Automation Suite
2023.10
  • Linux の Automation Suite のリリース ノート
    • 2023.10.0
    • 2023.10.1
    • 2023.10.2
    • 2023.10.3
  • EKS/AKS の Automation Suite のリリース ノート
バナーの背景画像
Automation Suite リリース ノート
最終更新日 2024年5月20日

2023.10.0

公開日: 2024 年 4 月 25 日

ライセンス関連のテナント制限の変更

以下のいずれかのサービスを含むライセンスをお持ちの場合は、ライセンスの更新時に、100 個のテナントそれぞれでこれらのサービスを有効化できます。
  • Automation Hub
  • Process Mining
  • Test Manager
  • Insights

公開日: 2023 年 11 月 22 日

UiPath.OrganizationMigrationApp の新しいバージョンが公開

UiPath.OrganizationMigrationApp の新しいバージョンをリリースしました。このツールはスタンドアロン製品から Automation Suite への移行に役立ちます。新しいバージョンでは、Automation Suite v2023.10.0 に移行できるようになりました。

詳しくは、「スタンドアロン製品を Automation Suite に移行する」をご覧ください。

公開日: 2023 年 11 月 3 日

更新内容

インストール エクスペリエンスの効率化

インストール エクスペリエンスを刷新し、オンライン/オフライン、シングルノード/マルチノードのいずれのインストール モードでも、同様の手順が共有され、共通のコマンドを活用できるようにしました。この改良は、より一貫性のあるシームレスなインストール エクスペリエンスをすべてのユーザーに提供することを目的としています。

対話型インストーラーは、現在は少し異なる目的で使用されています。このインストーラーは cluster_config.json ファイルを生成するためにのみ使用でき、実際のインストールは実行できません。

詳しくは、以下のドキュメントをご覧ください。

サイドバイサイド アップグレードの導入

並列クラスターを使用して Automation Suite のアップグレードを実行できるようになりました。この新しいアップグレード方法はサイドバイサイド アップグレードと呼ばれ、古い Automation Suite クラスター (業界ではブルー デプロイと呼ばれることが多い) から新しいクラスター (グリーン デプロイ) にトラフィックを切り替えることができます。この方法のメリットの 1 つは、現在の環境がアップグレード操作の影響を全く受けないことです。さらに、アップグレード中に問題が発生した場合は、古いデプロイに簡単にロールバックできます。

詳細な要件、アップグレード マトリクス、手順については、「サイドバイサイド アップグレードを実行する」をご覧ください。

サイドバイサイド アップグレードは効率的で、ワークフローの運用を中断するリスクが少ないため、Automation Suite インスタンスのアップグレードに推奨される方法です。

インプレース アップグレードの強化

サイドバイサイド アップグレード メカニズムの代わりに、インプレース アップグレードを使用して Automation Suite のバージョンを移行することもできます。過去に Automation Suite をアップグレードしたことがある場合は、この方法をよくご存じのはずです。

このアップグレード プロセスに固有の点は、設定とデータを同一のハードウェア上で完全な状態で維持できることです。使用されるクラスターは 1 つだけです。つまり、前のステートに戻す場合は、バックアップと復元の操作に頼る必要があります。

このアップグレード メカニズムはこれまでも使用されていた方法ですが、今回のリリースではこのメカニズムの複雑さが大幅に軽減されました。インプレース アップグレードは、オンラインとオフラインの両方のシナリオで同一となりました。さらに、以前はアップグレード プロセスを自動または手動のどちらで行うかを選択する必要がありましたが、新しくなったアップグレード フローではこの区別は関係ありません。つまり、すべてのユーザーに対して単一の指示が適用されます。この改良の結果、オートメーションのアップグレードの実行にこれまで使用されていた uipathctl.sh ツールが削除されました。

