Robot
2023.4
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Robot ガイド
Last updated 2024年7月15日

PiP - 仮想デスクトップ

ピクチャ イン ピクチャ - 仮想デスクトップ を使用すると、オートメーションをマシン上の仮想デスクトップで実行できるため、メイン デスクトップを解放できます。1 台のマシンにつき複数の PiP ユーザー セッションを使用することもできるため、再認証を行ったり、メイン デスクトップで既に開いているアプリを起動したりする必要がありません。

動作のしくみ

プロセスを PiP で開始すると、新しい仮想デスクトップが起動してプロセスはそこで実行されるため、メイン デスクトップを自由に操作できます。

ダイアログ ウィンドウも用意されており、ここから PiP セッションに切り替えて、ロボットが実行中のアクションや、オートメーションの動作の様子をリアルタイムに確認できます。



コントロール

PiP ウィンドウでは、以下のコントロールを使用できます。

  • docs image (常に手前に表示) - このコントロールを有効化すると、フォーカスが外れているときでも PiP ウィンドウを常に他のアプリケーションの前面に表示できます。
  • docs image 最小化 - プロセスを中断せずに、PiP ウィンドウを最小化してメイン デスクトップのタスク バーに表示させます。
  • docs image 閉じる - PiP ウィンドウを閉じます。

その他の情報

  • PiP - 仮想デスクトップを使用する場合、Edge/Chrome ブラウザーの操作の自動化には v22.4 以降の UI Automation アクティビティが必要です。
  • 動作のしくみ
  • コントロール
  • その他の情報

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.