Automation Ops
最新
バナーの背景画像
Automation Ops ユーザー ガイド
最終更新日 2024年3月1日

ガバナンス ポリシーの定義

Studio の各プロファイル、Robot および Assistant に 1 つ以上のポリシーを定義できます。その後、テナントの各種類のライセンスごと、グループごと、またはユーザーごとにポリシーをデプロイできます。たとえば、Citizen Developer ライセンスを持つユーザーと RPA Developer Pro ライセンスを持つユーザー向けにそれぞれ別の StudioX のポリシーを作成してデプロイできます。

Automation Ops は柔軟で使いやすく、大規模なデプロイを迅速に管理できます。

  1. 組織でインストールされている製品のバージョンに応じて、使用する ポリシー テンプレート を選択します (Studio Web には適用されません)。
  2. 管理する製品のポリシーを作成します。

    組織で既にファイルベースのガバナンス モデルを Studio に使用している場合は、Studio からファイルを生成し、Automation Ops にアップロードしてポリシーを移行できます。

  3. テナント レベル、グループ レベル、ユーザー レベル、およびそれらの任意の組み合わせでポリシーをデプロイできます。
docs image

ポリシー テンプレートを選択する

製品設定はバージョンごとに異なる場合があります。また、バージョンが異なると利用できるポリシー テンプレートも異なります。ポリシー内の設定を管理対象の製品で利用可能な設定と一致させるには、組織内で使用されている製品バージョンのポリシー テンプレートを使用するよう Automation Ops を設定します。新しい製品バージョンをインストールするときには、新しいバージョンのポリシー テンプレートが利用可能かどうかを確認し、そのテンプレートに更新して、そのバージョンで適用可能なすべての製品設定がポリシーに含まれるようにします。

Automation Ops に特定の製品バージョンのテンプレートがない場合、その製品バージョンで利用できる最上位のテンプレートを使用します。たとえば、Automation Ops に Studio のテンプレート バージョン 20.10.3 と 21.10.0 が含まれている場合:

  • テンプレート バージョン 20.10.3 を使用して、Studio 2020.10.10 または Studio 2021.4.3 のポリシーを作成します。
  • テンプレート バージョン 21.10.0 を使用して、Studio 2021.10.0 のポリシーを作成します。
注:
ポリシー テンプレートを変更する前に、既存のポリシーを .json 形式でダウンロードして、今後の設定の参照として使用するか、前のテンプレートに戻す必要がある場合のバックアップとして保持することができます。
docs image

ポリシーのテンプレート バージョンを選択するには、次の手順を実行します。

  1. 左側のナビゲーション バーから [Automation Ops] に移動します。
  2. [ガバナンス] > [設定] の順に選択します。
  3. 各製品のバージョンを選択して [保存] をクリックします。
  • ポリシー テンプレートを選択する

Was this page helpful?

サポートを受ける
RPA について学ぶ - オートメーション コース
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2024 UiPath. All rights reserved.