詳細な要件、アップグレード マトリクス、手順については、「インプレース アップグレードを実行する」をご覧ください。

Linux の Automation Suite から EKS/AKS の Automation Suite への移行

Linux の Automation Suite を既に使用しているものの、EKS/AKS の Automation Suite のほうが自社のニーズに適していると考えるユーザーに朗報があります。EKS/AKS の Automation Suite の新しいインストールに移行できるようになりました。

ただし、現在のところ、埋め込みの Automation Suite から EKS/AKS 上の Automation Suite の既存インストールに移行することはできません。

要件、必要なデータ移行操作、ステップバイステップの手順について詳しくは、「Linux の Automation Suite から EKS/AKS の Automation Suite に移行する」をご覧ください。

Longhorn の削除による安定性と品質の向上

安定性と品質を向上させるため、Longhorn に代わるメカニズムを実装しました。この変更の概要は、データとボリュームがサーバー マシンにアタッチされたディスクと直接連携するというもので、以下のようないくつかの影響があります。

  • Insights、Docker レジストリ、監視アプリケーションが、サーバー ノードでのみ実行されるようになりました。

  • Insights に対して外部 ObjectStore バケットを構成できるようになりました。詳しくは、「外部 ObjectStore の構成」をご覧ください。

  • NFSv3 のサポートが追加されました。

  • Longhorn から移行せずにアップグレード プロセスが完了すると、バックアップから復元されたクラスターには Longhorn が含まれなくなります。

  • AI Center のパイプラインには追加のストレージが必要になりました。このパイプラインは、追加の AI Center ディスクがマウントされているマシン (サーバー マシンまたはエージェント マシンのいずれか) で動作します。

uipathctl のご紹介

CLI ツールを統一する取り組みの一環として、 uipathctlを導入します。 現在、この新しいツールの主な目的は、Automation Suite のインストールに影響する問題の診断とトラブルシューティング、サイド バイ サイド アップグレードの実行、Linux の Automation Suite から EKS/AKS の Automation Suite への移行、外部の OCI 準拠のレジストリへの移行、 cluster_config.json ファイルの生成を行うことです。
今後、他の多くのシナリオでも uipathctl が頼りになるツールになります。ご期待ください。

署名付き URL を使用しない ObjectStore へのアクセス

署名付き URL を介したアクセスを無効化できる機能が導入され、外部 ObjectStore に対する権限が強化されました。

この設定を一度有効化すると元に戻せなくなり、グローバルに適用されますのでご注意ください。個々の製品レベルでの変更はできません。

この特定の設定では、Task Mining、および特定のアクティビティ ([ストレージ テキストを書き込み]、[ストレージ ファイルをアップロード]、[ストレージ ファイルのリストを取得]、[ストレージ テキストを読み込み]、[ストレージ ファイルをダウンロード]、[ストレージ ファイルを削除]) はサポートされていない点を考慮してください。

外部 Docker レジストリの改良機能

外部 Docker レジストリを大幅に改良しました。新機能のメリットは以下のとおりです。

  • 外部の Docker レジストリにプライベート証明書を備えて、セキュリティをさらに強化できます。

  • ミラー レジストリ スクリプトでは Automation Suite の成果物をコピーするためにインターネットへのアクセスが必要ですが、これに加えて、hydrate-registry.sh スクリプトがサポートされるようになりました。このスクリプトは、オフラインの tar バンドルを使用してそれを解凍し、中身を外部 Docker レジストリに直接アップロードします。このため、レジストリを管理する選択肢を柔軟に選択できるようになりました。

ネットワーク アクセスに制限がある顧客向けのオフライン バンドルの分割

ネットワーク アクセスに制限があるユーザーに対応するため、分割 as.tar.gz ファイルを導入し、オフライン インストールの実行に使用できるようにしました。このオフライン バンドルは、ダウンロードしやすいように 52 のパーツに分割されており、すべてのパーツがダウンロードされると再構築できます。
ただし、完全な as.tar.gz ファイルを一度にダウンロードするオプションも、十分な帯域幅を持つユーザーに対して引き続き利用可能です。

