Automation Ops
最新
カスタム フィード - 最新 Automation Cloud
Banner background image
ロゴ
Automation Ops ユーザー ガイド
最終更新日 2024年2月6日

カスタム フィード

独自のフィードを設定し、それらをカスタム パッケージまたはライブラリ フィードとして Automation Ops に追加して、含まれるパッケージおよびバージョンを管理し、Orchestrator テナントにデプロイできます。

カスタム フィードを表示および管理する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [フィードを管理] > [カスタム] の順に選択します。

既存のカスタム フィードの名前、URL、種類を示す表がページに表示されます。表の上にある [更新] をクリックして、データを更新できます。更新は 15 分ごとに自動的にトリガーされ、データを再読み込みするよう求めるメッセージが表示されます。

カスタム フィードは次のように管理できます。



新しいフィードを追加する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [フィードを管理] > [カスタム] > [フィードを追加] の順に選択します。
    重要: NuGet API v2 および v3 エンドポイントを使用するフィードは、基本認証 (ユーザーとパスワード) ではなく API キーを使用するように設定した場合にのみサポートされます。
  3. 以下の詳細を設定して、[追加] をクリックします。
    • 名前 - フィード名を入力します。
    • 種類 - [パッケージ] または [ライブラリ] のいずれかを選択します。
    • URL - フィードの URL を入力します。NuGet API v2 および v3 エンドポイントがサポートされています。例:
      • MyGet v2 フィードの URL - https://www.myget.org/F/<feed-name>/api/v2
      • MyGet v3 フィードの URL - https://www.myget.org/F/<feed-name>/api/v3/index.json
    • API キー - 任意で、フィードのセキュリティ保護に使用する API キーを入力します。
    • 説明 - 任意で、フィードの説明を入力します。


  4. 確認ダイアログが表示されます。[続行] をクリックして確定します。

    追加するフィードが、既に Orchestrator に外部フィードとして追加されている場合、Automation Ops の既存のエントリが [Orchestrator] タブから [カスタム] タブに移動し、詳細が手順 3 で設定された内容に置き換えられます。

フィードを管理する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [フィードを管理] > [カスタム] の順に選択します。
  3. フィードのリストでフィードを選択するか、フィード名の右側でホバーして編集アイコン docs image をクリックします。フィード ページには、次のタブが表示されます。

フィードのパッケージを管理する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [フィードを管理] > [カスタム] の順に選択します。
  3. フィードのリストで、フィードを選択します。

[パッケージ] タブには、フィードに追加されたパッケージのリストが表示されます。各パッケージには、名前、説明、最新バージョン、および最大 3 つのパッケージ タグが表示されます。

パッケージのリストをフィルター処理するには、表の上にあるボックスを使用して名前で検索するか、1 つ以上のパッケージ タグでフィルター処理します。表の上にある [更新] をクリックして、データを更新できます。

パッケージの管理方法の詳細については、以下をご覧ください。

新しいパッケージを追加する

  1. [パッケージ] タブを選択し、表の上にある [パッケージを追加] をクリックします。
  2. [パッケージを追加] ダイアログで [参照] docs image をクリックし、NUPKG ファイル (最大 500 MB) を選択して [追加] をクリックします。 パッケージがフィードに追加されます。
    • 他のバージョンのパッケージがフィードに既に存在する場合、パッケージは新しいバージョンとして追加されます。
    • 同じパッケージ バージョンがフィードに既に存在する場合、新しいパッケージ バージョンによって既存のパッケージ バージョンが置き換えられます。

既存のパッケージに新しいバージョンを追加する

  1. [パッケージ] タブを選択し、パッケージを選択します。
  2. バージョンのリストの上にある [パッケージを追加] をクリックします。
  3. [パッケージを追加] ダイアログで [参照] docs image をクリックし、NUPKG ファイル (最大 500 MB) を選択して [追加] をクリックします。

    新しいバージョンがパッケージに追加されます。同じパッケージ バージョンがフィードに既に存在する場合、新しいパッケージ バージョンによって既存のパッケージ バージョンが置き換えられます。

