Automation Ops
latest
false
重要 :
このコンテンツの一部は機械翻訳によって処理されており、完全な翻訳を保証するものではありません。
Automation Ops ユーザー ガイド
Automation CloudAutomation Cloud Public SectorAutomation Suite
Last updated 2024年7月19日

ガバナンス

Automation Ops™ を使用すると、UiPath® Studio、UiPath® Studio Web、UiPath® Robot、UiPath® Assistant、および AI モデルの使用に関する ガバナンス ポリシー を設定し、デプロイできます。 ガバナンス ポリシーを使用すると、標準やルールがきちんと守られた状態でさまざまな機能が使用されるようにコントロールできます。

主な機能は以下のとおりです。

  • (プレビュー) AI Trust Layer の場合
    • UiPath® が管理するサードパーティ AI モデルの使用を管理するための 設定 を適用します。
    注:

    AI Trust Layer のポリシーは、Test Manager のプレビューを利用している組織のみが利用可能です。

  • StudioX、Studio、Studio Pro の場合:
  • Studio Web の場合
    • 製品機能を有効化/無効化したり、アクティビティ フィードとテンプレート フィードを管理したり、どのアクティビティとパッケージを Studio Web で利用可能にするかを制御したり、プレビュー版のアクティビティやパッケージを Studio Web プロジェクトで使用できるようにするかどうかを制御したりできます。
  • Robot の場合
    • Robot の実行時の動作を制御できます。ランタイム アナライザーのルールを適用して、オートメーションで特定のアドレスにメールを送信できないようにしたり、特定のアプリケーションや Web ページを使用できないようにしたりします。
  • Assistant の場合
    • UiPath® Assistant の ウィジェット へのアクセスを管理できます。
    • Assistant の特定の設定を強制適用できます。
重要:

以前にファイルベースのガバナンスを使用していた場合、[デプロイ] ページを初めて表示すると、環境内の既存のファイルベースのガバナンスが Automation Ops によって™上書きされます。

ファイルベースのガバナンスは適用されなくなることが予想されるため、既存のポリシーを Automation Ops™ にインポートして、ここからデプロイしてください。

Automation Ops™ は、Studio 2020.10.3 以降、Robot 2021.10 以降、Assistant 2021.4 以降に対応しています。 ユーザーは 、対話型サインインを使用して Orchestrator に接続する必要があります。

このページは役に立ちましたか?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
Uipath Logo White
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.