分割ファイルをダウンロードして結合する方法について詳しくは、公式ドキュメントをご覧ください。

RHEL のサポート対象のバージョンの追加

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.8 を実行するマシンに Automation Suite をインストールできるようになりました。

重要:

RHEL kernel version kernel-4.18.0-477.10.1.el8_8 は、Automation Suite クラスターのインストールまたは管理を中断させる問題の影響を受けます。どの Automation Suite ノードも、インストール前またはインストール後にこのバージョンのカーネルを使用していないことを確認してください。以下のコマンドを実行するとカーネルのバージョンを更新できます。

dnf install -y kernel kernel-tools kernel-tools-libsdnf install -y kernel kernel-tools kernel-tools-libs

SELinux のサポート

Automation Suite のすべてのバージョンで、すぐに使える SELinux がサポートされており、既定のポリシーが有効化されています。

IMDSv2 のサポート

インスタンス プロファイルを使用して AWS S3 に接続できるよう、IMDSv2 がサポートされました。

ArgoCD UI ドキュメントの非推奨化

ベスト プラクティスに確実に従い操作の安定性を維持するため、UiPath では設定やパラメーターを変更する手段として ArgoCD UI の使用を避けることにしました。

代わりに、そういった目的には cluster_config.json ファイルを使用することを強くお勧めします。この変更は、信頼できる情報源の一貫性を構成に対して確保することを目的としています。

ただし、トラブルシューティング、ログの表示、その他の同様の操作に対しては引き続き ArgoCD UI を使用できます。

ライセンスに関するニュース

監査ログのメッセージの変更

管理者によってユーザーが削除され、そのライセンスの割り当てが解除された場合に表示される監査データのメッセージを改良して分かりやすくしました。「User <administrator_name> deallocated all licenses of user(s) <user_names>」というメッセージが表示されるようになりました。

AI Unit の割り当て

AI Unit をテナント レベルでも割り当てられるようになりました。この操作は [管理] セクションで、目的のテナントに対応するライセンスの割り当てウィンドウから実行します。

ライセンス割り当てエンドポイント

API からライセンスを割り当てるための 2 つの新しいエンドポイントを追加しました。

  • GET/api​/account​/{accountId}​/user-license​/group​/{groupId} - グループの作成または編集に利用可能なすべてのユーザー ライセンスのリストを取得するには、このエンドポイントを呼び出します。
  • このエンドポイントを使用するには、ライセンス[表示] 権限が必要です。
  • PUT/api/account/{accountId}/user-license/group/{groupId} - グループ ルールの割り当てまたは更新をするには、このエンドポイントを呼び出します。
  • このエンドポイントを使用するには、ライセンス[書き込み] 権限が必要です。

Citizen Developers ユーザー グループ

プラットフォームのアクセス制御機能として、新しいユーザー グループ「Citizen Developers」を追加しました。この新しいグループは組織レベルで定義され、プラットフォーム内のすべてのサービスとシームレスに連携します。

Citizen Developers グループでは、市民開発者が不要なアクセス権に混乱させられず、業務に関連するリソースにアクセスできるため、管理者の負担が軽減されます。

このユーザー グループがプラットフォームのさまざまなサービスにどのように連携するかについて詳しくは、製品ドキュメントをご覧ください。

AAD のカスタム属性マッピング

既存の AAD との連携では自動属性マッピングが提供されていますが、このリリースでは、組織がカスタム属性マッピングを使用する機能が導入されました。

事業 部門 属性のカスタム マッピングのサポートを開始しました。これにより、組織部門などの属性を UiPath® Platform の「事業部門」フィールドにマッピングできます。 このマッピングにより、組織内のユーザーのコンテキストの理解が深まり、ユーザー ID を Automation Hub などのサービスと連携させることができます。

