通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

ロボット ログ

ログは、アプリケーションに関連する情報イベント、エラー、警告メッセージを含む、タイムスタンプ付きのファイルです。

Orchestrator が利用できない場合は、接続が復元するまで、ローカル データベース形式 (C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Local\UiPath\Logs\execution_log_data) で、利用可能なディスク スペース内に保存されます。接続が復元すると、ログは生成された順番に分割して送信されます。

📘

注:

データベースは、ログが Orchestrator に正常に送信された後も削除されません。

ジョブのステータスは UiPath Robot サービスのメモリ内に保存されます。Orchestrator が利用可能になると、ジョブ ステータスに関連する情報は両者の間で同期されます。ただし、Orchestrator が利用できない状態で UiPath Robot サービスを再起動しても、これらの情報は失われます。つまり、Orchestrator が利用可能になったときに、ジョブは再実行されます。

ロボット診断ログ

これらのログではロボット自体およびそのコンテキストに関連する情報が提供されます。これらの情報は特定のエラーの原因を識別するのに役立ちます。

ロボット診断ログを有効化

既定では、ロボット診断ログが有効化されていて、Error または Warning レベルのメッセージのログが記録されます。

他のレベルのログ情報も必要な場合、ロー レベルのトレースを有効化すれば、すべてのログ情報を有効化できます。既定ではこの機能は無効化されています。

低レベルのトレースを有効化するには、コマンド プロンプトでコマンド UiRobot.exe --enableLowLevel を実行します。
低レベルのトレースを無効化するには、コマンド プロンプトでコマンド UiRobot.exe --disableLowLevel を実行します。

ロー レベル トレースを管理者、ローカル ユーザー、またはドメイン ユーザーとして有効化すると、.etl ファイルのロー レベル トレースが開始されます。これによって、Robot Executor およびサービスの詳細トレースがイベント ビューアー 内で有効化されます。

最初に cd 引数 (cd C:\Program Files\UiPath\Studio など) を使用してインストール ディレクトリに移動するのを忘れないでください。

📘

注:

低レベルのトレースは、問題の調査時にのみ有効にして、調査セッションが終了したら無効にすることをお勧めします。
さらに、トレース情報を含む .etl ファイルは、機能を無効化して初めて生成されます。
Robot を再起動しなくても変更が反映されます。

ロボット診断ログのターゲット

ログの記録先は <Installation Folder>\NLog.config ファイルで制御されます。診断ログは内部のロガーで収集され、NLog ターゲットを使用して転送されます。

既定では、内部ログは NLog.config の以下の行に指定するように、イベント ビューアーに送信されます。

<target xsi:type="EventLog" name="eventLog" layout="${callsite:className=false:includeSourcePath=true:methodName=false} ${message}" source="UiPath" log="Application" />

<logger name="Internal" minLevel="Trace" writeTo="eventLog" />

📘

注:

Editing the NLog.config file requires administrator permissions. The UiRobot.exe service needs to be restarted if the Internal target is changed in the NLog.config file for the changes to take effect.

To restart UiRobot.exe, access Task Manager -> Services -> UiRobot.exe -> Right Click -> Restart Service.

.etl ログ ファイルを開く

この種類のファイルは、イベント ビューアーから開くことができます。

  1. イベント ビューアーの [アクション] パネルで、[保存されたログを開く] をクリックします。[保存されたログを開く] ウィンドウが表示されます。
  2. 生成されたトレース ログ ファイルを参照し、[開く] をクリックします。左パネルの [保存されたログ] にファイルが表示されます。
  3. ファイルを選択します。ログの内容が表示されます。

ロボット実行ログ

ロボット実行ログは、プロセスの実行によって生成されるメッセージで、通常はその動作に関連する情報とユーザー定義メッセージを含みます。

実行ログはいくつかの方法で生成できます。

  • [1 行を書き込み] アクティビティでは、Trace レベルのログが作成されます。
  • [メッセージをログ] アクティビティでは、[レベル] プロパティ フィールドで指定されたレベルでログが作成されます。
  • オートメーション プロジェクトを実行すると、各アクティビティの動作を含むログが生成されます。[Orchestrator の設定] ウィンドウ[レベル ]Verbose に設定されていると、Trace レベルのログが記録されます。

実行ログのログ レベル

The default logging level is controlled by the Log Level setting in the Orchestrator Settings window in Assistant. By default, it is set to Information.

[Orchestrator の設定] ウィンドウで既定のログ レベルを変更する:

  1. UiPath Assistant から [設定] メニューに移動し、[Orchestrator の設定] にアクセスします。
  2. [ログ] セクションの [ログ レベル] ドロップダウン メニューから、適切なログ レベルを選択します。
    :information-source: If the Robot is installed as a Windows Service, administrator permission is required to edit this setting.

📘

注:

The log level set in Orchestrator overrides the one set in the UiPath Assistant.

実行ログのターゲット

By default, Execution Logs are stored in a file in the %LocalAppData%\UiPath\Logs folder. The messages are collected by the WorkflowLogging logger and can be forwarded by using NLog targets, as specified by the following parameters in the NLog.config file:

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<nlog xmlns="http://www.nlog-project.org/schemas/NLog.xsd" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
  <variable name="WorkflowLoggingDirectory" value="${specialfolder:folder=LocalApplicationData}/UiPath/Logs" />
  <rules>
    <logger name="WorkflowLogging" writeTo="WorkflowLogFiles" final="true" />
  </rules>
  <targets>
    <target type="File" name="WorkflowLogFiles" fileName="${WorkflowLoggingDirectory}/${shortdate}_Execution.log" layout="${time} ${level} ${message}" keepFileOpen="true" openFileCacheTimeout="5" concurrentWrites="true" encoding="utf-8" writeBom="true" />
  </targets>
</nlog>

If the Robot is connected to Orchestrator, all execution logs are sent to Orchestrator and can be seen in the Logs page.
さらに、ログ ターゲットとログ内容は <Installation Folder>\NLog.config ファイルを編集することで構成できます。

📘

注:

NLog.config ファイルを変更するには管理者権限が必要です。変更を反映するために Robot サービスの再起動は必要ありません。

ログの詳細編集

ログ レベルが Verbose に設定されている場合は、メッセージには実行時に行われたアクティビティに関するすべての詳細が含まれます。このログ出力は、C:\Program Files\UiPath\Studio フォルダーにある UiPath.Executor.exe.config ファイルを編集することでカスタマイズできます。それには、XML コードを <system.serviceModel> タグの下に追加する必要があります。例:

<tracking>
    <profiles>
        <trackingProfile name="StandardProfile">
         <workflow>
          <activityStateQueries>  
            <activityStateQuery activityName="*">
                <states>  
                    <state name="Faulted"/>  
                </states>
                <arguments>  
                    <argument name="*"/>  
                </arguments> 
                 <variables>  
                    <variable name="*"/>  
                </variables>             
            </activityStateQuery>
          </activityStateQueries>    
         </workflow>
        </trackingProfile>       
    </profiles>
</tracking>

<states> タグに <state name="Faulted"/> のみが含まれているため、上記のコードを挿入すると、エラー ステートのアクティビティのみがログに記録されます。<states> タグに他のパラメーター (<state name="Executing"/> など) を追加すると、他のステートのアクティビティもログに記録されます。

アクティビティのステートだけでなく、変数や引数なども変更できます。カスタマイズについての詳細情報はこちらをご覧ください。

📘

注:

UiPath.Executor.exe.config ファイルを変更する場合、変更を反映するため Robot サービスの再起動が必要です。

12 日前に更新


ロボット ログ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。