Automation Ops
最新
バナーの背景画像
Automation Ops ユーザー ガイド
最終更新日 2024年3月1日

Studio Web のポリシーの設定

このページでは、Studio Web のポリシーで利用可能な設定について説明します。

機能トグル

Studio Web の機能を有効化または無効化します。

  • ユーザーによるフィードバックの送信を許可 - [はい] を選択すると、ユーザーが [フィードバックを送信] フォームを使用して匿名のフィードバックを送信できます。既定では、このオプションは有効化されています。
  • プロジェクトのインポートを許可 - [はい] を選択すると、ユーザーがプロジェクトを Studio Web にインポートできます。既定では、このオプションは有効化されています。
  • ユーザーが個人用ワークスペース外にオートメーションをパブリッシュすることを許可 - [はい] を選択すると、ユーザーが個人用ワークスペース フィード以外のフィードにパブリッシュできます。

アクティビティ

アクティビティのソース、自動更新、プレビュー アクティビティの利用可否に関連する設定を適用します。

  • 依存関係の自動更新を強制 - [はい] を選択すると、利用可能な最新のアクティビティ パッケージのバージョンを常に使用することが強制されます。既定では、このオプションは有効化されています。
  • 使用するアクティビティ フィード - パッケージの Orchestrator ライブラリ フィードを有効化または無効化します。既定では、このオプションは有効化されています。
  • パッケージとアクティビティのプレビュー - Studio Web でパッケージとアクティビティのプレビューを有効化または無効化します。 このオプションは既定では無効化されています。

    メモ: プレビュー アクティビティを無効化するガバナンス ポリシーがデプロイされる前、またはユーザーに対して [ ポリシーなしの デプロイ] オプションが選択される前にプロジェクトで使用されているプレビュー アクティビティがある場合、プレビュー アクティビティとパッケージはそのプロジェクトで引き続き使用できます。

ワークフロー アナライザー

ワークフロー アナライザーのルールを使用して、パッケージやアクティビティの利用可否を制御します。 パッケージまたはアクティビティが禁止されている場合でも、アクティビティのリストには表示されますが、制限付きとしてマークされ、プロジェクトでは使用できません。 設定された制限は、使用中のすべてのフィードに適用されます。

  • ST-USG-014 (許可されたパッケージ) - このルールでは、以下のいずれかのリストを定義して、Studio Web でのアクティビティ パッケージの使用を制限できます。

    • 禁止されているパッケージ - Studio Web で禁止されているパッケージです。 このリストにないパッケージはすべて Studio Web で利用可能です。
    • 許可されているパッケージ - このリストにあるパッケージのみが Studio Web で利用できます。
    メモ: 制限を定義するときにパッケージのバージョン番号は含めず、パッケージ名のみを含めます。

    制限を定義する場合、次のようになります。

    • パッケージの完全な名前を追加します (例: UI Automation アクティビティの場合は UiPath.UiAutomation.Activities)。複数のパッケージを追加するには、コンマ (,) で区切ります。
    • アスタリスク * ワイルドカード文字を使用すると、任意の数の文字と一致させることができます。
    • これら 2 つのリストを同時に使用しないでください。許可されているパッケージを定義した場合、その他のパッケージはすべて禁止されます。

  • ST-USG-026 (AllowedActivities) - このルールでは、以下のいずれかのリストを定義して、Studio Web でのアクティビティとトリガーの使用を制限できます。

    • 禁止されているアクティビティ - Studio Web では禁止されているアクティビティです。 このリストにないアクティビティとトリガーは、すべて Studio Web で利用できます。
    • 許可されたアクティビティ - このリストにあるアクティビティとトリガーのみが Studio Web で利用可能です。

    制限を定義する場合、次のようになります。

    • アクティビティの完全な名前を追加します (例: [1 行を書き込み] の場合は System.Activities.Statements.WriteLine)。複数のアクティビティを追加するには、アクティビティをコンマ (,) で区切ります。
    • アスタリスク * ワイルドカード文字を使用すると、任意の数の文字と一致させることができます。 たとえば、禁止するアクティビティのリストに UiPath.Persistence.Activities* を追加すると、UiPath.Persistence.Activities で始まる名前のアクティビティは使用できなくなります。
    • リストを同時に使用しないでください。 許可されているアクティビティが定義されている場合、他のすべてのアクティビティは禁止されています。

ルールを設定するには、リストの 1 つに対応するパラメーターを編集し、[ 既定値を使用 ] オプションの選択を解除して、[ ] フィールドに制限を追加します。

テンプレート

テンプレート ソースを構成します。

  • 使用するテンプレート フィード - テンプレートの UiPath オフィシャル フィードを有効化または無効化します。既定では、このオプションは有効化されています。

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.