事業部門属性は、Azure AD 属性に基づいて、または SAML を介してマッピングできます。

Deployment Assistant のサポート終了

Deployment Assistant のサポートを終了します。これにより、より大きなメリットをもたらすツールの開発や改良を集中して進めることができます。

公式ドキュメントを詳しく確認して既存のツールや機能を理解することを、すべてのユーザーに対して推奨します。公式ドキュメントに関するフィードバックをお寄せください。皆さまのご意見は、ユーザーのニーズに最適なサービスを提供するための、製品の継続的な改良や調整のために不可欠です。

改良点

トラブルシューティングのユーザー エクスペリエンスの向上

Automation Suite のトラブルシューティングとデバッグに役立つ新しい CLI ツールを導入しました。新しいツールは uipathtools と呼ばれ、健全性コマンドに固有の uipathctl 機能のサブセットが含まれています。軽減手順にタイムリーにアクセスできるように、標準リリースよりも高い頻度で uipathtools の更新プログラムを提供する予定です。
uipathtoolsuipathctl の CLI ツールでは、以前の Automation Suite 診断ツール diagnostics-report.sh (現在は提供されていない) に含まれていたすべての診断機能を利用できます。

SSO 認証の改良

ArgoCD のシングル サインオン (SSO) を有効化する手順を更新しました。現在は、Dex 構成ファイルと指定したパラメーターを使用する必要があります。

詳しくは、こちらのドキュメントをご覧ください。

バグ修正

  • 追記 (2024 年 1 月): レプリカのクリーンアップ スクリプトによって、ノード上のストレージが誤って再利用されていました。詳細については、ストレージ再利用パッチのトラブルシューティングに関する記事を参照してください。

  • 以前は、スケジュールされたバックアップとオンデマンド バックアップの両方が、1 時間のタイムアウト後に失敗していました。現在は、タイムアウト期間を 3 時間に延長できるようになりました。詳細については、「スナップショットのバックアップを有効化する」と「スナップショットのオンデマンド バックアップ」をご覧ください。

  • configureUiPathAS.sh スクリプトで ODBC 接続文字列が正しく更新されなかったり読み取られなかったりすることがありました。現在、この問題は修正されています。
  • 最初の実行から 90 日後に Automation Suite インストーラーを再実行しようとすると、エラーが発生していました。インストーラーは、有効期間が 90 日間の自己署名証明書を生成し、それが再実行されたときに、既に期限が切れている証明書については再検証を求めていました。

管理者のバグ修正

  • Automation Express ライセンスはクラウド環境専用ですが、オンプレミスのデプロイでも割り当てが可能になっていました。この問題は現在は修正されました。

  • Action Center - Named User ライセンスを持つ組織には、Data Service ユニットが付与されていませんでした。この問題は現在は修正されました。

  • 組織を削除しても、そのライセンスは解放されませんでした。現在は、組織が削除されると、その組織に割り当てられていたライセンスはすべてライセンス プールに戻ります。

  • 構成マップの NLog 設定 minLevel が適用されていませんでした。既定の minLevel は、重要度が「Info」以上のログが記録されることを示す「Info」です。にもかかわらず、minLevel の設定が適用されておらず、重要度レベルが低い「Trace」や「Debug」のログも書き込まれていました。
  • 以前は、セキュリティ グループを取得するときに既知の SID が誤って含まれ、予期しない動作が発生するという問題がありました。セキュリティ グループを取得するときに既知の SID が含まれることがなくなり、よりスムーズで予測可能な機能が保証されます。

  • v2022.10.1 以降にアップグレードした後に、ホスト テナントにログインしてからログアウトし、その後で別のテナントに切り替えると、選択したテナントではなく、以前のログアウト場所にリダイレクトされていました。現在は、ログアウトしてテナントを切り替えた後は、以前のログアウト場所ではなく、選択したテナントのページに正しくリダイレクトされるようになりました。

既知の問題

シングルノードのアップグレードがファブリックの段階で失敗する

Erratum - added May 20, 2024: On single-node deployments with in-cluster storage, upgrades from version 2022.4.1 or older fail at the fabric stage due to a rook-ceph migration issue. To prevent the issue, follow the instructions in this troubleshooting article: Single-node upgrade fails at the fabric stage.

