通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

設定手順

オートメーション プロジェクトで Robot JavaScript SDK を利用するには、以下の前提条件を満たしている必要があります。

  • バージョン 2019.10 以降の Studio と Robot がインストールされている
  • Robot が Orchestrator に接続されている
  • ロボット端末に UiPath JavaScript アドオンがインストールされている
  • Robot JavaScript SDK

🚧

重要:

Robot JavaScript SDK は、v2020.2 の Studio Community Edition および v2020.4 以降の Studio Enterprise Edition では、すぐに使えるコンポーネントとして提供されています。v2019.10 LTS の Studio Enterprise Edition では、スタンドアロンのアドオン インストーラーも利用できます。

v2019.10 から v2020.2 以降のバージョンにアップグレードする場合は、Studio および Robot インストーラーを実行する前に、UiPath Robot JS アドオンを手動でアンインストールする必要があります。

UiPath JavaScript アドオンをインストールすると、メソッドが呼び出された時にカスタム アプリケーションまたは Web ページが Robot に接続できるようにするプロンプトが表示されます。こちらでテストできます。

729

Robot JavaScript SDK

この SDK には、カスタム アプリケーションまたは Web ページに含めることができるすべての必要なメソッドとプロパティが含まれます。ダウンロードの手順は以下のとおりです。

NPM

npm パッケージ は TypeScript のバインディングで利用できます。このパッケージをプロジェクトに含めるには、プロジェクト ディレクトリのルートで以下のコマンドを実行する必要があります。

npm install --save @uipath/robot

CDN

CDN の場合、</body> タグを閉じる前に SDK を含める必要があります。

<body>
...
...
<script src="//download.uipath.com/js/Latest/UiPathRobot.js"></script>
</body>

ダイレクト ダウンロード

Robot JavaScript SDK はダイレクト ダウンロードでも入手できます。

2 か月前に更新


設定手順


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。