パッケージ バージョンを別のフィードにコピーする

フィード内の任意のパッケージ バージョンを、別の Orchestrator フィードまたはカスタム フィードにコピーできます。

  1. [パッケージ] タブを選択し、パッケージを選択します。
  2. バージョンのリストで、コピーするバージョン名の右側でホバーして docs image をクリックし、[複製] を選択します。
  3. [パッケージ バージョンを複製] ダイアログで、パッケージ バージョンのコピー先のフィードを選択して [複製] をクリックします。

    パッケージ バージョンが選択したフィードにコピーされます。

パッケージ バージョンを削除する

不要になったパッケージ バージョンを削除できます。バージョンを削除する前に、そのバージョンを使用しているプロセスがないことを確認してください。

  1. [パッケージ] タブを選択し、パッケージを選択します。
  2. バージョンのリストで、削除するバージョンの右側にカーソルを合わせて、docs image > [削除] をクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されます。[削除] をクリックして確定します。

    パッケージ バージョンがフィードから削除されます。

パッケージ バージョンの詳細を表示する

[パッケージ] タブでパッケージを選択し、パッケージ バージョンを選択します。バージョン、説明、タグ、作成者、パブリッシュ日、依存関係 (該当する場合) が表示されます。

フィードのデプロイを管理する

[デプロイ] タブには、フィードのデプロイのリストが表示されます。



フィードをテナントにデプロイする

カスタム フィードを 1 つ以上のテナントにデプロイできます。各テナントにデプロイできるパッケージ フィードとライブラリ フィードはそれぞれ 1 つだけです。

  1. [デプロイ] タブを選択し、表の上にある [対象を追加] をクリックします。
  2. [フィードを割り当て] ダイアログで対象のテナントを選択し、[追加] をクリックします。
  3. テナントに既にフィードが割り当てられている場合、このフィードに置き換えることを確認するメッセージが表示されます。


カスタム フィードをテナントにデプロイする場合、

  • カスタム フィードの種類はテナント フィードの種類と一致する必要があります (パッケージの場合はパッケージ、ライブラリの場合はライブラリ)。
  • テナントで使用中の、以前割り当てられたパッケージ フィードに含まれるパッケージがカスタム フィードに含まれていない場合は、カスタム フィードのデプロイ後に使用できなくなります。
  • テナントの Orchestrator のデプロイ設定は、次のように更新されます。

    • パッケージ フィードの場合

      • 外部デプロイ設定が選択されます。
      • API キーのセキュリティ設定が選択され、オプションのキーが追加されます。
    • ライブラリ フィードの場合

      • 外部デプロイ設定が選択されます。
      • API キーのセキュリティ設定が選択され、任意のキーが追加されます。
      • ホスト フィードとテナント フィードの両方の設定が選択されます。

フィードのデプロイを削除する

  1. [デプロイ] タブを選択します。
  2. テナントのリストで、削除するフィードのデプロイの右側にカーソルを合わせて、[削除] をクリックします。
  3. 確認ダイアログが表示されます。[削除] をクリックして確定します。

カスタム フィードの削除後にテナントで使用されるフィードは次のように決定されます。

  • ライブラリ フィードの場合、テナントに対してホスト フィードが選択されます。
  • パッケージ フィードの場合、テナントに対して内部デプロイ オプションが選択されます。

フィードの詳細を編集する

  1. [詳細] タブを選択し、以下の詳細を指定します。
    • 名前 - フィード名を入力します。
    • 説明 - 任意で、フィードの説明を入力します。
    • 種類 - [パッケージ] または [ライブラリ] のいずれかを選択します。1 つ以上の Orchestrator テナントにデプロイされているフィードの種類は編集できません。
    • URL - フィードの URL を入力します。
    • 任意で、フィードの API キーを入力します。
  2. [保存] をクリックします。

フィードを削除する

  1. Automation Cloud で、左側のナビゲーション バーから Automation Ops に移動します。
  2. [フィードを管理] > [カスタム] の順に選択します。
  3. フィードのリストで、削除するフィードの右側にカーソルを合わせて [削除] docs image をクリックします。
Support and Services icon
サポートを受ける
UiPath Academy icon
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath Forum icon
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.