CephMgrIsAbsent アラートに関する問題

追記 (2024 年 4 月 19 日): ストレージに問題がない場合でも、CephMgrIsAbsent の誤検知アラートが表示されるようになりました。 この問題は、Automation Suite 23.10.3 で修正されています。

S3 オブジェクト ストアへの移行後に rook-ceph をアンインストールする際のエラー メッセージ

追記 (2024 年 4 月 19 日): rook-ceph をアンインストールする際に、外部オブジェクト ストレージの構成が見つからないことに関するエラー メッセージが表示されます。 この問題は、移行が成功した場合でも発生します。 この問題は Automation Suite 23.10.3 で修正されています。

Ceph のメトリックとアラートに影響する問題

追記 (2024 年 4 月 19 日): 特定の状況下で、Ceph のメトリックとアラートが監視ダッシュボードに表示されないことがあります。 この問題を修正するには、 トラブルシューティング ページをご覧ください。

SQL サーバーと SQL データベースの照合順序の違いはサポートされていません

追記 (2024 年 2 月 28 日): ストアド プロシージャは、SQL サーバーと SQL データベース間の照合順序の違いをサポートしていません。 潜在的な問題を回避するには、SQL Server と SQL データベースの両方の照合順序の設定が同一であることを確認する必要があります。

MongoDB から SQL Server への移行によりアップグレードが失敗する

追記 (2024 年 2 月 28 日): Automation Suite 2022.10 以前を 2023.10.0 と 2023.10.1 にサイド バイ サイドでアップグレードする場合に影響する問題を特定しました。 MongoDB から SQL Server への移行に誤りがあるため、Apps を有効化していて、SQL Server データベースに対して Kerberos 認証を使用している場合、アップグレード操作が失敗します。

推奨される解決策は、 代わりに Automation Suite 2023.10.2 以降にアップグレードすることです。

既存の Automation Suite に新製品を追加する際にインストールが失敗する

追記 (2024 年 2 月 28 日): Automation Suite の既存のインストールに新しい製品を追加しようとすると、インストーラーが一時レジストリを指定するよう誤って求め、インストール プロセスが失敗します。

この問題を解決するには、次の回避策を使用します。

  1. 一時レジストリが稼働していることを確認します。
  2. 次のコマンドを実行して、StatefulSet の Docker レジストリ StatefulSet の readyinessProbe 設定を変更します。
    kubectl patch statefulset docker-registry -n docker-registry --type json -p '[{"op": "replace", "path": "/spec/template/spec/containers/0/readinessProbe", "value": {"httpGet":{"scheme":"HTTPS", "path": "/", "port": 5000}}}]'kubectl patch statefulset docker-registry -n docker-registry --type json -p '[{"op": "replace", "path": "/spec/template/spec/containers/0/readinessProbe", "value": {"httpGet":{"scheme":"HTTPS", "path": "/", "port": 5000}}}]'

政府機関向けクラウド ストレージへのログ転送に影響する問題

追記 (2023 年 12 月 19 日): Fluentd および Fluent Bit のログを Azure および AWS の政府機関向けクラウド ストレージに転送することはできません。

Splunk を使用し、そちらでアプリケーション ログを転送することをお勧めします。

オフライン インストール実行後のゾンビ プロセス

追記 (2023 年 12 月 19 日): オフライン インストールの実行後、Docker レジストリの Readiness Probe によってゾンビ プロセスがトリガーされます。

この問題を解決するには、v2023.10.0 のオフライン インストールを実行した後に次のコマンドを実行して、既存の Readiness Probe を更新します。この手順は、オンライン インストールでは不要です。

kubectl patch statefulset docker-registry -n docker-registry --type json -p  '[{"op": "replace", "path": "/spec/template/spec/containers/0/readinessProbe", "value": {"exec":{"command":["sh","-c", "[ -f /var/lib/registry/ready ] || { echo \"Registry is not seeded\"; exit 1; } "]}}}]'kubectl patch statefulset docker-registry -n docker-registry --type json -p  '[{"op": "replace", "path": "/spec/template/spec/containers/0/readinessProbe", "value": {"exec":{"command":["sh","-c", "[ -f /var/lib/registry/ready ] || { echo \"Registry is not seeded\"; exit 1; } "]}}}]'

