロパティは Studio からしか変更できません。

StudioX で開発したプロジェクトでこのプロパティを変更するには、プロジェクトを Studio で開く必要があります。

約 1 か月前に更新


ピクチャ イン ピクチャ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。