Apps (アプリ)
v2023.4
ルール: エンティティ レコードを作成/更新 - Automation Suite 2023.4
ロゴ
Apps ユーザー ガイド
最終更新日 2023年10月26日

ルール: エンティティ レコードを作成/更新

ヒント: [エンティティ レコードを作成/更新] ルールの動作について理解を深めるには、「使い方」セクションの「Apps を Data Service と使用する」をご覧ください。

[エンティティ レコードを作成/更新] は、あらゆるコントロールの場合に設定できます。このルールを設定するには、式を使用する必要があります。式の使い方について詳しくは、「式について」をご覧ください。

このルールでは、以下の入力が許容されます。

  • エンティティ自体への参照
  • 更新する具体的なエンティティ



新しくレコードを作成するエンティティ/更新するエンティティ レコードを選択

作成または更新するエンティティを追加します。

操作するエンティティを追加すると、データ テーブルの列に対応するフィールドがその下に一覧表示されます。各フィールドに個別に値を設定できます。

エンティティ レコードを更新するには、Lookup 関数を使用してレコードを見つけ、更新する必要があります。



作成/更新時

[作成/更新時] プロパティでは、プロセスが完了するたびに実行されるルールを定義できます。

ベスト プラクティスは、エンティティが作成または更新された後に成功メッセージを表示することです。それには、[メッセージを表示] を使用し、[種類] ドロップダウン リストから [成功] を選択します。

エラー発生時

プロセスでエラーが発生すると、既定でエラー メッセージが表示されます。

別のユーザー インターフェイス (UI) のコンポーネントにエラー メッセージを表示する場合に、このフィールドを設定します。

ロゴ
サポートを受ける
ロゴ
RPA について学ぶ - オートメーション コース
ロゴ
UiPath コミュニティ フォーラム
UiPath ロゴ (白)
信頼とセキュリティ
© 2005-2023 UiPath. All rights reserved.