障害復旧後 Dapr が Process Mining と Task Mining で正しく機能しない

障害復旧後、Dapr が正常に復元されず、Process Mining と Task Mining のサービスを提供するために Dapr が必要とする証明書が正しくありません。dapr、processmining、および taskmining アプリケーションは、最初は正常であるように見えますが、その後は進行中ステートに戻り、環境が不安定になります。Process Mining または Task Mining にログインしても、アプリケーションが読み込まれなかったり、予期しないエラーが返されたりすることがあります。

問題を解決するために必要な手順について詳しくは、「Process Mining のトラブルシューティング」をご覧ください。

Document Understanding のすぐに使えるパッケージのバージョンが見つからない

特定の状況下で、すぐに使えるパッケージのインストーラーが失敗することがあります。失敗した場合、一部の ML パッケージのバージョンが Document Understanding に表示されなくなります。これを修正するには、ArgoCD の同期をトリガーするか、ArgoCD の同期によってインストーラーが自動的にトリガーされてパッケージが再インストールされるのを待ちます。

Document Understanding の接続文字列を設定する際に使用できない文字がある

構成ファイルで接続文字列を手動で設定する場合、PYODBC では Document Understanding データベースのパスワードの先頭に { を使用できません。

v2023.10 へのアップグレード後に AI Center をプロビジョニングできない

v2023.4.3 から v2023.10 にアップグレードすると、AI Center のプロビジョニングで問題が発生します。

システムに次の例外が表示され、テナントの作成が失敗します。 "exception":"sun.security.pkcs11.wrapper.PKCS11Exception: CKR_KEY_SIZE_RANGE
この問題を解決するには、ai-trainer のデプロイで、ロールアウトの再起動を実行する必要があります。これを行うには、次のコマンドを実行します。
kubectl -n uipath rollout restart deploy ai-trainer-deploymentkubectl -n uipath rollout restart deploy ai-trainer-deployment

非推奨化のタイムライン

非推奨化および削除される機能に関する最新情報については、非推奨化のタイムラインを定期的に確認することをお勧めします。

バンドルの詳細

製品バージョン

Automation Suite の各製品における変更点は、以下のリンクから確認できます。

製品が灰色表示されている場合は、この新しいバージョンの Automation Suite ではそのコンポーネントに対する変更はありません。

発見開発管理協働
AI Center 2023.10.0Action Center 2023.10.0
Task Mining 2023.10.0AI Computer Vision 2023.4.3Insights 2023.10.0Apps 2023.10.0
Document Understanding 2023.10.0Orchestrator 2023.10.0 
  Test Manager 2023.10.0 
    

内部コンポーネントのバージョン

この Automation Suite のリリースには、次のコンポーネントがバンドルされています。

コンポーネント

バージョン

RKE2

1.26.5

ArgoCD

2.7.7

logging-operator

3.17.10
logging-operator-logging3.17.10
Gatekeeper3.11.0

rook-ceph

1.9.4

prometheus-pushgateway

2.1.6

cert-manager

1.12.3

rancher-istio

102.2.0-up1.17.2

rancher-logging102.0.1-up3.17.10
rancher-logging-crd102.0.1-up3.17.10
rancher-monitoring-crd102.0.1-up40.1.2
rancher-gatekeeper-crd100.2.0-up3.8.1
rancher-gatekeeper

100.2.0-up3.8.1

rancher-monitoring

102.0.1-up40.1.2

longhorn

1.4.3

longhorn-crd

1.1.100

reloader

0.0.129

csi-driver-smb

1.8.0

velero

3.1.6

redis-operator

6.2.18-41

redis-cluster

6.2.18-65

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.